4年連続でミシュランの星を獲得したラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」が、完全会員制の「夜蔦」をスタート!

  • 文:石川博也

Share:

トップ画像②(限定ラーメン3種).jpg

夜蔦では限定ラーメンの数々が食べられる。

2016年にミシュランガイド東京においてラーメン店では世界初となる一つ星に輝く偉業を達成。以来、不動の人気を誇る「Japanese Soba Noodles 蔦」が、2月10日から夜限定で完全会員制の新業態「夜蔦」をスタート!

---fadeinPager---

image03.jpg

ランチタイムは事前の予約が望ましい。

「Japanese Soba Noodles 蔦」は、2012年1月に大西祐貴氏が、今や世界の公用語となった"UMAMI”の出汁文化を世界の人たちにも味わってほしいという想いからオープンしたラーメン店だ。

今回始まる「夜蔦」では、ランチタイムとは別のメニューを会員限定で楽しむことができる。その内容は創業者であり、2022年に逝去した大西氏が残した幻の「百のレシピ」から選ばれた12種類のラーメンが、月替わりで登場するというもの。さらにこのレシピをベースに季節や仕込み具合に応じてアレンジを加えた新たなメニューの提供も行われる。

---fadeinPager---

フォアグラつけSoba.jpg

フォアグラ味噌つけSoba

2月は第一弾として「フォアグラ味噌つけSoba」が登場! これは赤ワイン、鶏、牛などから旨みを抽出した濃厚な味噌のつけ汁に、フォアグラロッシーニ、洋梨のコンポートを添えた極上の一杯。麺は全粒粉を合わせた自家製麺となる。

もしかしたら、この「フォアグラ味噌つけSoba」の名前に聞き覚えのある人もいるかもしれない。実は過去に「味噌の陣」シリーズとして期間限定で提供された人気メニューのひとつで、今回「夜蔦」で待望の復活が実現した。

---fadeinPager---

SimpleSoba+topping.jpg

Simple Sobaとトッピング

会員費は月額3300円。会員になると17時30分、19時30分、21時30分のいずれかのスタートで、90分の滞在が可能となる。メニューはSimple Sobaコースと『百のレシピ』限定Sobaコースが用意され、アルコール、ノンアルコールドリンクとともに楽しむことができる。ボトルキープも可能だ。

会員権は上限が540名に設定され、達したあとは欠員が出た場合のみ不定期で募集が行われる。退会はいつでもできるので、気軽な気持ちで会員になれる点も嬉しい。

---fadeinPager---

image02.jpg
広々とした店内は、カウンター席でもテーブル席でも居心地が良い。

では、どうすれば会員になれるのか? 実は現在キャンプファイヤーにてリターンとして会員権を得られる支援を募集中だ。会員権以外にも法人イベントでの出張シェフサービス利用権利や通常フルコース×365日分など気になるリターンが盛りだくさん。

テーブル席に座って仲間とわいわい味わったり、カウンター席でじっくり味と向き合ったり。「夜蔦」でぜひラーメンの新たな楽しみ方を見つけてみたい。

Japanese Soba Noodles 蔦


東京都渋谷区西原3-2-4 B1F
TEL:03-6416-8620
営業時間:11時~15時(土日祝〜16時)
※2月10日から「夜蔦」がスタート。 
定休日:火曜