今年ローンチのアクティブウエア3選、ファッション×機能の未来がここに!

  • 写真・文:一史

Share:

野外アクティビティをルーツに持つ高機能な服の進化が止まらない。実用性もファッション性も兼ね備えた新時代モデルが次々に登場している。ここでは2023年秋冬にローンチした3つの新ラインを紹介しよう。ハイテク技術を注ぎ込んだハンティング・ワールド クラフテッド バイ デサント.ラボ、未来の服づくりを示すゴールドウイン×スパイバー、旬の感性をまとったマーモット キャピタル。ラグジュアリーからストリートまで、目指す方向性が異なる三者三様のブランディングがパワフルだ。つい毎日着てしまう愛用の一着が見つかるはず!

スポーツシックを極めた、ハンティング・ワールド クラフテッド バイ デサント.ラボ

DSC02825.jpg
デビューコレクションより。右から、高密度ニットのCPOシャツ。 ¥49,500(税込)、複数のニットを組み合わせたダウンベスト。¥74,800(税込)、水沢ダウンと同じ工場で製造された防水ダウンジャケット。¥209,000(税込)。

世界を旅する冒険者の魂を持つアメリカのハンティング・ワールドと、日本のデサントが協業した新コレクション。「水沢ダウン」などデサントの高機能モデルを知る人をワクワクさせる魅惑のアイテム群だ。森林やジャングルとリンクする野性的なハンティング・ワールドが、現代の都会着にモダナイズされた。デサントが誇るハイテク技術が惜しみなく注がれつつ、素材感や色味にかつてない大人の品格がある。無駄のない機能美の落とし込みもデサントならでは。野外へのドライブシーンも似合う、新定番ワードローブの誕生である。

---fadeinPager---

DSC02844.jpg
ダウンジャケットは合成レザー、シンセティックスウェードの優雅な佇まいが際立つ服。3レイヤー防水素材、縫い目の防水処理、1,000フィルパワーの羽毛といった水沢ダウンと同等のスペックにも抜かりなし。※製品ではファスナー周りの仕様が一部変更予定。
DSC02849.jpg
左腕につけられたクールなエンボスのブランドロゴ。エンボス表現はデサントの得意技だ。

---fadeinPager---

DSC02861.jpg
ダウンベストもジャケットと同様の1,000フィルパワーの羽毛入り。脇と背中がリブニットで動きやすさも抜群。

---fadeinPager---

DSC02892.jpg
左右ともに3レイヤーのシンセティックスウェードを用いたオールウェザー仕様のハードシェルジャケット。縫い目はシーム加工され、その箇所に不自然な固さがない。ハードシェルでも優しい着心地の服だ。左右ともに、¥110,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02868.jpg
ハードシェルジャケットの背中。本革と見間違う色気もこの服のキモ。SDGs観点から動物の革を着ることに抵抗がある人も、堂々と着られる一着である。

---fadeinPager---

化繊を減らすSDGsな未来を目指す、ゴールドウイン×スパイバー

DSC02997.jpg
今季のスパイバー企画に参加したゴールドウイン社の4ブランド。左から時計回りに、ゴールドウイン、ナナミカ、ウールリッチ、ザ・ノース・フェイス。

「スパイバー」とは、植物の糖由来の合成繊維素材を開発したベンチャー企業のこと。その素材の名は「ブリュード・プロテイン™」。構造タンパク質のためアミノ酸の分子配列を変えて頑丈にしたり、ベビーカシミヤ以下の細さにもできる。石油由来のポリエステルなどの代替が期待される未来型素材である。2015年からスパイバーと製品づくりに取り組んできたゴールドウイン社が今年9月、東京「丸の内ビルディング」に同素材に特化したポップアップショップ「REGENERATIVE CIRCLE」をオープン。工場による生産体制が整い、同社の4ブランドでの使用に広げたことを記念した店だ。生地におけるブリュード・プロテイン™の比率は最大60%で、10%のみの製品もある。既存の素材と混ぜることで実用性を確保した社会意識の高いスポーツアパレルに注目したい。

---fadeinPager---

DSC02948.jpg
ザ・ノース・フェイスのフリース系ジャケット。布帛部分の素材比率は、ブリュード・プロテイン™60%、ウール18%、ナイロン6%。起毛部分はウールがベースで、18%がブリュード・プロテイン™。¥110,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02936.jpg
ナナミカのバルマカーンコート。ザ・ノース・フェイスの布帛部分と同じ比率の生地を採用している。パリッとした生地の風合いと、赤みがかった独特なベージュ色が大きな魅力だ。¥198,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02977.jpg
ゴールドウインのアウトドアパンツと長袖Tシャツ。パンツの生地は前述アイテムと同様。Tシャツはコットン90%+ブリュード・プロテイン™10%。パンツ ¥99,000(税込)、Tシャツ ¥41,800(税込)。

---fadeinPager---

DSC02970.jpg
ウールリッチのダウンパーカ。1970年代に誕生した名作「アークティックパーカ」の素材をブリュード・プロテイン™で置き換えた「フューチャーアークティックパーカ」。生地比率は前述アイテムと同様。¥198,000(税込)。

---fadeinPager---

RGC_Photo_3.jpg
ブリュード・プロテイン™に特化したポップアップショップ、REGENERATIVE CIRCLE。2024年1月下旬まで営業予定。東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 1F。photo©GOLDWIN

---fadeinPager---

街の空気とリンクする、マーモット キャピタル

DSC03380.jpg
3点ともにフリース素材のマーモット キャピタル。耳あてつき帽子 ¥7,700(税込)、静電気防止メッシュを裏地に使ったベスト ¥19,800(税込)、「ポーラーテック200」フリースのルーズパンツ ¥20,900(税込)。

アメリカ発祥アウトドアブランドのマーモットから派生したファッションラインが今季デビュー。ブランド名は大文字表記のMARMOTで、読み方はマーモット キャピタル。ゴアテックスらの本格的な高機能素材を使いつつ、ルックスはストリート&モードだ。1990〜2000年代のレトロな古着テイストが旬の感性。ありそうでなかった新発想ブランドである。
ロンドンでアートと写真を学んだ菊乃のディレクションにより、女性目線での着るリアリティのあるデザインになった。男女のどちらが身につけても中性的になるバランスが秀逸。若い感性を取り入れたい大人にも最適なコレクションに仕上がっている。

DSC03384.jpg
ゴアテックス ウィンドストッパー生地のボレロ風アウター。左前合わせでサイズも小さめなウィメンズだが、裾出しシャツとのレイヤードで着たり男性にもお薦めのトレンドアイテム。¥39,600(税込)。

---fadeinPager---

DSC03396.jpg
ゴアテックス ウィンドストッパー生地のカーゴ系パンツ。裾を絞るとバルーンシルエットになるダボダボ感がストリートの感性。¥29,700(税込)。

---fadeinPager--- 

DSC03401.jpg
マーモットを代表する「マンモスジャケット」の着丈を短くし、トレンドに対応させたダウンジャケット。首元を覆うフードは取外し可能。¥64,900(税込)。

---fadeinPager---

DSC03446.jpg
画家の渡邉太地が描いたカラフルなストライプを、フリース生地にプリントしたジャケット。ナイロンのフライトジャケットとのミックスデザインだ。¥24,200(税込)。

---fadeinPager---

DSC03414.jpg
フリースジャケットの襟にはフードを内蔵。様々な機能性ウエアのエッセンスがこの一着に凝縮されている。

HUNTING WORLD CRAFTED BY DESCENTE.LAB

https://huntingworld.com/descente_lab/

Goldwin×Spiber(REGENERATIVE CIRCLE)

https://regenerative-circle.goldwin.co.jp/

MARMOT

www.instagram.com/marmot_capital/?hl=ja

---fadeinPager---

【画像】今年ローンチのアクティブウエア3選、ファッション×機能の未来がここに!

スポーツシックを極めた、ハンティング・ワールド クラフテッド バイ デサント.ラボ

DSC02825.jpg
デビューコレクションより。右から、高密度ニットのCPOシャツ。 ¥49,500(税込)、複数のニットを組み合わせたダウンベスト。¥74,800(税込)、水沢ダウンと同じ工場で製造された防水ダウンジャケット。¥209,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02844.jpg
ダウンジャケットは合成レザー、シンセティックスウェードの優雅な佇まいが際立つ服。3レイヤー防水素材、縫い目の防水処理、1,000フィルパワーの羽毛といった水沢ダウンと同等のスペックにも抜かりなし。※製品ではファスナー周りの仕様が一部変更予定。
---fadeinPager---
DSC02849.jpg
左腕につけられたクールなエンボスのブランドロゴ。エンボス表現はデサントの得意技だ。

---fadeinPager---

DSC02861.jpg
ダウンベストもジャケットと同様の1,000フィルパワーの羽毛入り。脇と背中がリブニットで動きやすさも抜群。

---fadeinPager---

DSC02892.jpg
左右ともに3レイヤーのシンセティックスウェードを用いたオールウェザー仕様のハードシェルジャケット。縫い目はシーム加工され、その箇所に不自然な固さがない。ハードシェルでも優しい着心地の服だ。左右ともに、¥110,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02868.jpg
ハードシェルジャケットの背中。本革と見間違う色気もこの服のキモ。SDGs観点から動物の革を着ることに抵抗がある人も、堂々と着られる一着である。

---fadeinPager---

化繊を減らすSDGsな未来を目指す、ゴールドウイン×スパイバー

DSC02997.jpg
今季のスパイバー企画に参加したゴールドウイン社の4ブランド。左から時計回りに、ゴールドウイン、ナナミカ、ウールリッチ、ザ・ノース・フェイス。

---fadeinPager---

DSC02948.jpg
ザ・ノース・フェイスのフリース系ジャケット。布帛部分の素材比率は、ブリュード・プロテイン™60%、ウール18%、ナイロン6%。起毛部分はウールがベースで、18%がブリュード・プロテイン™。¥110,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02936.jpg
ナナミカのバルマカーンコート。ザ・ノース・フェイスの布帛部分と同じ比率の生地を採用している。パリッとした生地の風合いと、赤みがかった独特なベージュ色が大きな魅力だ。¥198,000(税込)。

---fadeinPager---

DSC02977.jpg
ゴールドウインのアウトドアパンツと長袖Tシャツ。パンツの生地は前述アイテムと同様。Tシャツはコットン90%+ブリュード・プロテイン™10%。パンツ ¥99,000(税込)、Tシャツ ¥41,800(税込)。

---fadeinPager---

DSC02970.jpg
ウールリッチのダウンパーカ。1970年代に誕生した名作「アークティックパーカ」の素材をブリュード・プロテイン™で置き換えた「フューチャーアークティックパーカ」。生地比率は前述アイテムと同様。¥198,000(税込)。

---fadeinPager---

RGC_Photo_3.jpg
ブリュード・プロテイン™に特化したポップアップショップ、REGENERATIVE CIRCLE。2024年1月下旬まで営業予定。東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 1F。photo©GOLDWIN

---fadeinPager---

街の空気とリンクする、マーモット キャピタル

DSC03380.jpg
3点ともにフリース素材のマーモット キャピタル。耳あてつき帽子 ¥7,700(税込)、静電気防止メッシュを裏地に使ったベスト ¥19,800(税込)、「ポーラーテック200」フリースのルーズパンツ ¥20,900(税込)。

---fadeinPager---

DSC03384.jpg
ゴアテックス ウィンドストッパー生地のボレロ風アウター。左前合わせでサイズも小さめなウィメンズだが、裾出しシャツとのレイヤードで着たり男性にもお薦めのトレンドアイテム。¥39,600(税込)。

---fadeinPager---

DSC03396.jpg
ゴアテックス ウィンドストッパー生地のカーゴ系パンツ。裾を絞るとバルーンシルエットになるダボダボ感がストリートの感性。¥29,700(税込)。

---fadeinPager--- 

DSC03401.jpg
マーモットを代表する「マンモスジャケット」の着丈を短くし、トレンドに対応させたダウンジャケット。首元を覆うフードは取外し可能。¥64,900(税込)。

---fadeinPager---

DSC03446.jpg
画家の渡邉太地が描いたカラフルなストライプを、フリース生地にプリントしたジャケット。ナイロンのフライトジャケットとのミックスデザインだ。¥24,200(税込)。

---fadeinPager---

DSC03414.jpg
フリースジャケットの襟にはフードを内蔵。様々な機能性ウエアのエッセンスがこの一着に凝縮されている。

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。

高橋一史

ファッションレポーター/フォトグラファー

明治大学&文化服装学院卒業。文化出版局に新卒入社し、「MRハイファッション」「装苑」の編集者に。退社後はフリーランス。文章書き、写真撮影、スタイリングを行い、ファッション的なモノコトを発信中。
ご相談はkazushi.kazushi.info@gmail.comへ。