有名シェフのデザートが、無印良品で味わえます

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

「シェフズ デザート プロジェクト」第1弾は、渥美創太シェフの「ヌガーグラッセ」¥650円(税込)。ナッツとドライフルーツ、クローバーの蜂蜜をたっぷり入れたヌガーグラッセを、ゴーフレット生地で挟んでいる。程よい甘さと、食感が特長。

6月24日から世界各地で活躍するシェフのオリジナルデザートを味わえる、「シェフズ デザート プロジェクト」が無印良品でスタートした。

現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、多くの飲食店や食材の生産者が苦境に立たされている。そこで企画された「シェフズ デザート プロジェクト」は、人と人、自然、社会をつなぐプラットフォームでありたいと考える無印良品が主体となり、各地域で大切に育てられた食材を活かし、生産者と消費者、地域の人々とのつながりを構築しているシェフと協働し、良い循環や環境を生み出そうとするものだ。プロジェクトには6名のシェフが参加。それぞれのシェフが考案したデザートメニュー1品が、約2カ月間 Café&Meal MUJIなどで販売される。

第1弾となる「ヌガーグラッセ」を考案したのは、フランス・パリ11区にあるレストランMAISONの渥美創太シェフだ。「素材の力をそのままお皿に乗せる」という思いで料理をつくる渥美シェフ。今回のヌガーグラッセでは、フランスの伝統菓子をMAISONらしくアレンジした。

今後、第2弾はアル・ケッチァーノの奥田政行(8月26日~)、第3弾は出張料理人の岸本恵理子(10月下旬〜)、第4弾はau decoの掛川哲司(2022年1月〜)と展開。約1年間、挑戦を続ける名料理人たちのコラボデザートが楽しめる予定だ。
 

【関連記事】

実は“羊羹”は非常食に最適だった! とらやが「小形羊羹 手ぬぐい包み」を発売
鰹節の老舗「にんべん」から話題のフード「飲む茶碗蒸し」が登場
東京のカフェで世界を旅する! 各国のコーヒー文化が味わえるカフェ7選

左から渥美創太シェフ、岸本恵理子シェフ、掛川哲司シェフ、奥田政行シェフ。

Café&Meal MUJI 「シェフズ デザート」プロジェクト

●第1弾 渥美創太「ヌガーグラッセ」(6月24日~8月25日)
販売店舗:日本全国のCafé&Meal MUJI、Café MUJI、MUJI Diner銀座
※Café&Meal MUJI みんなみの里は対象外。持ち帰り不可。販売状況については店頭にて確認を。

●第2弾 奥田政行(8月26日~)

●第3弾 岸本恵理子(10月下旬〜)

●第4弾 掛川哲司(2022年1月〜)

※以降も、確定次第Café&Meal MUJI、Café MUJIの店頭、またはHPにて案内予定。
https://cafemeal.muji.com/jp/


 

有名シェフのデザートが、無印良品で味わえます

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords