ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観る前に押さえておきたい基礎知識

  • 文:ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Share:

  • Line
未熟なスパイから史上最強の007への成長を遂げたジェームズ・ボンド。数多の試練を乗り越えた彼がたどり着いた境地とは ©Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

<いよいよ完結へ――。クレイグ版『007』には従来の『007』映画とは違う特徴があり、劇場に足を運ぶ前に過去作を押さえておくと、最新作をより一層楽しめる>

英国秘密情報部「MI6」の中で、特別に「殺しのライセンス」を与えられたエージェントチーム「00(ダブルオー)セクション」。

その一員であるジェームズ・ボンドの活躍を描いた『007』シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)』が、前作から6年という月日を経てついに公開される。

当初、昨年の4月に日本公開を予定していたが、新型コロナウイルス禍の影響で、3度に渡る公開日の延期を余儀なくされた。しかし、今年7月に入り、北米に先駆けて10月1日(金)に公開されることが決定。

その情報解禁が、007にちなんで公開日の「77日前(7月16日)」に行われるという演出は、多くのファンを喜ばせたことだろう。

ショーン・コネリー主演の第1作『ドクター・ノオ』から数えると、本作はシリーズ25作目だ。六代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ版でいえば5作目にあたる。

これまで007シリーズを追い続けたファンであれば、蓄積された予備知識も相まって、6年ぶりの新作であっても深く楽しむことができるだろう。

しかし、誰しもがそういった知識を持ち合わせているわけではない。クレイグ版であれば前4作品、過去シリーズも含めると全24作品にもおよぶ。

そこで、CCCメディアハウスでは、『007』シリーズを特集したPen+(ペン・プラス)『【増補決定版】007完全読本。』を制作。

71ZyVeNeX4L.jpg
Pen+(ペン・プラス)『【増補決定版】007完全読本。』のカバー。

最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演するクレイグら主要キャストの最新インタビューをはじめ、シリーズ全24作+番外編2作のストーリーガイドなどを収録している。

また、2016年に亡くなった、『007』映画を支えたデザイナーであるケン・アダムのインタビュー記事など、往年のファンにも楽しめる内容だ。

Amazon Prime Video(プライム・ビデオ)での『007』シリーズ全24作一挙配信(9月10日より開始)と併せて見れば、万全の体制で劇場に足を運ぶことができるはず。

もちろん、24作すべてとなるとかなりの労力を要するが、実は、クレイグ版4作品だけでも押さえておくとよい理由があるのだ――。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の最新予告編 ユニバーサル・ピクチャーズ公式-Youtube

過去4作からつながる、クレイグ版ボンドの物語

クレイグ版『007』のストーリーは、従来の『007』映画で見られた1話完結のスタイルとは異なり、一本の太い幹を持った連続ドラマ形式で紡がれている。

もちろん、単品でも楽しめるようになっているが、前4作のストーリーを知っておくことで、より深く楽しむことができるというわけだ。

---fadeinPager---

最初は賛否両論あったクレイグ版『007』が新境地を開いた

クレイグ版『007』の記念すべき第1作『カジノ・ロワイヤル』では、ボンドが00(ダブルオー)エージェントとなるまで、つまり「007誕生の瞬間」が描かれた。

それまでのシリーズ作品では、はじめから優秀なスパイであるジェームズ・ボンド像が描かれていたのに対し、それに至るまでの不完全さや泥臭さ、そういった人間的な揺らぎを描いたことに、最初はファンの間でも賛否両論があった。

その後の作品でも、ボンドが愛した女性(ヴェスパー・リンド)の死や、旧作でも描かれた悪の秘密組織スペクターとその首領であるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドとの戦いなど、過去作へのリスペクトを交えた重厚な物語が展開。史上最高の英国人スパイに至るまでのジェームズ・ボンドの生きざまが描かれていく。

この試みは、第3作『スカイフォール』で実を結ぶ。同作で全世界興行収入10億ドルを越え、シリーズ史上最高のヒットを記録。より人間らしいボンドを描くことで、クレイグ版『007』は新境地を開いたのだ。

penplus20210916-007-2.jpg最新作『ノー・タイム・トウ・ダイ』でボンドウーマンとして新たに登場するアナ・デ・アルマス。CIAエージェントを演じる ©Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

その時代の現実を反映させてきた『007』シリーズ

ダニエル・クレイグという役者を得て、スタイリッシュに生まれ変わった『007』シリーズ。その最終作といわれる『ノー・タイム・トウ・ダイ』の物語は、ジャマイカから始まる。

前作でスペクターとの熾烈な戦いを繰り広げたボンドは、任務から退き、南国の地で穏やかな暮らしを送っていた。そこへ突然、ボンドの盟友フェリックス・ライターがやって来る。

彼の頼みを聞くことにしたボンドは、任務に復帰。CIAの女性エージェントであるパロマ(アナ・デ・アルマス)、00エージェントのノーミ(ラシャーナ・リンチ)と組んで、今回の事件に潜む闇を探っていく......。

第4作『スペクター』で、シリーズを通じてボンドとMI6の敵対勢力であった秘密組織スペクターとの戦いが決着し、クレイグ版ボンドの物語はひとつの結末を迎えたかに思えた。しかし、ボンドにはまだ清算しなければならない事件があるようだ。

物語もさることながら、キャストの起用にも注目が集まる。

---fadeinPager---

ダニエル・クレイグが語った#MeToo運動とボンド映画

penplus20210916-007-3.jpg『ノー・タイム・トウ・ダイ』で新たに登場するもう一人のボンドガール、ラシャーナ・リンチ ©Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ボンドともに事件解決に臨むふたりの女性、パロマとノーミ。なかでも、リンチ演じる新キャラクターのノーミは、シリーズ初の黒人女性の00エージェント。これは『007』映画らしい国際情勢を反映した起用といえる。

これについて、本作でプロデューサーとしても携わるダニエル・クレイグは、以下のように語っている。

「近年の#MeToo運動が明らかにした問題について、ボンド映画の中で解決するのは難しい。かといって避けたくない。本作ではラシャーナだけでなく、アナ・デ・アルマス、ナオミ・ハリスといった素晴らしい俳優が強い女性キャラクターを演じている」
――Pen+『【増補決定版】007完全読本。』より

ときに東西冷戦を、ときにアフガニスタン侵攻を、ショーン・コネリー時代から連綿と続く007シリーズがこれだけ長い間、愛されてきたのは、その時代の現実を反映させてきたからなのだろう。

度重なる公開延期の末に、10月1日の日本公開が決定した『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。時代とともに変化してきた007映画の新境地を、是非とも劇場で確認してほしい。

---fadeinPager---

クレイグ版ボンドの軌跡を辿る特別映像

ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの軌跡を辿る特別映像 ユニバーサル・ピクチャーズ公式-YouTube

penplus2021916-007-cover.jpg

Pen+(ペン・プラス)『【増補決定版】007完全読本。』
オールカラー、100ページ

CCCメディアハウス

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観る前に押さえておきたい基礎知識

  • 文:ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Share:

  • Line

Hot Keywords