ハンス・J・ウェグナーの名作椅子が、チーク材の特別仕様で数量限定販売

  • 文:栃原菜穂子

Share:

  • Line

絶妙な木部の曲線からは、圧倒的なクラフツマンシップを感じることができる。スウィヴェルチェア チーク材モデル¥2,948,000(税込)

北欧家具を中心にインテリアコーディネートと販売を行う東京・銀座のダンスク ムーベル ギャラリーで、1955年にハンス・J・ウェグナーがデザインした、「PP502 スウィベルチェア」をチーク材で製作した特別仕様の椅子が数量限定で販売される。

デザイナーでもあり、木工職人だったデンマークのデザイナー ハンス・J・ウェグナーの作品は、職人ならではの視点で木の使い方にこだわり、なおかつ木の魅力を引き出したデザインを数多く生み出している。その中でも、木で表現する曲線が美しいチェアのひとつが 「PP502 スウィベルチェア」だ。通常は「オーク材・アッシュ材・チェリー材」の3木種のみの展開だが、今回販売されるのは、チーク材の特別仕様だ。

そもそもPP502 スウィベルチェアがデザインされた背景は、ハンス・J・ウェグナーがデザインした「PP571 アーキテクツデスク」を初めて購入した医師から、「このデスクに合わせてチェアをデザインして欲しい」という依頼から始まったといわれている。このチェアがデザインされた1950年代は、全世界的に人間工学を考慮したチェアが主流になった時代。このスウィベルチェアも、ウェグナーと医者との対話により、人間工学を意識してデザインされたもの。背もたれ・アーム部分の木部の流線形は、身体へのフィットを実感させ、ベースには木材だけでなく、アーキテクツデスクと同じスチールの素材を使用し、デスクとの一体感がある。この機会に北欧の名作椅子の特別仕様を体感したい。


【関連記事】

名作椅子に恋して。

北欧に名作椅子をもたらした、温故知新のデザイン

安藤忠雄やピーター・マリノがデザイン。ヴェネツィアングラスブランド、ヴェニーニの展示が開催

1955年にデザインされたスウィヴェルチェアのウェグナーの作品の数多くは、脚から座面まで木材を用いられていることが多く、このようにスチールと木の融合から生まれた家具は、そこまで多くない。

問い合わせ先/ダンスク ムーベル ギャラリー
https://www.republicstore-keizo.com

ハンス・J・ウェグナーの名作椅子が、チーク材の特別仕様で数量限定販売

  • 文:栃原菜穂子

Share:

  • Line

Hot Keywords