「気品がない」「王室ならアウト!」ナイジェリア訪問時のメーガン妃のファッションに批判続々

  • 文:山川真智子

Share:

 

shutterstock_1206373096.jpg
FiledIMAGE-Shutterstock

ヘンリー王子とメーガン妃が、3日間のナイジェリア訪問を終えた。夫妻は現地での様々なイベントに登場。行く先々でメーガン妃は衣装を着替え、ナイジェリア系と判明した自身のルーツも強くアピールした。メディアの注目を浴び、ファッション・アイコンとしての存在感を示したが、評価は様々だった。

もう公務ではない!大胆ドレスで登場

今回は、ナイジェリア国防省の高官からの招きを受けた私的な訪問で、ヘンリー王子が設立した負傷兵らのスポーツイベント、「インヴィクタス・ゲーム」のプロモーションが目的とされていた。現地での夫妻は、以前から情熱を注いでいるスポーツ・リハビリテーション、メンタルヘルス、女性のエンパワーメントというテーマを中心に活動。その際、メーガン妃のファッションに注目が集まった。

メディアが大きく取り上げたのが、メーガン妃が学校訪問の際に着用したベージュがかったピンクのドレスだ。カリフォルニア出身のデザイナー作で、「ウィンザー・ガウン・ブラッシュ」と呼ばれている。2人が縁を切った英王室の姓と同じ名前のドレスを選んだのは、意図的なのか単なる偶然なのかと、ソーシャルメディアでも話題になった。

英ミラー紙は、このドレスは背中が開いているため公式のロイヤルツアーでは見られないものだというファッション専門家のコメントを紹介。イスラム教徒の多いナイジェリアでは、王室関係者なら慎み深い服装にしただろうということだ。

地元に溶け込め! ルーツをアピール 

デイリー・メール紙によれば、メーガン妃は富裕層に多い、上質な素材と控えめで気品のある装い、「クワイエット・ラグジュアリー(静かなる贅沢)」を好むという。ファッション誌インスタイルによれば、ナチュラル志向とも言われているが、今回の旅で多くの色を取り入れたことも注目された。

メーガン妃はDNA検査の結果、自分が43%ナイジェリア人であると公表している。ナイジェリアを「マイカントリー」と呼んでおり、今回は地元ルーツをアピールすることにしたようだ。「もっと色を取り入れ、現地の人々やその素晴らしいファッションに溶け込むことが必要」という連絡メモを受け取り、パネルディスカッションで着るドレスを、直前で変更したりもしている。デイリー・メール紙は、今回の旅行では感傷的なルーツに回帰する衣装と、ハイエンドなルックスをミックスさせたとしている。

浪費か投資か? 高額衣装代に批判も

もっとも、デイリー・メール紙によれば、メーガン妃が3日間で身に着けたジュエリーと服の総額は約12万ポンド(約2360万円)と推定されるという。ここには過去からの使い回し品は含まれていない。

デイリー・メール紙のコメント欄には、「会社の税務上の仕掛けがあるのか?」「金で気品は買えない」「これでファッション・アイコンなの?」「世界で最も危険な国の一つなのに、高いアクセサリーを見せびらかして危機意識がない」など、否定的な意見が集まった。

一方米CBSは、今回の訪問はナイジェリアの人々を喜ばせ、成功だったという見方を示している。高い衣装代も好感度アップに貢献した可能性もある。

公務の場合の衣装代は当時のチャールズ皇太子から出されていたが、現在ヘンリー王子とメーガン妃は経済的に自立している。デイリー・メール紙によれば、誰が支払いをしているのかは不明だが、自分ですべて支払っている、またはデザイナー側からディスカウントを受けていることが考えられるということだ。

---fadeinPager---

批判を受けたメーガン妃の「ウィンザー」ドレス姿。背中が大きく開いている。

---fadeinPager---

 

地元デザイナーによる真っ赤なドレス。

---fadeinPager---

色とアフリカを意識したファッション。

---fadeinPager---

 柄も大胆にアフリカ調。

---fadeinPager---

 

3日間で披露したファッションの数々。