インテリアにメキシコの夏色を! 「rrres」のテキスタイルが巡回展を開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

「rrres」の作品の一部。ラグは4〜6種類が展示販売される。100×160cmで¥82,500(税込)〜。

2021年6月6日からメキシコ・オアハカ発のデザインスタジオ「rrres(アールイーエス)」の巡回展「Unknown Territory」が移動式ギャラリー・KIAN主宰で開催される。

「rrres」は、グラフィックデザイナー、ハビエル・レイエスが主宰すするデザインスタジオ。ラテンアメリカの強い日差しや街並み、自然の風景からインスピレーションを得て、色や形をデザイン。そこに地域の職人の手仕事を加え、現代的なインテリアアイテムに仕上げている。

日本初上陸を機に開催される本展は、カリブ海に浮かぶドミニカ共和国の出身であるレイエスが、ラテンアメリカという地やそこにいる人々を見つめ、文化の境界線に潜む”未開の地域”や “未知の領域” の存在を探り、その意味を理解しようとするもの。約 20 点の作品が展示され、購入することも可能だ。

展覧会は、6 月 6 日から19 日の東京・富ヶ谷「HALL by Sellenatela」での開催を皮切りに、8 月20 日 から30 日に愛知・名古屋「cont」、9 月12 日から18 日 に 東京・自由が丘「KIAN Showroom」を巡回。ラテンアメリカ、オアハカ・メキシコから届けられる「rrres」の作品を取り入れて、夏仕様のインテリアへと変えてみてはどうだろうか。


【関連記事】

気分に応じて場所選び。ワンルームのワークスペースを使い倒す

午前中は仕事、午後は子どもとの時間。自然豊かなサルデーニャでテレワークを

ハンス・J・ウェグナーの名作椅子が、チーク材の特別仕様で数量限定販売

左が職人と談笑するハビエル・レイエス。

ラテンアメリカの感性が、職人の手によって織り込まれている。

ラグのほか、タペストリーやブランケットなども販売。写真中央のタペストリーは、50×240cmの大きさで¥44,000(税込)。写真奥のクレイピースは21cm〜の大きさで33,000(税込)〜。

ベッドに掛けられたブランケットも販売。165×240cmで39,600(税込)。「rrres」のアイテムを取り入れることで、インテリアに彩りを与えてくれるはずだ。

rrres “Unknown Territory” Curated by KIAN

開催期間:2021年6月6日(日)〜19日(土)
開催場所:東京都渋谷区富ヶ谷 2-16-8-2F
HALL by Sellenatela
TEL: 03-6419-7732
開館時間:13時〜18時30分
休館日:月曜
無料
https://www.sellenatela.com

開催期間:2021年8月20日(金)〜30日(木)
開催場所:愛知県名古屋市昭和区福江 1-15-18
cont
TEL:052-228-6675
開館時間:11時〜17時
休館日:なし
無料
https://soycandle-sheep.com

開催期間:2021年9月12 日(日)〜18日(土)
開催場所:東京都目黒区自由が丘 1-3-21-3F
KIAN Showroom
TEL: 03-5731-6980
開館時間:13時〜18時30分
休館日:月曜
無料
https://kian.co.jp

※開催日時・内容などが変更となる場合があります。事前の確認をお薦めします。

インテリアにメキシコの夏色を! 「rrres」のテキスタイルが巡回展を開催

  • 文:宇治田エリ

Share:

  • Line

Hot Keywords