世界で最も売れたスニーカー、アディダス 「スタンスミス」の誕生秘話

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line
アイコニックなシルエットはそのままに、内側から見直し、高性能リサイクル素材「PRIMEGREEN」が採用されている。アッパーにはレザーと同じ外観、手触りのいい日本製のプレミアムPUコーティングを施したポリエステルを使用している。またアウトソールには天然ラバーとリサイクルラバーを、レース、ライニング、インソールもすべてリサイクル素材でつくられている。アイコンでありながら、未来に向けて再構築されたサステナブルな「スタンスミス」だ。¥14,300(税込)/アディダス オリジナルス

「大人の名品図鑑」スニーカー編#2

空前のスニーカーブーム。毎日のように新作が発表され、バブルと言っても過言ではない状況だ。スニーカーはもはや自分を表現する大切なツール。ファッションを超えた文化=カルチャーに近い存在だ。今回は、名品と呼ばれるスニーカーが誕生した時代背景やその特徴、アイコンとして登場する映画などについて紹介する。

スニーカーの原点と言える真っ白なスニーカーの中で、現在でも圧倒的な人気を誇るモデルがアディダス オリジナルスの「スタンスミス」だろう。

「シンプル・イズ・ベスト」をそのまま形にしたようなミニマルなデザインで、唯一目に付くのがアッパーの両側に入った三列のパーフォレーション(通気穴)。これがアディダスブランドのアイコンとも言える3本ストライプの役目も果たしている。実に秀逸なデザインである。どんなスタイルにも合い、老若男女誰にでも似合う。まさに流行を超えた存在。このシューズを見ない日はないほどの人気だ。

モデル名の由来は、名テニス選手として知られるアメリカのスタン・スミス。本名はスタンレー・ロジャー・スミスだ。アメリカ・カリフォルニアのパサデナで1946年に生まれ、早くからテニス選手として頭角を現し、1971年に全米オープンで優勝。デビスカップも獲得し、翌年にウインブルドンでも優勝を果たしている。シュータンに彼の肖像画とサインが描かれたいわゆるシグニチャーモデルだが、実はこのモデルの原型になっているのは1965年に登場した「ハイレット」というテニスシューズ。フランスのテニス選手であるロベール・ハイレのために製作されたモデルで、彼の名前を英語読みして「ハイレット」と名付けられた。このシューズをスタン・スミスも試合で使用していたが、ハイレ選手の引退とアディダスブランドのアメリカ市場への進出の時期が重なり、当時アメリカで注目されるテニス選手であった彼の名前をモデル名にしたというわけだ。

1973年に彼の名を冠したモデルの発売がスタートするが、90年代の時点で、すでに全世界で2000万足以上の「スタンスミス」が販売され、ギネスブックから「世界で最も売れたスニーカー」と認定されている。

---fadeinPager---

『がんばれ!ベアーズ』にも登場

この名スニーカーが登場する映画がある。1976年に公開された『がんばれ!ベアーズ』だ。アメリカの西海岸を舞台に弱小の少年野球チーム「ベアーズ」の活躍を描いた作品で、主人公のひとり、モリス・バターメイカーを演じるのはアカデミー賞も獲得している名優ウォルター・マッソー。もともと彼はマイナーリーグの選手で、引退後はプールの清掃をして暮らしていた。ひょんなことからこのチームのコーチを引き受け、最初は問題児ばかりのチームに手を焼くが、やがて快進撃をはじめるというストーリー。映画はヒットし、続編も製作された。このマッソー演じるバターメイカーが履いているのが白の「スタンスミス」。プリントシャツなどのカジュアルスタイルからジャケットを着用する時まで、いつも足元は「スタンスミス」。このシューズのオールマイティさを象徴するような着こなしを披露する。

映画の途中、靴の踵が見える場面があるが、どうも現在の「スタンスミス」に見られる「トレフォイル=三つ葉」のロゴマークがなく、ヒールは薄いグリーンの単色に見える。それは「ハイレット」時代のこのシューズの特徴のひとつで、もしかしたらマッソーが履いたのは「ハイレット」かもしれない。ずいぶんと履き込んでいるように見えるので、映画が製作される前に販売されていた「ハイレット」が使われたのだろうか。そんな想像をしてしまうくらい、長い歴史と販売数ナンバーワンの実績を持つ名シューズ「スタンスミス」への興味が尽きることはない。

---fadeinPager---

13.jpg
シュータンに刻印された名テニスプレーヤー、スタン・スミスのサイン入りの肖像画。このシュータンにもリサイクル素材が使われている。
名称未設定のデザイン (7).jpg
ヒールに入った同ブランドの象徴とも言える「トレフォイル=三つ葉」ロゴ。このモデルはロゴが型押しで入っている。

15.jpg
インソールに入った「PRIMEGREEN」の文字。同ブランドの高機能リサイクル素材のことで、アイコン的なモデルがサステナブルなスタイルにバージョンアップされた。

問い合わせ先/アディダスお客様窓口 TEL:0570-033-033
https://shop.adidas.jp/products/FX5522/

大人の名品図鑑のポッドキャストがスタートしました!

ポッドキャストを聴く(Apple/Spotify/popinWAVE

世界で最も売れたスニーカー、アディダス 「スタンスミス」の誕生秘話

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

Hot Keywords