シンガポールのクリエイター夫婦のテレワークは、「空間をシェアしながら異なる時間・スタイルで働く」

  • 写真:蛭子 真
  • 文:Koba.A

Share:

  • Line

娯楽室がテレワークに対応してメインの仕事場に。長時間ここで過ごす妻の必須品は、コーヒーを入れたKINTOのトラベルタンブラー。

シンガポールの市街地中心部から車で20分ほど、閑静で気取りのない郊外の住宅地に建てた自邸。細長の敷地に足を踏み入れると、下方にオープンエアの大きなバルコニーが広がる。先にはスイミングプールも!「ここは現代風カンポンハウス」(カンポンとは、マレー語で集落の意味)だとオーナーのヤン・ヤオが語るように、周囲に開かれた風通しのよいダイナミックな空間が心地よい。この住宅は昨年、同国の建築学会の最高賞を受けた評判の建築だが、実はヤンとその妻のチンアン・ウィーのふたりが一緒にここで居住するのはまだ数カ月ほど。チンアンは単身赴任していた上海から5月に帰任したばかりだ。

クリエイティブ・ディレクターとして数々の広告・デザイン賞を受賞、現在は日本の広告代理店のコンサルタントとして活躍するヤンと、仏系大手広告代理店のアジア・パシフィックのCEOとして各国のマネジメントチームを統率するチンアン。同業界に身を置くが、クリエイティブとマネジメントと、ふたりの仕事は大きく異なる。

「彼女の仕事のほうが僕よりも大切だから」と笑うヤン。娯楽室として使用していた部屋が、チンアンの帰任と同時にホームオフィスに。この部屋を占拠するのはもっぱらチンアンのほうだ。「典型的な夜型なので朝はギリギリまで寝ている」という彼女は起床と同時に仕事を開始、異なるタイムゾーン地域とのミーティングも多いために、ほぼ終日デスク前に拘束され仕事に忙殺される日々だ。

対照的に早起きのヤンは、目覚めるとバルコニーに降りて早朝のひと時をゆっくり過ごし、ターメリックティーを飲む。朝食は必ず取り、ミーティングやプレゼンの合間にはガーデニングを楽しみ、プールに飛び込む。この4年間、自宅をメインとしたノマド的なワークスタイルを実施してきているので、自邸空間を謳歌しつつ、マイペースなテレワークのスタイルがすっかり身についている印象だ。

「もちろん、皆で一堂に会してものをつくるプロセスはなににも替えがたいが、家のトイレにいてもインスピレーションは湧くし、どこでも仕事はできる」と夫が言えば「月に3、4回は出張する日常、ずっと家に閉じ込められているのはストレス。新しい楽しみを見出すことがチャレンジ」と妻。自邸のガーデンでハーブを育てる喜びを知ったのは意外な発見だとか。

空間をシェアしながらも異なる時間、スタイルで働くという夫婦のテレワークの心地よい日常が出来上がってきているようだ。

ノマド式ワークスタイルが身についているヤンは、その時の気分でダイニングスペースや、広々と風通しのよい屋外空間など、回遊性のある自宅のあちこちを移動しながら仕事をする。家中に飾られたアーティストや写真家の友人たちの作品もインスピレーションの源だ。

夫妻で寛ぐひと時。常夏のシンガポールでは自邸のプールは最高のリフレッシュ施設だ。仕事の合間に植栽やハーブガーデンの手入れにも精を出す日々。現在まだコロナ感染予防のための規制が続き大人数で集まれないが、このオープンスペースは友人たちを招いて集う場所でもある。

ウイスキー・ジンコレクションは妻のもの。東京に2年単身赴任していたこともあり、ジャパニーズ・ウイスキーには目がない。

地元の著名建築家による自邸の外観、新築からまだ2年。

シンガポールのクリエイター夫婦のテレワークは、「空間をシェアしながら異なる時間・スタイルで働く」

  • 写真:蛭子 真
  • 文:Koba.A

Share:

  • Line

Hot Keywords