サーフボードの乗っ取りも…米西海岸でラッコの“いたずら”が深刻化

  • 文:山川真智子

Share:

米カリフォルニア州サンタクルーズの海岸で、突如海面から顔を出してサーファーを驚かせたり、サーフボードにいたずらをしたりするラッコが現れた。当局は攻撃的な行動として問題視し、このラッコの捕獲を試みているものの、うまくいっていない。一方地元住民の中には、自由を奪うべきでないと捕獲に反対する声も出ている。

サーファーを襲撃? かわいいラッコが海のお尋ね者に!

米公共ラジオ網NPRによれば、問題のラッコは、「オター841」と呼ばれる5歳のメスだ。サーファーのサーフボードを占拠したり、かじったりするなど、サンタクルーズ海岸での「異常に攻撃的な」行動から、州と連邦政府の野生生物当局により、公共の安全上のリスクと見なされている。

当局は、このラッコを保護して動物園や水族館などで飼育することが、ラッコにとっても人間にとっても最善だと判断。関連機関と協力して捕獲を試みてきたが、これまでのところ取り逃がし続けているという。

自由を奪うのは人間のエゴ! 地元民が捕獲に反対

ところが捕獲が失敗するたびに、841を野生に残すべきだという声が高まっている。地元紙の編集者への手紙の中には、捕獲することが、生き物がその固有の生息地にもつ権利を人間が奪っている一例のように感じるとし、841への支持を表明するものがあった。また、ネット上には841の自由を求める嘆願書もいくつか出ており、そのうちの一つは5万人以上の署名を集めているという。

ソーシャルメディア上には多数のミームが投稿されており、インスタグラムにはファンページ@thesurfingotterまで存在する。海の無法者だったはずの841は、当局に目を付けられたことで国際的なアイコンとなり、その支持が高まるという思わぬ結果になっている。

---fadeinPager---

人への恐怖心がない? いたずらを続ける理由

実は841は、約5年前に水族館で生まれたラッコだ。水族館の広報担当者がNPRに語ったところによれば、人間の姿を隠すため、黒いゴムスーツと溶接マスクで変装した飼育係によって最低限の世話はされていたが、育てたのは母親ラッコだという。

水族館は、2020年6月に841を自然界に戻すことに成功しており、順調に野生生活に順応しているように見えた。ところが、昨年9月にサーファーへの嫌がらせが発覚。この時は、カリフォルニア州魚類野生生物局(CDFW)と水族館が追い払ったが、また戻って来て、6月からいたずらを再開している。

CDFWは、841の異常行動は、餌付けなど人間との積極的な交流が原因である可能性があると指摘。そうであれば人への健全な恐怖心を841が有していないことの説明が付くとしている。もし841が当局の追跡を逃れ続け、人前に姿を現さなくなれば、捕獲作業は一時、または完全に中止されることもあるということだ。

---fadeinPager---

サーファーに絡むオター841。

---fadeinPager---

ボードをかじる841。

---fadeinPager---

なんと車の上のボードにも…。

---fadeinPager---

ビーチにある“ラッコ注意”の警告。

---fadeinPager---

地元ではポスターやステッカーにもなっている人気者。