EVを走りながらワイヤレス充電、アメリカの公道として初導入

  • 文:青葉やまと

Share:

米ミシガン州・デトロイト市で、走行中に電気自動車(EV)をワイヤレス充電できる新技術が試験導入された。アメリカの公道としては初のワイヤレス充電道路となり、走行中、アイドリング中、駐車中を問わず、地中に埋め込んだ設備からバッテリーを遠隔充電できる。イスラエルのエレクトロン社が開発し、数年内に一般への供用を目指す。

EVの普及が進む現在、ガソリンを給油しないバッテリー式EV(BEV)を中心に、航続距離に不安が残るケースがある。長年自動車産業の集積地であったデトロイト市としては、試験事業の導入でEVへの不安を払拭し、ワイヤレス充電道路で全米をリードしたい考えだ。

安全かつ効率的なエネルギー供給を実現

この道路はレシーバーを備えた対応車両に対し、ワイヤレスで充電を行う。路面下に埋め込まれた銅コイルが対応のEV車両に取り付けられたレシーバーに作用し、電磁誘導方式で給電を行う。スマートフォンをワイヤレス充電台に乗せておくとバッテリーに充電できるのと基本的な原理は同じだ。

もっともデトロイト市は、停車中だけでなく走行中にも充電できる「革新的なシステム」だと説明している。米ABCニュースによると、充電装置はレシーバーを装備した車両が上を通過した場合にのみ作動するため、歩行者や動物、そして自動車などに対しては無害だという。

1600mのテスト区間を建設予定

本技術はその将来性を見極めるため、今後さまざまな場所でプロジェクトが展開する計画だ。今回はデトロイト市の歴史地区であるコークタウン地区に、4分の1マイル(約400m)が完成した。

この道路は、60以上のハイテクおよびモビリティ関連のベンチャーが入居するミシガン・セントラル・ビルのラボに面しており、技術の実証試験と開発に活用される。市は今後、1マイル(約1600m)にまで拡張する計画だ。

現時点では設置場所が限定的となっているが、将来的により長い区間に導入されれば、とくにバスで有益との見方がある。米CNBCは、公共交通機関や同じルートを繰り返し運行する貨物車両に最適との見方を取り上げている。また、とくにバスとの相性がよく、停留所でワイヤレス充電を利用することで、一日を通じて走行に必要な電力を維持できる見込みだという。

来年から大規模テストを開始

コークタウン地区の残りの区間については年末まで工事が続けられ、2024年初頭には誘導充電技術の大規模なテストが開始される予定だ。このプロジェクトでは、フォード・モーターが提供するEVトランジット・シャトルに、誘導コイルから電荷を収集するエレクトレオン社のレシーバーを搭載する。公共交通機関で長期的に利用できるかを見極めるため、可能性と効率が評価される。

CNBCによると、これらのプロジェクトはまた、固定式の充電ステーションの不足を補う役割が期待されるという。電気自動車(EV)の普及が進む一方、充電インフラの拡充が急務となっている。一般車両のEVを含めて走行中に充電できるようになれば、固定ステーションの必要性が減る算段だ。

デトロイトのマイク・デューガン市長は完成式典で、「1世紀以上にわたって、デトロイトは交通イノベーションのリーダーとして世界に知られてきました」と振り返った。デューガン氏は「ミシガン州は自動車産業発祥の地であり、コンクリート道路の最初の1マイルが設けられた地であり、最初の三灯式交通信号の誕生の地でもあります」と続け、「全米初のワイヤレス充電公道」が市の実績に加わったことを歓迎した。

まだまだ敷設区間が限定的ではあるが、将来的に普及が進めば、航続距離をさほど意識せずEVに乗れる未来もありそうだ。

---fadeinPager---

---fadeinPager---

 

new-technology-install-3.jpg