男の編み物体験記~NKニットナイトに潜入!

  • photos : Yasuyuki Emori

Share:

神宮前の服飾材料店NKで、伝統的なハンドニットを体験する。

本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。

2ページ目

本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。
本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。
本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。

3ぺじめ

本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。
本誌で「salon de SHIMAJI ~バーカウンターは勉強机である~」を連載中の作家・島地勝彦さん。これまでワインやラム、日本酒、ウオツカなど、さまざまなお酒を探求してきた島地さんですが、最後に辿りついた“アガリの酒”はシングルモルトだといいます。そんな島地さんと連載を続けるうちに、私たちPenはsalon de SHIMAJIのオリジナル・シングルモルトをつくってみたいと思うようになりました。今年5月にファーストリリースとして発売されたイチローズ・モルト 26年は、あっという間に予約完売。そして今回、オリジナル・シングルモルト企画の第2弾が実現したのです。今回、ボトリングしたのは、グレンファークラス、ベンリアック、グレンドロナックの3本。しかし、やはり特別な一本は、木箱入りで、島地さんの書き下ろし小冊子が付いたグレンファークラス。このボトルの魅力を、ここで紹介しましょう。