転落死した夫の死因とは? 偏見や先入観を覆すミステリー『落下の解剖学』ほか【今月の映画3選】

  • 文:細谷美香(映画ライター)

Share:

今月のおすすめ映画①『落下の解剖学』
転落死した夫の死因とは?偏見や先入観を覆すミステリー

①【メイン】Anatomie d'une chute 12 (c) LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE.jpg
殺人の容疑者となる妻を演じたのは、『ありがとう、トニ・エルドマン』などで知られるザンドラ・ヒュラー。息子役のミロ・マシャド・グラネールの天才的な芝居も、この映画を支えている。カンヌ国際映画祭でパルムドッグ賞を受賞した犬の名演も見逃せない。

雪に包まれた山荘から、ひとりの男が転落死した。男の妻が容疑者となるが、居合わせていたのは視覚障害のある11歳の息子だけ。事故死か自殺か、それとも他殺なのか。真実の追求は、法廷へと持ち込まれる。

カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝き、アカデミー賞では作品賞をはじめとする5部門にノミネートされた本作。『愛欲のセラピー』などで知られるジュスティーヌ・トリエ監督は、夫婦の関係が崩壊していくさまを描きたいと思ったことが出発点だと語っている。その言葉通り、カメラは真実をめぐる謎解きのゲームではなく、一組の夫婦の愛のゆらぎを途切れることのない緊張感とともに映し出す。

夫によって録音されていた激しい口論の音声が法廷に響き渡る、地獄のような場面がある。ベストセラー作家の妻、息子の面倒を見ながら執筆活動をしている夫。それぞれの言い分や息子が視力を失った事故についても明かされ、夫婦が抱えていた問題が容赦なく露わになっていく。けれども、ふたりだけが共有し、ぶつけ合った愛と憎しみと痛みを他者がロジカルに裁くことなど不可能なのだ。

取材を受けている妻の会話を邪魔するように夫が大音量で流す音楽、息子が奏でるピアノ、生活の音。ドキュメンタリータッチのカメラワークによって、監督は物語のなかに観客を引き込み、傍観者のままではいさせてくれない。自由を求めて自立している妻とサポートに回っているように見える夫。夫婦の関係とパワーバランスを眺めているうちに、自分がいかなる偏見や先入観にとらわれているのかが浮き彫りになる感覚を味わうことになる。息子の勇敢な決断が描かれるエンディングまで、この映画は絶えず観客の心の内側を解剖するようなミステリーでもあるのだ。

②【サブ2】ADC_NO GRAIN_0001 ©LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE.jpg
© LESFILMSPELLEAS_LESFILMSDEPIERRE

『落下の解剖学』

監督/ジュスティーヌ・トリエ 
出演/ザンドラ・ヒュラー、スワン・アルローほか
2023年 フランス映画 2時間32分 TOHOシネマズシャンテほかにて公開中
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

---fadeinPager---

今月のおすすめ映画②『四月になれば彼女は』
気鋭の映像作家の初長編映画は、世界を巡る壮大で繊細な物語

③メインカット(印刷用).jpg
© 2024「四月になれば彼女は」製作委員会

結婚を控えた精神科医、藤代のもとに、かつての恋人から10年前の思い出が綴られた手紙が届く。その頃、婚約者が突然謎めいた言葉とともに失踪し、藤代は彼女の行方を追うが……。川村元気による同名ベストセラー小説を、米津玄師のミュージックビデオなどを演出してきた山田智和が監督し、映画化。ウユニ湖、プラハ、アイスランド、そして東京を舞台に、目には見えない“愛を終わらせない方法”をめぐる、壮大にして繊細な物語を描き出している。

『四月になれば彼女は』

監督/山田智和
出演/佐藤健、長澤まさみほか
2024年 日本映画 3/22よりTOHOシネマズほかにて公開
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

---fadeinPager---

今月のおすすめ映画③『デューン 砂の惑星 PART2』
伝説的SF小説の映画化、続編がついに公開へ!

④rev-1-DUN2-38301r_High_Res_JPEG.jpeg
© 2023 Legendary and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

フランク・ハーバートのSF小説にドゥニ・ヴィルヌーヴが挑み、砂の世界を完璧に映像化した『DUNE デューン 砂の惑星』。待望の続編では、未来が見える青年ポールが、一族を滅ぼした宿敵との戦いを繰り広げていく。ティモシー・シャラメ演じるポールがサンドワーム(砂虫)を乗りこなし、デューンの民フレメンの戦士、チャニとの美しいロマンスも描かれる。全宇宙を巻き込む最終決戦の先に待ち受けるものを、スクリーンで確かめたい。

『デューン 砂の惑星 PART2』

監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演/ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤほか
2024年 アメリカ映画 2時間46分 3/15よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて公開
※公開時期・劇場などが変更される可能性があります。

※この記事はPen 2024年4月号より再編集した記事です。