英国紳士の優雅なライフスタイルを象徴する、カントリーブーツの傑作

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

トリッカーズを代表するカントリーブーツの「ストウ(STOW)」。素材に採用されているカーフも水や汚れに強い鞣しが施されたもので、水を侵入しにくくする「ストームウェルト」、耐久性が高いダブルソールなど、屈強な仕様と風格さえ感じるデザインが特徴。英国紳士のようにツイードジャケットにも似合うし、ジーンズなどのカジュアルスタイルにもマッチする。¥132,000/トリッカーズ

「大人の名品図鑑」英国靴 #2

靴はファッションの“要”とよく言われるが、ここ十数年続いたスニーカーブームも落ち着きを見せ、次に履く靴を探している人も多いはず。時代のムード考えると、何年も流行に関係なく履ける本格的な革靴を手に入れたいと考えている人もいるだろう。そんな革靴の代表として、英国で生まれ、今も英国で製作され続ける名靴を取り上げる。

ポッドキャスト版を聴く(Spotify/Apple

英国スタイルに詳しいファッション評論家の林勝太郎は、『英国の流儀Ⅱ』(朝日文庫』)で、「紳士と言われている人たちは一般的に二着のスーツしか持たない」と書く。二着のスーツとは保守的なダークスーツと、パーティなどに出向く時のためのディナースーツ。サヴィルロウで誂えたこれらのスーツを修理しながら何十年も着る、これが英国紳士の本流のスタイルだ。それ以外で彼ら揃えている服がカントリーハウスで過ごすための衣料。ツイードのジャケットやフィッシング用のジャケット、乗馬用のハッキングジャケットなど、その場に相応しいスタイルを選ぶ、これも英国紳士の嗜みだと林は同書で書いている。

今回取り上げるトリッカーズのカントリーブーツもそうした英国紳士の余暇のカントリーライフを想定してデザインされた革靴と見て間違いないだろう。

トリッカーズはノーサンプトンの靴づくりの名人と言われたジョセフ・トリッカーズ氏によって1829年に創業された靴メーカー。現存するノーサンプトンの中では最古のブランドで、ビスポークでは現在でも一人の職人が、最初から最後まで一足の靴を手掛ける「ベンチメイド」を守り続けている。

トリッカーズはチャールズ国王から御用達を得ているブランドとして知られているが、そのきっかけをつくったのは故ダイアナ妃。彼女の実家スペンサー家が代々使っていたのが、トリッカーズのルームシューズ。皇太子時代のチャールズ国王にこの靴をダイアナ妃が薦め、国王がトリッカーズを履くようになったらしい。現在では国王はルームシューズだけでなく、ドレスや今回紹介するカントリーブーツも愛用していると聞く。

---fadeinPager---

トリッカーズの工場が登場する映画も

トリッカーズのカントリーブーツから今回取り上げるのが「ストウ」というモデルだ。これは「モールトン」と並ぶ同ブランドのカントリーブーツの代表作。両者は同じデザインだが、ウィズやソールだけが違うだけの兄弟モデルだ。どちらもつま先などに装飾が施された「フルブローグ」の外羽根のデザインで、足首などをサポートするブーツタイプになっている。

この「ストウ」に使われている素材は通常のカーフとは異なる鞣し方をした「Gorse leather」で、水や汚れにも強く、傷が付きにくい特徴を持つ。製法はもちろん伝統的なグッドイヤーウェルト製法を用いているが、アッパーとソールの結合部にはL字型のウェルトを採用し、雨や泥などが入り込むことを防ぐ「ストームウェルト」の仕様で仕上げられている。このモデルは創業者の息子、ウォルター・ジェームス・バールトロップ氏がわずか7歳の時につくったブーツが原型になっているという説もあるが、重厚なその佇まいは英国人のライフスタイルを象徴する逸品だと言えるだろう。

余談になるが、ノーサンプトンのトリッカーズの工場がロケ場所として使われた映画がある。2005年に製作された『キンキーブーツ』という作品だ。ノーサンプトンのとある靴工場が経営不振に陥り、その危機をドラァグクイーンのローラ(キウェテル・イジョイフォー)がデザイナーとして参画し、その危機を救うといういわばサクセス・ストーリー。実はノーサンプトンにある実在の会社の話が元になった作品で、「キンキーブーツ」とは「危険でセクシーな女物の紳士靴」という意味らいい。

この映画では工場で靴が製作されている場面がたくさん出てくるだけでなく、ノーサンプトンの街の様子までわかる作品だ。ノーサンプトンの靴づくりに興味がある方は、見逃してはならない一本だろう。

---fadeinPager---

20230829_Pen-online10431.jpg
今回紹介する「ストウ」のソールはラバー素材の「ダイナイトソール」が採用されている。これも英国を製造されたソールで、滑りにくく、摩耗もしにくく、履き馴染みが良い。

---fadeinPager--- 

20230829_Pen-online10432.jpg
2枚の革を重ねたダブルソールで、水が侵入しにくい「ストームウェルト」の仕様に仕上げている。

---fadeinPager---

20230829_Pen-online10419.jpg
トリッカーズが英国王室御用達を授かるきっかけとなったのがこのルームシューズで、モデル名は「チャーチル」。アッパーはラグジュアリーなベルベット素材で、トゥの刺繍も洒落ている。外履き用にも使えるハーフラバーのソール。¥77,000/トリッカーズ

---fadeinPager---

20230829_Pen-online10427.jpg
ロンドンのジャーミンストリート店に続いて東京・青山の骨董通りにオープンしたトリッカーズ青山店。この店では、本国同様、靴まわりの小物やシューケアグッズまで扱っている。ベルト¥27,500、ソックス¥4,180、キルト¥1,760、シューレース各¥1,980、シューワックス¥3,300、ブラシ¥8,800/すべてトリッカーズ

トリッカーズ 青山店 TEL:03-6805-1930

www.gmt-tokyo.com/pages/trickers

---fadeinPager---