VANSの名作スニーカーは、ショーン・ペンの伝説的映画が大ヒットのきっかけだった

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line
ヴァンズのクラシックラインのアイコンとも言える「クラシック・スリッポン」。映画に登場したモデルと同じく、アッパーと踵部に配された黒白のチェッカーボード柄がシンプルなこの靴のデザインを個性的に見せる。素材はコットンキャンバスで、ソールはラバー。¥5,170(税込)/ヴァンズ

「大人の名品図鑑」スニーカー編#4

空前のスニーカーブーム。毎日のように新作が発表され、バブルと言っても過言ではない状況だ。スニーカーはもはや自分を表現する大切なツール。ファッションを超えた文化=カルチャーに近い存在だ。今回は、名品と呼ばれるスニーカーが誕生した時代背景やその特徴、アイコンとして登場する映画などについて紹介する。

Netflixでこの春配信された『スケーターガール』という映画がある。インドの貧しい村で育ったプレルナ(レイチェル・サンチータ・グプタ)という少女がある日、スケートボードに出合い、古いしきたりにとらわれない生き方を発見するという物語。それまで質素なサンダルでスケートボードをやっていた彼女が、終盤、大会に参加する際に先に演技を終えた少女から借りて履くシューズが、ペパーミントグリーンのヴァンズだ。彼女はこのシューズを履いて、いままでできなかった大技に成功する。

スケートボードに欠かせないどころか、サブカルチャーのアイコンとも言えるスニーカーがこのヴァンズだろう。

ヴァンズは、1966年にポール・ヴァン・ドーレンが3人の友人とともにアメリカ・カリフォルニアのアナハイムで始めたブランド。ヴァンズ(VANS)というブランド名は、「(創業者)ヴァンとその仲間たち」という意味で付けられた。

当時のヴァンズが始めたのは、製作したシューズを直接販売すること。『スニーカー文化論』(川村由仁夜 著)には、「設立当初の目的は、小売店を通さずに直接消費者に販売すること。そうすれば小売り販売価格を抑えられると考えたからだ」とある。自社工場を立ち上げ、スケーターのためにカスタムオーダーも始めた。当時販売されたどのキャンバススニーカーの生地よりも厚く、ゴム製のソールもほかのシューズより2倍の厚さを持つスケートボードシューズは、70年代のスケートボードの流行とともに広く認知されるようになった。そして、カリスマスケートボードチーム「Z-BOYS」のメンバー、ステイシー・ペラルタ、トニー・アルバといったプロスケーターからの意見も取り入れた「エラ」などを発表し、スケートボードを行う人々の必携のシューズとなった。

---fadeinPager---

あのチェッカーボード柄のシューズがつくられたきっかけとは

そんなヴァンズに映画会社から効果的な宣伝の話が持ち込まれる。1982年に公開される予定の青春映画『初体験/リッジモンド・ハイ』用にスニーカーを提供してくれないかという依頼だった。ヴァン・ドーレンはアッパーに白と黒のチェッカーボード柄がプリントされたスリッポンを選んだが、そのシューズを主人公のひとり、ジェフ・スピコリ用のショーン・ペーンが履いた。映画では足元がアップされるだけでなく、スピコリが青い靴箱からこのシューズを取り出すシーンまで描かれている。さらにサウンドトラックアルバムのジャケットではまるで映画の主人公のようにこのシューズがメインで使われ、DVDなどのジャケット写真にまでこのシューズが使われている。この映画は全米興行収入成績で最高3位を記録し、ヴァンズの名前を一挙に拡めることに貢献した。

Z-BOYSのオリジナルメンバーで、ヴァンズの名品「エラ」の誕生にもかかわったステイシー・ペラルタは、後に映像作家となっている。カリスマ的人気を誇る藤原ヒロシを描いた『丘の上のパンク』(川勝正幸 著)には、ペラルタがかつての自分たちを描いたドキュメンタリー映画『DOGTOWN & Z-BOYS』(2001年)を監督する時に、ナレーションを前述の映画でスケーター役を演じたショーン・ペンに依頼したと書かれている。どこかで縁は繋がるものだ。

「あのスピコリの声で!と盛り上がったことは想像に難くない」と川勝氏はその本で書いているが、本当だろうか? ペンは真面目にペラルタの作品のナレーションしているようにも感じる。気になる方は、一度聞き比べてみるとよいだろう。

---fadeinPager---

20.jpg
アウトソールにはワッフル状の形状を持つラバーソールが採用されている。シンプルな意匠ながらグリップ力に優れていて、とても丈夫。スケートボードを行う際の強力なサポート役となる。

22.jpg
アッパーをチェッカーボード柄にした「OLD SKOOL DX」。アウトソールには従来のモデルよりも軽量化された素材を採用、インソールにも吸湿速乾性に優れた低反発素材「ULTRA CUSH」を搭載している。¥7,150(税込)/ヴァンズ

21.jpg
映画公開を記念してハリウッドのプレミアの景品用に製作された伝説の一足を再現して製作されたモデル。発売されたのは2020年3月。ミッドソールには映画の原題である「Fast Times」の文字が刻印され、箱のデザインも記念モデルを忠実に再現している。(個人所有)/ヴァンズ

問い合わせ先/VANS JAPAN TEL:03-3476-5624
https://www.vansjapan.com

大人の名品図鑑のポッドキャストがスタートしました!

ポッドキャストを聴く(Apple/Spotify/popinWAVE

VANSの名作スニーカーは、ショーン・ペンの伝説的映画が大ヒットのきっかけだった

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

Hot Keywords