圧倒的スケールを誇る、アメリカの世界遺産をいくつ知っているか?

  • 文:稲石千奈美

Share:

  • Line

雄大な自然や、自由を勝ち取った歴史をもつアメリカ。そんな超大国が誇る、圧巻の世界遺産を見よ!


発掘が続く、先プエブロ族の居住遺産(メサ・ヴェルデ国立公園)

©Sipa USA/amanaimages

「移民国家」といわれるアメリカの政治や国民分断の原因のひとつが、皮肉にも移民問題だが、この国にとって「移民」とは誰か。メサ・ヴェルデ国立公園は1978年にユネスコが初の世界遺産指定をした12の遺産のひとつ。6世紀から700年間にわたり先住民プエブロ族が暮らしたメサ・ヴェルデ。最初の600年は岩棚の上で暮らしたが、12世紀末には、突き出した岩の下にあるくぼみを切り出して居住を始めた。西部開拓時代に多くが破壊された遺跡だが、ここでは現在でも600を超える岩窟居住跡が保存されている。


自由と平等、民主主義誕生の地(独立記念館)

photo: AGE FOTOSTOCK/Aflo

国会議事堂に乱入があり、国中がゆさぶられた超大国アメリカ。深刻な国家分断、構造的人種差別、移民問題に直面するいまこそ、国家の誕生や憲法の歴史と意義を改めて考えたい。アメリカ合衆国誕生の地として知られるフィラデルフィアの独立記念館は、1776年7月4日、13州植民地の代表者が集会し、独立宣言書に署名したヒストリカルな議事堂だ。続いて独立宣言が行われ、87年には憲法成立に署名。当時、フィラデルフィアは首都としても機能した。万人で尊重されるべき自由と平等、人権が謳われた史実の価値を実感する。


地球形成の謎を解く? 世界最長の洞窟(マンモス・ケーヴ国立公園)

©Alamy/amanaimages

アメリカの大自然国立公園はグランドキャニオンやイエローストーンが有名だが、マンモス・ケーヴ国立公園には世界最長といわれる洞窟が存在する。場所はケンタッキー州、大阪市ほどの面積の国立公園の地下に潜む鍾乳洞は、複雑に入り組んだ路で構成されている。660m以上が調査済みだが、いまも研究は続く。地下の洞窟探索はガイド付きのツアーがあり、地上ではカヌーやキャンプが楽しめる。地質学、生物学的に貴重な研究素材が残されている洞窟は、その価値から世界遺産とともに、国際バイオスフィア保護区にも指定されている。

アドビ建築に息づく、先住民の当時の暮らし(タオス・プエブロ)


©Alamy/amanaimages

ニューメキシコ州タオスに近いタオス・プエブロ。13世紀後半から14世紀にかけて建造されたアメリカ先住民プエブロ族の集落で、現在も居住が続き、文化が踏襲される「生きた文化遺産」だ。 壁に囲まれた「アドビ建築」の集落には、5階建て住居群や「キヴァ」と呼ばれる儀式用の地下室などがある。日干し煉瓦を重ね、外壁は泥を、内壁は明るい白土でコーティングする建造物は数世紀にわたりメンテナンスされてきた。元来は天井から出入りしていたが、現在ではドアや窓がある。電気や水道は未だにない。


国境のない、山と氷河の大自然(ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園)

©Alamy/amanaimages

アメリカ・モンタナ州のグレーシャー国立公園とカナダ・アルバータ州のウォータートン湖国立公園で構成。「人為的な国境なく、大自然を愛し守ろう」という運動がきっかけで、1932年に世界初の国際平和自然公園に指定。3000m級の山から流れる川が太平洋、大西洋、北極海に流れ込むのは世界でもここだけ。「グレーシャー」という名の通り氷河が見えるハイキングコースもあれば、ウォータートン湖周辺は草原が広がり、高山植物や森林、野生動物の棲息地。気候変動の影響で縮小する氷河だが、壮大な景観と自然はまだ体験できる。


巨匠の名作、8建築を一挙に指定(フランク・ロイド・ライトの20世紀建築)

photo: robertharding/Aflo

ユネスコは2019年、フランク・ロイド・ライトによる近代建築への多大な影響を評価。環境と共存する有機的な建築、内と外の境界を外し自由に活用できる様式、画期的な新素材や組み合わせなどを特長とする8つの傑作(グッゲンハイム美術館、落水荘、タリアセン、タリアセン・ウエスト、ユニティ・テンプル、ホリーホック邸、ハーバート&キャサリン・ジェイコブス邸、フレデリック・C・ロビー邸)を世界遺産に指定した。写真は、ライト本人も暮らしたタリアセン・ウエスト。環境や目的により変化に富むデザインを比較して堪能したい。


【関連記事】日本とは異なる、米国における性教育の実態

圧倒的スケールを誇る、アメリカの世界遺産をいくつ知っているか?

  • 文:稲石千奈美

Share:

  • Line

Hot Keywords