秋冬ファッションの最新キーワード

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

メンズ・コレクションを読み解けば、2013-14年のトレンドが見えてくる。

旬のデザインはハイネックとドロップショルダー

これまでシャツのボタン開けなどでルーズな胸元にしていた人も、首元が詰まった服を着るだけで今年風のスタイリングが完成。キーアイテムは、タートルネックやハイネックのセーターです。ディオール オム(上写真左)のようにソリッドでミニマルなスタイリングなら、よりいまの気分。そして、新しくワードローブに加えたいアイテムは、ドロップショルダーのボリューミーなトップ。着こなしのコツは、ドリス ヴァン ノッテン(上写真中)のように、ボトムをスリムにして全身のシルエットにメリハリをつけること。さらに、ダブル前合わせのテーラードも、各ブランドがこぞって提案する重要なアイテム。ジル サンダー(上写真右)では、控えめでノーブルなジャケットが登場しています。ビジネススーツでダブルは難しいとお考えの方は、上に着るコートなどのアウターでチャレンジしてはいかがでしょうか。
取り入れたい色柄は黒、幾何学模様、英国調。

ファッションの流れがモード系にシフトしてきた今季はまず、秋冬の定番色である黒を積極的に活用しましょう。おすすめアイテムは、バーバリー・プローサム(上写真左)を筆頭に、数多くのブランドが提唱する黒のスリムなパンツ。細畝のコーデュロイ素材を選べば、より旬のスタイリングを楽しめます。柄で新鮮なのは幾何学模様で、ニールバレット(上写真中)は、人気再燃のスウェットシャツをベースにしたアイテムを発表。モードブランドに限らず広義でのメンズトレンドとしては、今年も英国調が外せません。タータン、千鳥格子、グレンチェック、プリンスオブウェールズなど百花繚乱の様相を呈しています。グッチ(上写真右)のスーツは、英国調をベースにしながら無国籍なモードに仕上げた美しいスタイルです。
素材はハイテク、レザー、コーデュロイが流行中。

伝統素材が主流の中で、ウェットスーツ(ダイビングスーツ)に用いられるゴムのような素材の「ネオプレン」を活用するブランドが急増中。エンポリオ アルマーニ(上写真左)がその代表格で、アウターもパンツもネオプレンというこだわりよう。ほかに、高級レザーのバリエーションが豊富なのも今季の特徴で、ハラコ、ファー、型押し、ボンディングなどの凝った素材や加工がポイントです。特に注目のアイテムはパンツで、ボッテガ・ヴェネタ(上写真中)はセンタークリースつきでスラックス感覚の一本を発表。デイリーに着やすいカジュアル素材の中では、コーデュロイが旬の輝きを放っており、シャツやパンツの専業ブランドもこぞってプッシュしています。トラサルディ(上写真右)の個性的な太畝のスーツは、ダブルの前合わせやハイゴージの襟にデザインの技あり。

次世代デザイナーの注目ブランド

老舗ブランドがリニューアルして大ブレイク――カルヴェン(CARVEN)

マダム・カルヴェンが1945年に創業したクチュールブランドが、2009年にギョーム・アンリをアーティスティック・ディレクターに迎え入れて、新生モードブランドにリニューアル。メンズも「かわいい」と称される若くポップなデザインで、現代のエッセンスがアイデアたっぷりに表現されています。フランスのデザイナーズにしてはプライスに値ごろ感があるのも、いまどきのブランドらしいスタンス。東京・表参道に直営店もできた今年の秋冬シーズンは、少し大人にシフトして「男性の仕事服」にフォーカスしています。ビジネスウェアとマウンテンウェアを一緒に着るスタイリングを提案して、アイテムでは英国的なストライプ生地と、ハイテクのネオプレン素材をミックスするなど、コントラストをデザイン。短いパンツ丈は、ギョーム・アンリの定番的スタイルです。
フランス発、現代のリアルワードローブ――アミ アレクサンドル・マテュッシ(AMI Alexsandre Mattiussi)

2011年に自身のブランドを立ち上げたアレクサンドル・マテュッシは、ストリートファッションにも馴染みが深い1980年生まれ。奇をてらわない彼のデザインは、トラッドなアメリカのデザイナーに近い、ベーシックな男のワードローブを体現。とはいえ、フレンチシックな色彩、絶妙なルーズシルエット、高級な素材使いはモードでもあり、ユニークなプリント図案にも「ジバンシィ」らのメンズラインでキャリアを積んだ彼ならではの経験が生きています。多数の男性モデルを一カ所に集めてパーティや地下鉄の風景を演出するプレゼンテーションの評価も高く、新人デザイナーを支援する2013年度「ANDAM賞」を受賞、250,000ユーロもの賞金を獲得したことも話題になっています。
男女の垣根をなくす、新星デザイナーの挑戦――J.W.アンダーソン(J.W.ANDERSON)

ロンドンで発表されたショールック(上写真)は、ウィメンズコレクションに登場した男性モデルではありません。強烈なメンズスタイルを提示したのは、いまやモード界でスターの階段を駆け上がるジョナサン・ウィリアム・アンダーソン。1984年生まれで北アイルランド出身のイケメンデザイナーです。アンダーソンは、「メンズを着る女性は多いのだから、男がウィメンズを着たっていい」という発想の持ち主。部屋に置いてある彼女の服を男が着て外出するようなアイデアは、前衛精神に乏しい現在のメンズモードを揺り動かすインパクトがあります。華美なドラッグ・クイーンではなく、男女の垣根を無意味にする「クロスジェンダー」に基づくコンセプトで、ジョナサンのウィメンズでも似た服が登場。ためしにショールックの顔だけを女性に置き換えてみれば、マッチョだけど普通に街を歩くクールな女性の姿に見えてきませんか? 「トップショップ」とのコラボや「ヴェルサス ヴェルサーチ」のデザイナー就任も評判のデザイナーの動向に世界中が熱い目線を注いでいます。

2013-14年 秋冬 メンズ・コレクション、ブランド別の詳細はこちらで紹介しています。

2014年 春夏 メンズ・コレクション、ブランド別の詳細はこちらで紹介しています。

秋冬ファッションの最新キーワード

  • 文:高橋一史

Share:

  • Line

Hot Keywords