夜景と美食に酔いしれる神戸メリケンパークオリエンタルホテルに、こだわりの一品が揃う新ショップがオープン

  • 文:植田沙羅
Share:

「旅を通して出会う新しい発見やよろこびを、毎日の暮らしにも」をコンセプトに、ホテルアメニティやアパレル雑貨、フードなどのオリジナルアイテムを展開するオリエンタルマーケット。これまではECサイトのみでの販売だったが、商品を手に取って質感やこだわりを感じ取ることのできる待望の実店舗が、神戸メリケンパークオリエンタルホテルに誕生した。

5DS03460.jpg
ナチュラルな木の質感を活かしたショップは居心地がよく、レストランに立ち寄った後や、チェックアウトまでの時間に気軽に足を運びたくなる。

“神戸”と聞いてまず思い浮かべるのは、港の景色だろう。鉄塔の美女と称される真っ赤な神戸ポートタワーと、大海原の波や船の帆を表現したダイナミックなデザインの神戸海洋博物館、そして色鮮やかなイルミネーションが幾重にも変化するモザイク大観覧車。それらすべてを一望できるのが、神戸メリケンパークオリエンタルホテルだ。

「阪神淡路大震災で傷ついた街に、いち早く復興の光を」という強い想いのもと、震災からわずか半年後の1995年7月に開業。海に浮かぶ豪華客船のような佇まいは、いまや港町・神戸のシンボルのひとつになっている。そんなホテルに足を踏み入れるとまず現れるのは、開放感たっぷりの吹き抜けロビーだ。落ち着いた照明のなかにパームツリーや噴水があしらわれ、そこはさながら大人のリゾートといった雰囲気。

night_low.jpg
神戸港中突堤に位置し270度を海に囲まれたこのホテルは、なんと全客室にオープンテラスを設置。美しい神戸の街並みや海の景色など、部屋によってさまざまな眺望を楽しめるので何度も訪れたくなる。

ロビーフロアにあるオリエンタルマーケットは、ホテルの内装とは一線を画す白を基調とした明るいショップで、まずそのコントラストが目を引く。木々の温かみにあふれる広々とした店内には、ホテルアメニティを扱う「オリエンタリスト」、地域共創の取り組みによってうまれたアパレル・雑貨の「オリエンタム」、ホテルならではのグルメを扱う「オリエンタルテーブル」の3ブランドのアイテムが揃う。

いずれも使い心地を追求しながらもサステイナブルなものづくりを心掛けていて、ふっくらとしたやわらかな肌触りのタオルは、成長の早い竹素材を用いる配慮がなされていた。そして神戸メリケンパークオリエンタルホテルをはじめ、系列の複数のオリエンタルホテルにも導入されているアメニティを、自宅でも楽しめるのがうれしいポイント。和漢植物エキスをふんだんに取り入れた、肌と髪に優しいバスアメニティや、吸水・吸湿性の高いワッフル生地のパジャマなど、ホテルクオリティのアイテムを日々の生活にも取り入れられる。

とりわけ注目したいのが、神戸元町生まれのレザーブランド・キイチとつくった「神戸レザー」の革製品だ。これまでそのほとんどが廃棄されていた神戸ビーフの原皮を用い、兵庫県内でなめしたものだけを「神戸レザー」と呼び、キイチではクルマで約1時間の距離にある皮革の名産地、兵庫県たつの市の職人によってなめされたものを製品にしている。その絶妙なシボの表情とユニセックスな色合いは、ぜひともショップに赴いて確かめてみてほしい。開業当初から神戸の復興とともに歩み、地域に根差したホテルで、この土地が育んだサステイナブルなアイテムを手に取れるのはなんとも意義深く、とっておきの旅の土産になるに違いない。

IMG_2268_ok.jpg
優しい香りに癒されるバスアメニティは、天然ヤシ由来の洗浄成分を使用したノンシリコンシャンプーや、ヒアルロン酸やコラーゲンを配合したボディウォッシュなど高い品質を誇る。左から、No.1シャンプー400mL ¥3,960、No.2トリートメント400mL ¥3,960、No.7ボディスクラブ200g ¥3,850、No.4フェイス&ハンドウォッシュ150mL ¥3,850、No.8フェイスミスト30mL ¥1,650、No.3ボディウォッシュ400mL ¥3960、No.5ハンド&ネイルクリーム60g ¥1,320、No.6ヘアーオイル50mL ¥3,520
IMG_2619_ok.jpg
旅行中だけでなく日常づかいにもフィットする神戸レザーのアイテム。フォンポーチやカードホルダーはあえて金具を用いずに使い心地を重視し、ミニマルなデザインが革の美しさをより引き立てる。左から、カードホルダー¥12,100、フォンポーチ¥17,600、コインケース¥6,600、フラグメントケース¥16,500、アクセサリートレイM¥6,600、アクセサリートレイS¥4,400
DSC09796_s.jpg
tea_low_s.jpg
レストランでの味わいを家庭で楽しめるよう、ホテルメイドのハイクオリティなグルメを提供する「オリエンタルテーブル」。下記ECサイトからも購入可能。左:ホテルでの人気レストラン、ステーキハウス「オリエンタル」の神戸ビーフシチューをそのまま缶詰に。190g ¥3,900 右:ギフトにも最適な紅茶は、イングリッシュブレックファーストやアールグレイ、ベルガモットピーチなど。テトラパック各¥583、キャニスター缶入り各¥1,620 www.oriental-hotels-shop.com

---fadeinPager---

非日常へといざなうエグゼクティブラウンジと神戸の夜景

オープンしたばかりのオリエンタルマーケットを楽しんだあと、ディナーまでのひとときを過ごすなら、同じロビーフロアにあるエグゼクティブラウンジをお薦めしたい。これまでスイートルーム、エグゼクティブルームの宿泊者に向けて1日3回のフードプレゼンテーションが行われていたが、新たにナイトキャップの時間帯が設けられ4回にリニューアルされたばかり。

フードメニューも一新され、17時半からのイブニングタイムには、シェフが目の前で切りたてのローストビーフを提供するカーブサービスが加わった。スパークリングワインやウイスキーなどのアルコールはもちろんのこと、日本有数の酒どころとして知られる地元・灘五郷の日本酒も揃う。強い西日がだんだんと海に沈み、夜へと移りゆくさまを眺めながら、非日常のひとときをゆったりと過ごすにはうってつけだ。

エグゼクティブラウンジ.jpg
エグゼクティブフロアの宿泊ゲストがアクセスできるエグゼクティブラウンジ。朝食もここでいただくことができる。朝食には神戸ポークのベーコン、アフタヌーンやイブニングでは神戸ハイカレーなど地元ならではの食事も提供される。どの時間帯に訪れても、違った楽しみ方ができるだろう。

神戸を訪れた者なら、必ずや味わいたいと願うのが神戸ビーフだろう。そんな思いを叶えるなら、神戸ビーフと旬の食材を堪能し尽くせるステーキハウス「オリエンタル」がうってつけだ。ホテル最上階に位置するこのレストランでは、夜の帳に煌めく100万ドルの夜景を舞台背景に、鉄板の上でシェフが鮮やかな腕前を披露してくれる。

素材の持ち味を最大限に引き出した神戸ビーフのステーキは、さすが絶妙な火加減。ひと口味わうごとにじんわりと旨みが広がっていく。そしてもうひとつ外せないのが、スペシャリテの鮑だ。新鮮な海の幸が鉄板で勢いよく踊る姿もさることながら、しっかりと頬張ってほしいというシェフの思いを反映した、ごろっと大振りなカットに思わず笑みがこぼれる。

さらに夜を愉しむなら、同じフロアにある「VIEW BAR」にも訪れたい。その名の通り、パノラマに広がる夜景と酒に酔いしれるこのバーでお薦めなのは、大規模な改修工事を終え装いも新たになった神戸ポートタワーを望むシートだ。神戸の美しさは、海も山もすぐ近くにあること。ここではタワーの奥に広がる六甲山系の夜景も眺めることができる。これから夏に向けては心地よい海風を肌で感じる、ルーフトップテラスのシートで寛ぐのも至福のひとときだろう。

PC1_4585.jpg
淡路島の玉ねぎや有馬山椒などシェフ自ら現地に足を運んで探し出した地元の食材の話や、窯元にまで出かけるほど器にこだわっている話など、鉄板捌きだけでなくトークの腕前も見事なシェフとの会話で、サーブされる料理への理解が深まっていく。
ViewBar2.jpg

瑞々しい旬のフルーツを使ったカクテルが自慢の「VIEW BAR」。旬な素材を使ったカクテルのほか、モクテルのラインアップも豊富なのでアルコールを飲まない人も立ち寄りやすい。

---fadeinPager---

身体と心を優しく包む、潮風香るウッドデッキ付きの客室

神戸を楽しみ尽くした心地よい疲れを癒やすのは、高層階にあるエグゼクティブルーム。ブルーを基調にしたモダンで落ち着いた室内は、潮の満ち引きのような模様があしらわれ、まるで窓の奥に広がる大海原とつながっているかのよう。そしてアルコールの酔いを醒ますには、広々としたウッドデッキのバルコニーが最適だ。デッキチェアに横たわり心ゆくまで潮風を浴びたあとは、オリエンタルマーケットでも販売されるバスアメニティの心地よさを確かめよう。神戸メリケンパークオリエンタルホテルで過ごす一日は、神戸の海と街に抱かれる喜びと癒しにあふれている。

A33W3927_low.jpg
写真はエグゼクティブコーナーツインの客室。約38㎡のゆとりある空間には、ミニバーや55インチのテレビを完備し、ベッドはエアウィーヴを採用。心休まる環境が整っている。
n16_0508_38_balcony.jpg
ウッドデッキのバルコニーは約24㎡の広さを誇り、船の甲板に佇んでいるような気分に。サウスビューでは海、ノースビューでは神戸の街並みの眺望を味わえる。

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
TEL:078-325-8111 全323室
www.kobe-orientalhotel.co.jp