「東京2020:記憶に残る一瞬を、一枚の写真から」 4/17 Days

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line
大会4日目、スケートボード女子ストリートの決勝が行われ、西矢椛(もみじ)選手が金メダルを獲得。 西矢選手は13歳での金メダル獲得により、五輪史上でも最も若い金メダリストのひとりに。1330651214, Patrick Smith/Getty Images

17日間にわたるスポーツの祭典「東京2020五輪」が遂に開幕した。大会期間中、Penオンラインではその日の"ベストショット"毎日配信。写真を選び提供するのは、IOCオフィシャルフォトエージェンシー「Getty Images」。本企画はクリエイティブな視点と写真表現を通して、オリンピックの中で生まれるさまざまなドラマに注目。

大会4日目は、Getty Imagesのエディトリアルオペレーション部門の最高責任者である、マイケル・ヘイマン氏のコメントとともに、各競技の中からその日のベストショットをご紹介。いわゆるスポーツ写真とは異なる、アーティスティックなビジュアルとともに、「東京2020五輪」の新たな魅力を切り取る。

---fadeinPager---

「オリンピックファンならば、開幕前に誰が次のビッグスターとしてブレイクし、その名を歴史に刻むだろうと想像するでしょう。スケートボード女子ストリートの初代チャンピオンとなった、13歳のスケートボーダー西矢椛選手は、全世界に衝撃を与え、オリンピック史上最年少の金メダリストのひとりとなりました(*)。Getty Imagesのスタッフフォトグラファー、パトリック・スミスが、金メダル獲得の瞬間の西矢選手の喜びを見事に捉えた一枚です」

*史上最も若い女性の金メダリストは、米国のマージョリー・ゲストリング選手で、1936年のベルリン大会の飛び込みで、13歳267日で金メダルを獲得していた。西矢選手はゲストリングより数カ月年長となる。

Michael Heiman.jpg
Michael Heiman(マイケル・ヘイマン)●Getty Images エディトリアルオペレーション部門 バイス・プレジテント。オフィシャルフォトエージェンシーとして、オリンピック、FIFA、クリケットとラグビーのワールドカップ、UEFA ヨ ーロピアンカップ、水泳・陸上競技の世界選手権など、国際スポーツ大会に おける現地での撮影計画と技術を担当。現在、エディトリアルオペレーション部門の最高責任者。2008年の北京大会以降、すべてのオリンピック大会を担当。14年FIFA ワールドカップ・ブラジル大会、NFLスーパーボウル、ゴルフやテニスのメジャー大会、国政選挙、授賞式などの撮影における企画・実行の重要な役割を果たしている。photo:Getty Images

関連記事

「東京2020スペシャルサイト」

https://welcome-to-gettyimages.jp/tokyo2020

「東京2020:記憶に残る一瞬を、一枚の写真から」 4/17 Days

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

Hot Keywords