空気がフェラーリをさらに美しくする?! 空力ボディをまとったSF90XXが登場

  • 文:小川フミオ
  • Photography Ferrari SpA

Share:

スポーツカーのデザインにとって大事なものはなんだろう。ひとつは審美性。1970年代までのモデルは、車体の抑揚が女性のラインにたとえられてきた。

上記はあまりおおっぴらに書けないけれど、スポーツカーを得意としたイタリアのデザイナーたちが、当時はそう語っていたのだから、ここではあえて事実として、紹介してしまいます。

いっぽう、機能も、スポーツカーのデザインにとって、たいへん重要だ。スポーツカーの代名詞的な企業であるフェラーリが、2023年6月29日に公開した新型車「フェラーリSF90XX(エックスエックス)」はまさに好例。

 

_H5A4968-2のコピー.jpg
オレンジのパーツは「Sダクト」と呼ばれ、下から空気を吸い、上の2個所から排出することで、フロント部分の空気の流れを整流する

 

SF90XXは、フェラーリに詳しいひとが車名を”解読”すると、ふたつの車両コンセプトを発見できるかもしれない。

ひとつは、SF90。2019年に「SF90ストラダーレ」として発表されたプラグインハイブリッドの全輪駆動のスポーツモデルだ。

---fadeinPager---

190373-car-sf90-stradale.jpg
SF90ストラダーレは電気モーターで前輪を左右個別に駆動し、かつミドシップされたエンジンとギアボックスのあいだにもう1基、マイルドハイブリッド的に機能する

 

もうひとつは、XX。フェラーリが2004年に上顧客むけに始めた特別なプログラムだ。

ふたケタの台数しか限定生産されないXXプログラム用の車両を購入できた(購入した、というより、購入できた)顧客は、レースでも走れるよう、フェラーリのインストラクターとプロドライバーのサポートを受けて訓練を積む。

 

211149-ccl-xx-programme-nurburgring.jpg
XXプログラムのために開発され「コルソ・クリエンティ」なる顧客にモータースポーツを体験させる部門が担当する究極のサーキットモデル「FXX-K evo」

 

2006年の「FXX」にはじまり、「599XX」(09年)や「FXX-Kエボ」(14年)といった、サーキット専用モデルが送り出されてきた。

これらのモデルは高価であり、かつ、誰でも買える代物でない。フェラーリへの貢献度が高く(ありていにいうと、たくさん買っている)、同時に、サーキットでの走行経験もそれなりに豊富であることが求められる。

XXモデルを買って、XXプログラムに参加した顧客は、クルマの走行データをフェラーリに提供。フェラーリはそれを次世代モデルの開発に援用する。

フェラーリと顧客の結びつきを強くするという意味でも、彼らにとって重要なプログラムなのだ。

---fadeinPager---

_NOR2409のコピー.jpg
SF90XXスパイダーを紹介する、フェラーリのスポークスマン的役割のエンリコ・ガリエラ氏

 

「SF90XXは、公道を走れる初めてのXXモデルです」

フェラーリがこのモデルをジャーナリストに公開したのは、ピスタ・ディ・フィオラノという、フェラーリファンというか自動車好きにはよく知られた、自社のテストコース内。

そこに作られた特設会場において、フェラーリのマーケティング担当重役、エンリコ・ガリエラ氏が、上記のように要約して説明してくれた。

ボローニャ空港から1時間ほどのドライブであるフィオラノという小さな街にある。隣町はフェラーリが本社を置くマラネロ。こちらも大きな町ではないけれど、街中はフェラーリだらけだ。フェラーリのレンタカーとかもある。

 

20230419_FERRARI4262_V5のコピー.jpg
コクピットとボディと、それに機能を色で分けたようなデザイン

 

SF90XXは、公道も走れるというけれど、スタイリング的には、かなりレースカーに近い。もっとも目を惹くのは、ボディから高くそびえたったリアウイング。

車体はかなり低く、前後のフェンダーをはじめ、ボディ各所にはスロット(孔)が開けられているのも特徴的だ。

ハマーヘッド(シュモクザメ)とフェラーリが呼ぶT字モチーフのノーズも、まさにレースカーのように空力的な処理が各所にほどこされている。

というわけで、これが、フェラーリによる最新のスポーツカーデザインなのだ。

 

20230323_FERRARI2902_V5のコピー.jpg
三胴ヨットを意識したというリアビュー

 

「(SF90ストラダーレに対して)リアは完全に設計しなおし、先進的な技術をフルに活かしつつ、ボディは流麗さと力強さをバランスさせることを心がけました」

デザイン統括のフラビオ・マンツォーニ氏は、記者会見でそう語った。

たしかに、SF90ストラダーレに対して、SF90XXのリアは、大きなリアウイングをはじめ、円モチーフの4灯式テールランプを廃したし、リアには大きな空気排出用のグリルが開いている。

デザインコンセプトについて、マンツォーニ氏は「トリマラン」として、ヨットの形状を思わせるのだと示唆。

前者は優美さを強く感じさせたが、レースカーのようにボディ各所にルーバーを切られたSF90XXは、機能を強く優先してデザインされた印象が強い。

---fadeinPager---

_NOR3055のコピー.jpg
デザインを統括するマンツォーニ氏はSダクトをここではオレンジに塗ったことについて「(車体色と)好きな組合せだから」と説明

 

「いってみれば、アート・アンド・サイエンス」。芸術と科学とが結びついて生まれたデザインだと、マンツォーニ氏は言うのだった。

巨大なリアウイングは”公道用”フェラーリとしては、かなりめずらしい。というのも、フェラーリはこれまで、レースカーのようなウイングは審美性を損ねるとしてきたからだ。

「今回あえてリアウイングを大きくしたのは、ダウンフォース(空気を流れを使って車体が浮かないようにする効果)でサーキットでのタイムを縮めるという機能的理由がひとつです」

記者会見の席上で「どうなってるんでしょう?」という質問が出た際、前出のマーケティング担当重役ガリエラ氏はそう説明。

「もうひとつの理由は、顧客の声です。F40(1987年)やF50(95年)といったかつて人気を集めた限定モデルをなつかしがり、サーキットのタイムを重視するフェラーリなら、あえて大きなリアウイングをつけてもいいじゃないか、というのを参考にしました」

もちろん、ここで書いてきたように、SF90XXのデザインはほとんど機能のためでもある。

 

INT6_16bit_v2のコピー.jpg
Sダクトに使った挿し色を内装の一部に使い、カラリングにおける内外装おなじデザインテーマを実現したとする

 

4リッターV8ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムは、さらにパワーアップ。加えて、コーナリング性能をあげるための制御技術も、さまざま盛り込まれている。

ユニークなのは、電気モーター(モーター走行だけで25キロは走れるそう)を燃費改善のためだけに使うのでなく、というか、むしろパワーアップのために積極的に使っているところ。

 

_NOR2192のコピー.jpg
開発とテストドライブを統括するラファエレ・デ・シモーネ氏が記者にエクストラブーストの機能を説明(半弧のインジケーターで状態を表示)

 

「エクストラブースト」なる機能がそれ。ドライブモードで「クオリファイ」(サーキット周回のタイムを競うモード)を選んだとき、作動する。

コーナーの出口でアクセルペダルを思いきり踏み込むと、電気モーターが一瞬トルクを積み増す。それでタイムを向上させるのだ。

このあたりが、フェラーリの面目躍如だなあと思う。

---fadeinPager---

05_side_002のコピー.jpg
SF90XXスパイダーのCFPR製ルーフトップは14秒で展開

 

SF90XXストラダーレ(クーペ)は、イタリアで77万ユーロと発表された。24年の第2四半期にデリバリーが始まる。限定799台。SF90XXスパイダーは、やはりイタリアでは85万ユーロ。こちらは限定599台。デリバリーは24年第4四半期という。

ただし「どちらのクルマも(すべて)売約ずみ」とマーケティング担当役員のガリレア氏。まさに”夢の”スポーツカーである。

 

_H5A4483-2のコピー.jpg
乗員の頭部を保護するとともに空気の流れを整理するフライングバットレスはあまり目立たない形状

  

20230323_FERRARI6080_V5.1のコピー.jpg
サーキット走行のため4点式セイフティベルト

 Ferrari SF90XX Stradale
全長×全幅×全高 4850x2014x1225mm
ホイールベース 2650mm
車重 1560kg
3990cc V型8気筒ツインターボ+電気モーター  プラグインハイブリッド 4WD
出力 586kW(エンジン)+171kW(モーター)
トルク 804Nm(エンジン)
変速機 8段ツインクラッチ
モーターによる巡航距離 25km