ハワイと沖縄、ふたつの島文化で織り上げたホテル「ハレクラニ沖縄」

  • 写真:井田佳明
  • 文:新崎理良子

Share:

  • Line

ビーチフロントウィングから望む伊武部(いんぶ)ビーチ。ハワイから受け継ぐ中庭のオーキッドプールは、約150万枚のタイルでシンボルのカトレアをかたどった。

ハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味する「ハレクラニ」。その物語は、1883年にハワイのワイキキビーチに建てられた小さなビーチハウスから始まる。当時の所有者が地元の漁師をねぎらうために一部を開放したところ、温かいもてなしを受けた彼らの間で、「ハレクラニ」と呼ばれるようになったという。1917年、正式に「ハレクラニ」と名付けられ、ホテルハレクラニが誕生。世界のセレブリティに愛される名門のラグジュアリーリゾートとして華やかな歴史を歩み続けてきた。

1世紀にわたりハワイで培ってきたレガシーを受け継ぎ、この日本の地で開業した「ハレクラニ沖縄」。世界中でさまざまな候補地が浮かんでは消え、約30年をかけてたどり着いた第2の楽園が、沖縄県恩納村(おんなそん)だった。豊かな自然が守られてきた沖縄海岸国定公園内に有する約8万7000㎡の敷地は、ハワイの4倍近くの広さ。壮大なスケールで描く新たな物語の始まりに、国内外から熱い視線が注がれている。

沖縄の建築を象徴する花ブロックを配したサンセットウィングの外壁。ランドスケープデザインには、沖縄ならではの石積みや植栽などを巧みに取り入れている。

ロビーに足を踏み入れると、壮大な海のパノラマが視界に飛び込む。天国を思わせる滞在の始まりに、胸が高鳴る瞬間だ。夕暮れ時にはオレンジ色に染まる絶景を堪能できる。

エントランスのクルマ寄せ。石畳や赤瓦など琉球文化を継承する建材が随所に見られる。

沖縄の雄大な自然を活かし、次なる100年の物語を。

ハワイのハレクラニのオールデイダイニング「ハウス ウィズアウト ア キー」が上陸。

岬の突端という地形を活かし両翼に分かれた宿泊棟は、天然温泉を備えた5室のヴィラと47室のスイートを含む全360室。客室は、海への眺望を最大限に切り取るため、敷地に沿わせて建物を細かく分け、全室オーシャンビューを実現した。空間デザインはニューヨークのシャンパリモー・デザイン、景観はハワイのベルト・コリンズが手がけ、恩納村の雄大な自然に調和するように赤瓦や花ブロックなど沖縄のエッセンスを加えている。特筆すべきは、ハワイから継承された「セブン・シェイズ・オブ・ホワイト」を採り入れた内装だ。オフホワイトやアイボリー、ライトベージュなど7つのトーンの優しい白が、海と空の青のみならず、移ろう影の美しさを際立たせる。

食のシーンを彩るのは、ミシュラン2つ星「フロリレージュ」の川手寛康シェフが監修する「シルー」をはじめとする、4つのダイニングとバー。ハワイで生まれた伝説のメニューや、沖縄食材を活かした独創的な味の数々が旅の記憶に色濃く残るはずだ。

この地にハレクラニを導いたものは、ハワイと共通する歴史背景や人の温かさにもあるという。ホテルの核となってきた「オハナ(家族)の精神」は、沖縄でも確実に受け継がれ、沖縄らしいおもてなしの心と合わさった。家族のような信頼で結ばれたスタッフがイキイキと働き、家族を思うような心でゲストを迎えている。沖縄で着々と動き始めたハレクラニの第2章。楽園リゾートを象徴するカトレアのごとく大輪の花を咲かせるのだろう。

ハワイと同じミックス粉に沖縄特産のタイモを混ぜふわふわに仕上げた「リコッタチーズのスフレパンケーキ」¥2,500(税・サービス料込)

「ハレクラニ ジョイズ スペシャル」¥¥3,300(税・サービス料込)など同じメニューも。「蟹のサンドイッチが食べたい」というジョイちゃんのリクエストに応じて考案したという。

美しい夕陽を眺められるサンセットバー「スペクトラ」。タコライスの味を再現したりスモークガンを用いたりと、最新の技を駆使したミクソロジーカクテルがウリ。

ハワイ伝統のカクテルもお薦め。左から、ラム酒にグァバジュースなどを加えた「ハレクラニサンセット」¥2,150(税・サービス料込)、「マイタイ」¥2,300(税・サービス料込)

沖縄の言葉で白を意味する「シルー」では、「フロリレージュ」の川手寛康シェフが監修した、沖縄でしか体験できない革新的な料理を味わえる。

ディナーは¥17,500(税・サービス料込)のコースのみ。沖縄食材をさまざまな調理法で仕上げて出す。写真は沖縄県魚のグルクンを使った魚料理。

244㎡の広さを有する、サンセットウィング最上階に位置する「ハレクラニスイート」。ワイドな景色を独占するジェットバス付きのバルコニーにて、サンセットの瞬間は至福のひと時。

バルコニーに面したリビングルーム。客室や館内に飾られたアートも必見。

海に向かって開かれたバスルーム。波の音をBGMにリラックスしたい。

スパ利用者専用に設けられた、肌に優しい弱アルカリ性の天然温泉。源泉は敷地内に湧く伊武部温泉。男女別に分かれており、女性側にはアロマミストサウナ、男性側にはドライサウナが付く。

沖縄で「命薬(ぬちぐすい)」と呼ばれる植物を取り入れたトリートメントとハワイのメソッドを融合させたスパ。カップルで施術を受けられるバス付きの特別なスパスイートも用意している。

※Pen2021年2/15号「物語のあるホテルへ。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載している内容から変更になる場合があります。

ハレクラニ沖縄

沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1
TEL:098-953-8600 全360室
デラックスオーシャンビューツイン¥75,823(税・サービス料込)~、ハレクラニスイート¥1,003,101(税・サービス料込)〜、クリフヴィラ¥258,544(税・サービス料込)〜
アクセス:那覇空港からクルマで約75分
www.okinawa.halekulani.com

ハワイと沖縄、ふたつの島文化で織り上げたホテル「ハレクラニ沖縄」

  • 写真:井田佳明
  • 文:新崎理良子

Share:

  • Line

Hot Keywords