その日の気分で色をチェンジ…BMWが発表した “未来のデジタル車” 発売なるか

  • 文:黄文

Share:

1月6日から3日間、アメリカのラスベガスで開催されていた最新テクノロジーが披露される展示会CES 2023でベールを脱いだ、BMW社の最新コンセプトカーが話題を呼んでいる。

今回発表されたのは「i Vision Dee(以下、「Dee」)」。驚きなのはスマートフォン一つで車体の色を変幻自在に変えられるという点だ。E-inkと呼ばれる技術を使って車体が白と黒の二色に変化する技術はCES 2022にて発表されていたが、今回はさらにカラーバリエーションが増え、32色に変更可能だという。

---fadeinPager---

さらに、搭載されたAIによりコミュニケーションがとれたり、車体横の窓には自分専用のアバターが表示され、従来のような計器盤はなく前面ガラスのデジタルダッシュボードに表示されるといった未来感にあふれた機能が搭載されている。

---fadeinPager---

---fadeinPager---

スーパーカーに関する情報を発信するインフルエンサーSupercar BlondieのYouTubeチャネルでは深夜のラスベガスで実際にDeeに試乗する様子を公開。

---fadeinPager---

実際の試乗の様子は11:26から。

BMW社のYouTube公式チャンネルで公開されたDeeのイメージビデオではアーノルド・シュワルツェネッガーとDee搭載のAIが時には口論しながら友達のように会話する内容となっており、Deeが “最高の相棒” であるというコンセプトを表現している。

---fadeinPager---

実際の市販化時期については発表されていないものの、Deeに搭載のデジタルダッシュ―ドやタッチスクリーンは2025年市販化予定の同社のNeue Klasseにも搭載される予定だという。

驚きのテクノロジーが詰まったBMWの“未来のデジタル車”。実際に市販化されるのか今後に注目していきたい。

関連記事

---fadeinPager---

【画像・動画】その日の気分で色をチェンジ…BMWが発表した “未来のデジタル車” 市販化なるか

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

---fadeinPager---

実際の試乗の様子は11:26から。

---fadeinPager---