5匹の犬がイスタンブール空港の新入社員に? 旅行者の気持ちをケアする新たな試みとは

  • 文:佐藤まきこ

Share:

飛行機が飛び立つ瞬間は、旅への期待に胸が躍るもの。だが、なかには飛行機に乗ることに不安を感じる人もいるだろう。そんな人々のストレスを軽減するために、イスタンブール空港がセラピー犬によるケアを始めた。

shutterstock_168763262.jpg
写真はイメージ(ShutterStock)

---fadeinPager---

訓練を受けた5匹のセラピー犬が待機

イスタンブール空港は、世界でもっとも混雑するハブ空港のひとつ。そんな同空港に先日、5匹の犬が“新入社員”として加わわった。この5匹の犬が雇用されたのは、不安やストレスを抱えている旅行者のストレスを軽減するためだ。

5匹は認定を受けたセラピー犬で、数カ月にわたる専門的な訓練を受けてきたという。空港職員とともに空港内を歩きまわり、不安を抱えている人がいれば、その人に寄り添ったり、体を触ってもらったりすることで、そのストレスを減らすのだ。

テスト期間中にもかかわらず、すでに好評

5匹が空港にいる時間は、午前10時から午後4時まで。獣医師によると、5匹それぞれの性格によって毎日の労働時間は異なるそう。

この取り組みはまだテスト段階だが、旅行者からはポジティブなフィードバックが多く寄せられ、セラピー犬のまわりにはいつも多くの人が集まるそうだ。そのため、テストを拡大して行う可能性もあるという。

空港を訪れ、飛行機に乗るすべての人が、楽しい旅行中であるとは限らない。それぞれの事情で、寂しい思いを抱えていたり、心が疲れていたりするかもしれない。でもそんなとき、セラピー犬がいれば心がほっこり温かくなるだろう。

イスタンブール空港の試みが成功すれば、将来は世界各地の空港で、同じようにセラピー犬が人々の心をサポートしてくれるようになるかもしれない。

【出典】
https://apnews.com/article/istanbul-airport-therapy-dogs-deployed-anxious-traveler-59d4d9dde58d9e3457c84712798ac0e3

---fadeinPager---

実際の動画

Therapy dogs bring comfort and stress relief to travelers at Istanbul airport