神秘的な写真に癒される、大宮エリー初の写真作品集が2冊同時発売

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

左:『SACRED SPACE』、右:『SHASTA』、各サイズH297×W223×mm、各72ページ、各4,500円(税込)

映画監督や作家として活動する⼤宮エリーにとって初となる写真作品集 『SACRED SPACE』 と『SHASTA』 が、2021年6⽉23⽇(⽔)に2冊同時発売される。

2020年、⾃らの癒しとチャージのため訪れた⻑野・諏訪⼤社の御柱と北海道・洞爺湖、そして転機を起こすため2012年に訪れた⽶・カリフォルニアの聖地とされるシャスタ。さまざまなパワースポットで⼤宮エリーが撮影した写真を、本⼈監修のもと 『SACRED SPACE』 と 『SHASTA』の2冊の作品集として収めた。

大宮は、「置くだけで、”その場が清まる本”できました。写真集というよりも、これ自体が作品なのです。1冊1冊ていねいににつくりました。いわば”置けばパワースポット”。ついでに、聖地の解説付き!『枕元に置くと安眠できた!』との声も。遠くに行かずとも、おうちでリフレッシュしていただけたらと思って制作いたしました」とコメント。

作品集は大宮エリー公式オンラインショップにて発売される。神秘的でエネルギーあふれる写真に、癒されること間違いなしだ。

大宮エリー自ら撮影・監修した写真作品集とは?

『SACRED SPACE』

「身体の痛みがとれた場所でもあり、ものすごくパワーのある場所。諏訪⼤社のとある場所、また、京都のとある場所の⽵林。そしてアイヌの⽅々の聖地ともいわれる洞爺湖の⽔⾯から⾒えたものとは。崇⾼なエネルギーとみずみずしい気を1ページ1ページに⼤切に封じ込めました。めくるだけで、浄化される感覚。(大宮エリーによる解説)」


「SHASTA」

「2012年に訪れたアメリカ内陸部にあるシャスタ。ネイティブアメリカン、ナホバ族の聖地。その地下には巨⼤なクリスタルが埋まっているとも?呼ばれた⼈しかおとずれることができないといわれそこを訪れると⼈⽣の転機や、魂の歓喜が起こるといわれます。パワーをシャワーのように浴びることができる⼀冊。(大宮エリーによる解説)」

【関連記事】

大宮エリーが選ぶ、井上陽水楽曲のMY BEST 3──「少年時代」のまぼろし感は、私の思春期そのもの

作家・川上未映子が感じとる、“写真”という表現の面白さとは?

せつなさが身に沁みる、ねこの絵本3冊

問い合わせ先/⼤宮エリー オンラインショップ
https://ellie-office.shop-pro.jp/

神秘的な写真に癒される、大宮エリー初の写真作品集が2冊同時発売

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

Hot Keywords