PROMOTION

AUDEMARS PIGUET

極限に挑むスイス時計、
オーデマ ピゲ

スーツ¥577,800、シャツ¥69,120、タイ¥30,240、チーフ¥15,120/
すべてブリオーニ(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

photographs by Jun Udagawa, text by Keiji Kasaki, styling by Toshifumi Ishizeki,
hair & make-up by MIKAMI YASUHIRO(Pittura)
MUSEUM

2018年に誕生する、革新的なミュージアム。

新ミュージアムの外観。建物全体がスパイラル(らせん状)になっており、曲面ガラスで覆われています。

オーデマ ピゲは、いまなお創業者一族(オーデマ家、ピゲ家)が経営する最も歴史ある高級時計ブランドですが、その足跡と技術の粋を結集した遺産=マスターピースなどを収蔵する新ミュージアム「創業者の家」(Maison desFondateurs)の建設が始まりました。

ミュージアムの内部。ガラス張りで開放的な室内から、ル・ブラッシュの緑豊かな自然も見られるように設計されています。

3年前に設計コンペを実施。そこで選出されたデンマークの建築家、ビャルケ・インゲルスによる構想は、古くからオーデマ家が居宅にしてきた建物内につくられた従来のミュージアムに、全面ガラス張りの空間を未来的なスパイラルで連結。オーデマ ピゲの輝かしい業績と伝統を革新的なスタイルで表現しました。この複雑時計にも匹敵する難度の高いプロジェクトが2017年3月30日に着工。2019年には展示、内装なども完成してオープンする予定です。

使用される大型の曲面ガラスは一枚だけで2tを超える重量だそう。雪に覆われる冬が到来する前に搬入・設置される予定。

建設地はスイス・ジュウ渓谷の中心に位置するル・ブラッシュ。1875年に創業したオーデマ ピゲの故郷であり、マニュファクチュールとしての数々の偉業を慈しみ、見守ってきた場所です。起工式では代表的なコレクション「ロイヤル オーク」を構成する333個の部品などを防水ケースに密封。オーデマ ピゲでは建物を建てる際に基礎部分に時計を埋めるという伝統にのっとりこれを鍬入れして埋めるというセレモニーも実施されました。はるかなる未来の時計師たちに向けた、現代からの貴重なメッセージなのです。

未来の時計師たちに宛てたメッセージ。ロイヤル オークを構成する333個の部品や工具類とともに防水ケースに密封。建物の基礎部分の下に埋められました。

ROYAL OAK TOURBILLON EXTRA-THIN

ロイヤル オーク・エクストラ シン

「ロイヤル オーク」は高級ラグジュアリー・スポーツウォッチの先駆け。2012年に誕生40周年を記念した復刻モデルが発表されました。ケース径はオリジナルと同じ39㎜、厚さも8.1㎜とコンパクトでスリム。「エクストラ シン」はこれを継承したモデル。スーツの袖口にも美しくフィットする、スタイリッシュなフォルムが魅力です。

1972年誕生の初代モデルはステンレススチール製でしたが、太陽の輝きをイメージさせるイエローゴールドをケースとブレスレットに採用。イエローゴールド特有の淡いブルー=海の紺色を明るく照らす。自動巻き、50m防水。¥5,940,000

ダイヤルもイエローゴールドに統一したロイヤルオーク最初のYGと同じ仕様のモデル。小さな格子模様が連続する「プチ・タペストリー」が上質な輝きを実現。ソフトに傾斜させたベゼルのエッジも魅力的です。自動巻き、50m防水。¥5,940,00

ROYAL OAK CHRONOGRAPH #1

ロイヤル オーク・クロノグラフ

八角形の個性的なベゼルを備えた「ロイヤル オーク」に最初のクロノグラフが追加されたのは1997年。今年で20周年を迎えた記念として発表された新作。3時と9時位置の積算計を大きくする一方で、6時位置のスモールセコンドを小さくしています。計測時間が読み取りやすいだけでなく、より個性的でアクティブな表情になりました。

正方形の格子模様で構成された「グランド・タペストリー」のブルーダイヤルに、同色のアリゲーター・ストラップ(ハンドステッチ入り)を組み合わせたモデル。18Kピンクゴールドのケースとよく似合います。自動巻き、ケース径41㎜、ケース厚11㎜、50m防水。¥4,104,400

ダイヤルはブルーですが、ケースもブレスレットも18Kピンクゴールド。他のモデルも同じですが、正面はすべて金属の質感を強調したサテン仕上げ。サイド部分は艶ありのポリッシュにして、それによる洗練された立体感も優れた魅力です。自動巻き、ケース径41㎜、50m防水。¥6,102,000

ショコラブラウンのダイヤルに、同色のアリゲーター・ストラップ(ハンドステッチ入り)の組み合わせ。ケースの18Kピンクゴールドと同系色なので、しっくりと腕に馴染むカラーリングです。自動巻き、パワーリザーブ40時間(他のモデルも同じ)、ケース径41㎜、50m防水。¥4,104,000

18Kピンクゴールドのケースとブレスレットに、ショコラブラウンのダイヤルカラー。相性抜群のスタイリッシュなコンビネーションであり、落ち着いた印象を与えます。針とアプライド(植え込み)のバーインデックスもピンクゴールド製。自動巻き、ケース径41㎜、50m防水。¥6,102,000

ROYAL OAK CHRONOGRAPH #2

ロイヤル オーク・クロノグラフ

1972年に誕生した初代「ロイヤル オーク」を継承するステンレススチールの新作クロノグラフ。ケースと一体化したブレスレットがラグジュアリー感を醸します。コンビダイヤルも個性的でアクティブ。3モデルともに自動巻き「キャリバー2385」を搭載、パワーリザーブ40時間、ケース径41㎜、ケース厚11㎜。50m防水。

視認性を高めた精悍なフェイス、
ロイヤル オーク・クロノグラフ

ジャケット¥658,800、シャツ¥84,240、チーフ¥19,440/すべてブリオーニ(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

初代「ロイヤル オーク」のダイヤルはブルー・ブラック。このカラーリングを「グランド・タペストリー」模様のフェイスに継承しながらも、ロジウムカラーのメタリックなサブダイヤルをコンビネーション。サテン仕上げのステンレススチールが、シャープでメカニカルなイメージ。¥2,592,000

シルバーのダイヤルベースに、コントラストが際立つブラックのサブダイヤルをコンビネーション。クロノグラフのスポーティな機能性を強調したモデルだ。正面とサイドの仕上げ(磨き)を変えることで、ケースとブレスレット全体に立体感と高級感をもたらしています。¥2,592,000

ブラックのダイヤルベースにシルバーのサブダイヤルをコンビネーションした、クールなイメージのモデル。3時位置に30分積算計、9時位置は12時間積算計。ブレスレットのリンク(コマ)がしだいに細くなるよう組まれ、滑らかで心地よい装着感だけでなく、腕元を美しく魅せます。¥2,592,000

ROYAL OAK OFFSHORE CHRONOGRAPH

ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ

「ロイヤル オーク オフショア」は、よりスポーティでタフなシリーズとして1993年に誕生。初代のケース径は42 ㎜で当時は「ビースト」と呼ばれた破格のラージサイズ。後の時計づくりに大きな影響を与えました。防水深度も100mにアップした人気モデルに、セラミックベゼルなどを備えた新作が登場。ケース径は44㎜、自動巻き。

スチールより軽量で強度の高いチタンをケースに、ベゼルと大型プッシュボタン、ネジ込み式リューズは硬度の高いセラミック製。さらにラバーストラップも組み合わせた本格派のスポーツモデル。セラミックのベゼルはキズが付きにくいというだけでなく、独特の艶と質感も魅力。¥3,294,000

ケースを18Kピンクゴールドにしたバージョン。その渋い輝きに、セラミックの漆黒がマッチします。ブラックのラバーストラップが全体を引き締め、タフでありながら洗練されたラグジュアリーなスポーツ感を醸し出しています。ダイヤルのフランジにはタキメーター付き。¥4,914,000

ベゼルや大型プッシュボタンだけでなく、ケースもセラミック製。さらにラバーストラップも含めてオールブラックで統一。ダイヤルは大柄な格子模様の「メガ・タペストリー」。これもブラックですが、バーインデックスなどは蓄光処理でホワイトにして、視認性は高くなっています。¥3,456,000

モダンデザインを纏うスタイリッシュな、
ロイヤル オーク オフショア・クロノグラフ

ニット¥110,160、パンツ¥81,000、
サングラス¥95,040/すべてブリオーニ
(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

ROYAL OAK OFFSHORE DIVER

ロイヤル オーク オフショア・ダイバー

300mの防水性能を備えたダイバーズモデル。潜水時間の測定に不可欠な逆回転防止付きベゼルをダイヤル外周に配置することで、八角形ベゼルの基本スタイルを堅持。自動巻きでケース径は42㎜。厚さは14.1㎜。昨年はクロノグラフでファンキーなカラーダイヤルが登場しましたが、今年は3針モデルにビビッドな新色が加わりました。

ハイスペックを搭載するタフなモデル、
ロイヤル オーク オフショア・ダイバー

ニット¥122,040、ショートパンツ¥81,000/ともにブリオーニ
(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

大柄な格子模様の「メガ・タペスリー」とラバーストラップなどを明るいイエローにしたモデル。インナーベゼルをネイビーにしていて、目盛りの数字が鮮やかに映えます。精度と耐久性、安定性などで評価の高い自動巻き「キャリバー3120」を搭載。パワーリザーブは60時間。¥2,160,000

ダイヤルとラバーストラップはグリーン。インナーベゼルは10時位置のボタンで回転(逆回転防止機構付き)。三角表示のゼロ位置を分針に合わせれば経過分を読み取れます。浮上時に目安とされる15分までのゾーンも同色にしていて際立ちます。ケースはステンレススチール。¥2,160,000

ROYAL OAK FROSTED GOLD

ロイヤルオーク・フロステッドゴールド

ベゼルやケース、ブレスレットがダイヤモンドダストのように繊細に煌めきます。「フロステッドゴールド」は、伝統的な鍛金技法のフィレンツェ仕上げを時計の表面加工に応用。異なる仕上げの組み合わせで魅せてきたコレクションに、かつてなかった独創的な美観を加えました。

「フロステッドゴールド」は貴金属の新たな美しさを引き出すことに成功しましたが、特に18Kホワイトゴールドの仕上がりが絶妙。パウダースノーが陽光を受けて輝くようにキラキラと眩い光を放ちます。腕もとをドレスアップしてくれる37㎜のケース径も魅力。自動巻き、50m防水。¥6,102,000

「フィレンツェ仕上げ」は、先端にダイヤの付いた道具で貴金属の表面を細かく仕上げる技法。18Kピンクゴールドのモデルも、黄金色が個性的な輝きに変貌。¥5,508,000。右左のモデルはともにケース厚9.8㎜。自動巻き「Cal.3120」を搭載。パワーリザーブ約60時間、50m防水。¥5,508,000

究極のドレス感を秘めた37㎜ケース、
ロイヤル オーク・フロステッドゴールド

タキシード(参考商品)、シャツ¥82,080、
タイ¥30,240、チーフ¥19,440/すべてブリオーニ
(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

MILLENERY MINUTE REPEATER
AP ESCAPEMENT

ミレネリー ミニッツリピーター・オーデマ ピゲ エスケープメント

個性的なオーバルケースに画期的な調速脱進機構「APエスケープメント」を搭載。さらに2つの音色を組み合わせて時間を教えてくれる、ミニッツリピーターも備えた超絶複雑時計。エネルギー伝達効率を飛躍的に高めています。約1週間のロングパワー。手巻き、18Kピンクゴールド、ケース幅47㎜。価格は要問い合わせ。

個性的なオーバルケースに2つの超絶機構を搭載した、
ミレネリー ミニッツリピーター・オーデマ ピゲ エスケープメント

スーツ¥942,840、シャツ¥75,600/
ともにブリオーニ(ブリオーニ ジャパン TEL 03-3234-0022)

ROYAL OAK OFFSHORE TOURBILLON
CHRONOGRAPH OPENWORKED

ロイヤル オーク オフショア トゥールビヨン・クロノグラフ・オープンワーク

100m防水のスポーツモデルに、伝統的な機械式機構では最高峰の技術といわれるトゥールビヨンを搭載。テンプなどの調速脱進機構を1分間に1回転させて重力の影響を平均化する仕組み。さらにクロノグラフも搭載。これらの精緻なメカニズムをオープンにしています。中でもトゥールビヨンは動くアートオブジェともいえるでしょう。

ダイヤル外周にはタキメーター付き。ケースはサテン仕上げが施されたチタン。ベゼルとプッシュボタン、リューズはブラックセラミック。ストラップはブラックラバー。手巻き「Cal.2936」を搭載。パワーリザーブ約72時間、ケース径44㎜、ケース厚14.45㎜。価格は要問い合わせ。

JULES AUDEMARS TOURBILLON
CHRONOGRAPH

ジュール オーデマ トゥールビヨン・クロノグラフ

丸型ケースにトゥールビヨンとクロノグラフを搭載したコンプリケーション。オープンワークによって内部の機構を見られますが、ブリッジなどを強度の限界まで削り込み、面取りした後に手作業で研磨。細部まで丁寧に仕上げられています。その一方で、3時位置の30分積算計を大きくして視認性を高めるなど実用性にも配慮しています。

9時位置はスモールセコンド。サブダイヤルなどはブラウンサテン仕上げ。ケースは18Kピンクゴールド。ブラウンアリゲーターのストラップ(ハンドステッチ入り)。手巻き「Cal.2936」を搭載。パワーリザーブ約72時間、ケース径41㎜、ケース厚13.3㎜。価格は要問い合わせ。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018