深澤直人デザインのバウンサー「Wuggy」が発売 

  • 文:荒井貴彦

Share:

  • Line

シートの内側についているヘッドピローが赤ちゃんの頭をしっかりと支える。また、外側にあるベルトでヘッドピローの位置を上下に調節できるので、成長や体格にあわせて使用ができる仕様。「Wuggy(3Dメッシュ ナイトオーシャン)」¥27,500(税込)

ピジョンは、プロダクトデザイナー深澤直人がデザインしたバウンサー「Wuggy(ウギー)」を発表した。2021年7月1日(木)から全国のアカチャンホンポとネット通販「オムニ7」にて先行発売し、2021年10月1日(金)からは全国の主なベビー専門店などで販売を開始する。

「Wuggy」はデザイン性と機能性を両立させた新製品。ネーミングは、赤ちゃんがバウンサーで楽しそうに遊んでいる様子がブギウギダンスを踊っているように見えたことから名づけられた。

心地よくフィットする立体縫製のシート、赤ちゃんの成長や体格にあわせて位置を調整できるヘッドピロー、ウレタンで包まれたフレームなど、赤ちゃんにとって快適な乗りごこちが続く機能が充実している。カラーはナイトオーシャン、クリアスカイ、ピュアサンド、アーバングレーの4色。ベーシックなカラーバリエーションはインテリアにも馴染みやすい。

深澤直人は以下のようにコメント。「昔、自分の娘がアメリカで生まれた時、バウンサーを使っていました。バウンサーに乗せて私たちの姿が見えると機嫌よく、彼女がその場に参加しているように感じました。バウンサーを自分の手でデザイン出来ると思っていませんでしたが、そのような平和で幸せだった時の思いが込められ嬉しいです。バウンサーには一緒に親子で過ごす時間を実現させてくれる、不思議な魅力があるのです」


【関連記事】

読み聞かせにぴったりな、親子の情を描いた絵本9冊
子どものころに誰もが読んだ、ロングセラー絵本、『ちいさいおうち』が伝えるメッセージとは?
こんな保育園を待っていた! チームラボの建築集団が「情報社会」を生きる子どものためにつくった最新空間とは。

「Wuggy」はマトリョーシカのような、赤ちゃんを包みこむような輪郭にしたと語る深澤直人。

カラーはスタンダードな4色展開。

しっかりとしたフレームは、赤ちゃんの手足が当たっても痛くないよう、ウレタンで包まれている。

問い合わせ先/ピジョン株式会社 お客様相談室
0120-741-887
https://support.pigeon.co.jp

深澤直人デザインのバウンサー「Wuggy」が発売 

  • 文:荒井貴彦

Share:

  • Line

Hot Keywords