まるで「急須」⁉ ジャパニーズモダンなフォルムの美しい電気ケトルが登場

  • 文:梶原博子

Share:

  • Line

木目調ディティールのパーツを配した、ジャパニーズモダンを感じる佇まいの電子ケトル「ケトル藤 7210JP」(最大容量1ℓ)¥11,000(税込)

電気ケトルの生みの親と言われる英国の家電ブランド「ラッセルホブス」から、ジャパニーズモダンスタイルの新商品が誕生した。「季節を大切にする日本の風土と社会で発展してきた日本料理の空間に寄り添える電気ケトルを」という発想から開発されたのが、この「ケトル藤 7210JP」。2021年9月17日(金)から全国百貨店・直販サイトでの発売を前に、日本最大のクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、数量限定で先行販売が始まった。


「ケトル藤 7210JP」は、木目調ディティールのパーツを配した、ジャパニーズモダンを感じる佇まいのステンレス製電気ケトル。日本のミッドセンチュリー時代の丸みを帯びたフォルムは、どこか懐かしく、土瓶や急須のように本体上部に取っ手を配置させている。上手のハンドルには、籐を模したアクセントが付き、本体は熟練した技術と手間をかけた美しく光沢を放つ鏡面仕上げだ。


女性や高齢者など、力が弱い人にも簡単にふたの開け閉めができるよう、ふたの内側をシリコン素材にしたソフトオープン構造や、ハンドル上部にある2ヵ所の突起によりグリップ感のよいアーチハンドルなど、使い心地にも配慮。オートオフ機能や空焚き防止機能も搭載して安心して使える機能も盛り込まれている。空間に凛とした静かな緊張感をもたらす「ケトル藤 7210JP」をキッチンやテーブルに置いて、ワンランク上の上質な日常を楽しみたい。

一般的な電気ケトルのように側面の取っ手ではなく、上手タイプにしているため、急須や土瓶のような感覚で使用できる。

凛とした佇まいで、インテリアにも調和するデザイン

ステンレス製の高級感のある佇まいで、インテリアにも調和するデザイン。

ふたの内側はシリコン素材で、軽い力で開け閉めができるストレスフリーな「ソフトオープン構造」を採用。

ハンドル上部にある2ヵ所の突起に指をひっかけられるグリップ感のよいアーチハンドルで、お湯が注ぎやすい。

使い心地に配慮した機能も満載

お湯がたっぷり入って重くなったケトルでも本体底面にある突起が本体を補助し、手を添えて注ぎやすい構造になっている。

内部はすべてステンレス素材のため、湯を沸かした時のプラスチックの臭いが気にならない。

ハンドルやスイッチには、日本の茶器を思わせる木目調のパーツを使用。

Makuake
https://www.makuake.com/project/russellhobbs03/

※日本最大級クラウドファンディング「Makuake」にて先行発売中。最大30%の割引価格での販売の他、Makuake限定セットとして、美濃焼のマグカップ「Cores キキマグ」とのセットや、おうち時間が楽しめる特別プランも多数用意。

大石アンドアソシエイツ
http://russellhobbs.jp

まるで「急須」⁉ ジャパニーズモダンなフォルムの美しい電気ケトルが登場

  • 文:梶原博子

Share:

  • Line

Hot Keywords