日常と非日常の「間」にある、現在を見つめ直すアート作品が集結

  • 文:川上典李子

Share:

  • Line

岩崎貴宏『アウト・オブ・ディスオーダー(コニーアイランド)』2012年 個人蔵 ©Takahiro Iwasaki, Courtesy of ANOMALY

【Penが選んだ、今月のアート】

日々の些細な出来事、心の機微、無意識になされる創造行為、変化の中で受け継がれていくもの。日常が大きく変わってしまったいま、そもそも日常とはなにか、作家の表現を通し見つめ直す。「誰が袖図」をモチーフとする岩崎貴宏の新作をはじめ、コロナ禍に制作された作品も。修復の様子を不定期公開する竹村京など7組11名が出展。

『日常のあわい』
開催期間:4/29~9/26
会場:金沢21世紀美術館
TEL:076-220-2800
開館時間:10時~18時(金曜、土曜は20時まで) ※入場は閉場の30分前まで
休館日:月(5/3、8/9、9/20は開場)、5/6、8/10、9/21
料金: ¥1,200(税込)※日付指定予約制
https://kanazawa21.jp

※臨時休館や展覧会会期の変更、また入場制限などが行われる場合があります。事前にお確かめください。

Hot Keywords