事件か…? 築200年以上の建物の床下から、多数の骨が出てきた! その正体にネット騒然

  • 文:佐藤まきこ

Share:

shutterstock_657160381_re.jpg
写真はイメージ(ShutterStock)

「こんなもの、見たことがない……」。イギリスでバスルームの修理を行っていた配管工は、思わずこうつぶやいた。それは、バスルームの床下から20個以上の骨が出てきたからだ。

出るわ出るわ、20個以上の骨

配管工として働くイギリスのジョナサン・ベッツ(36歳)は、とある別荘での仕事を依頼された。バスルームの改修工事を行うため便器と床材をとりはずすと、床下がひどく腐っていることに気づいた。そこで、休暇中で不在だった家主に連絡し、土まで掘り起こす必要があると告げ、床下の土を掘り起こすことに。すると、次から次へと“骨”が出てきたのだ。その数、なんと20個以上。「歯がある顎の骨を見つけたときは、(ストレスで)くらくらした」と振り返る。

---fadeinPager---

事件か? それとも…

これは人間の骨なのか? それとも別の何かの骨なのか? ジョナサンは自身のTikTokに骨を掘り起こした際の動画を投稿し、「誰か、人間の骨なのか動物の骨なのか教えてくれ!」と呼びかけた。この投稿は大きな話題となり、140万回以上再生されることとなった。

結局彼はインターネットで検索したり、同業者に聞いたりして、人間ではなく豚の骨だということを突き止めた。実はこの家は築200年以上の古い建物。家主の話によると家の向かいには以前、屠殺場が併設された養豚場があったそうで、かつて人々は悪霊を追い払うために動物の骨を埋めていたのだという。つまり、なんらかの理由で死んでしまった豚を悪霊を追い払う目的で埋めていた可能性があるようだ。

この結果に、TikTokでは「警察に電話すれば、警察が代わりに掘ってくれたのにね」「警察に連絡しないと!」なんてコメントが寄せられたほか、「我が家でも似たことがあった。うちはヴィクトリア朝時代に死体安置所だったことがわかった」なんてコメントも……。

ジョナサンはこの仕事を始めて20年以上経つが、こんな経験は初めてだという。ちなみに豚のものだとわかったこの骨は、再びこの土に戻したそうだ。

https://nypost.com/2024/01/21/lifestyle/plumber-shocked-to-find-20-bones-while-digging-under-bathroom/
https://www.tiktok.com/@beansfromacan/video/7321029783377300769

---fadeinPager---

@beansfromacan Can anyone tell me if this is human or animal? 🤷‍♂️ #tradesman #plumber #bathroom #underground #grave #devon #deftones ♬ original sound - Jonathan David Betts

---fadeinPager---

@beansfromacan Part 2 of the bathroom finds #bones #underground #plumber #relics #history #fyp #tradesman #devon ♬ Stargazing (Slowed + Reverb) - Marcelo De Carvalho

---fadeinPager---

@beansfromacan Found bones update 🎊🥳 #underground #grave #plumber #tradesman #fyp #bones #worklife ♬ original sound - Jonathan David Betts