短丈はフード付きで、愛らしい印象に。ダッフルコート3選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大

Share:

冬の定番ダッフルコートも、丈が短めだと着脱もしやすくて便利。フード付きであれば、アクティブ感も出て愛らしい印象に。

1. NEEDLES 

01_IMG_7704_2.jpg
¥108,900/ニードルズ(ネペンテス TEL:03-3400-7227)

膝上丈のコートは着席時も腰まわりがもたつかず、気軽に着脱できる。そんな短めの着丈にアレンジしつつも、大きなフードや木製トグルなど、ベースとなっているのは王道のダッフルコートだ。グラデーションストライプのヘリンボーンが目を引く。

---fadeinPager---

2. PAPAS

02_IMG_7691_3.jpg
¥154,000/パパス(パパス TEL:03-5469-7860)

特殊加工に頼らずウールの織りだけで防風性と保温性をキープ。生地をよく見ると綾目が立っていて品格を感じる。前作から着丈をマイナス10㎝、フラップポケットからパッチポケットへ、トグルを水牛角製から木製へと、細部の改良を重ねることで軽量化を実現。

---fadeinPager---

3. TAPWATER

03_IMG_7691_2.jpg
¥61,600/タップウォーター(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ TEL:03-5775-4755)

クリエイティブ・ディレクター南貴之とニートのデザイナー西野大士によるタップウォーター。古着の英国製ダッフルコートをもとに、大きな肩まわりや着丈を中心にバランスを整えた。淡い黄色のカラーリングが新鮮。

※この記事はPen 2023年12月号より再編集した記事です。