「ガレリア御堂原」で、最高の温泉と日本の最新アートを満喫。

  • 写真:高山 剛
  • 撮影協力:DJI JAPAN
  • 文:Pen編集部 

Share:

  • Line

全室、別府湾を見下ろす向きに半露天風呂が設けられている。「宿づくりは土地との出合いから。いまこの地を使わせていただくことに感謝しています」と林社長。

源泉数は2200を優に超え、湧出量は比類なき豊かさ。日本一を誇る温泉の街・別府の山の麓に、大地から隆起したような赤茶色の建物が現れた、ガレリア御堂原だ。大巻伸嗣や西野壮平など、第一線で活躍中の作家の作品を何十点も擁して昨年12月にオープン。社長、林太一郎は言う。

「湯に浸かる体験を、いかに特別なものにするか?を考え抜きました」

まず、ガレリア御堂原に先立ち2015年に開業したテラス御堂原の設計者、ダブラエムの光浦高史に声をかけた。断層の崖という敷地から、光浦は「削り出された大地」として壁の群れが建物をかたちづくるような構造を考案。廊下は路地のように曲がり、ただ歩くだけでも目に楽しみがあるように。心休まる水盤は林のリクエストだ。

客室は半露天風呂付きで、浴槽はスイートを除き、黒御影石を彫ってくり抜いてつくった。職人の手による絶妙な石のカーブが背をそっと支える。湯はやわらかく、もたれれば包まれるような安心感──未知の心地よさの秘密は? 「石の遠赤外線効果もあるでしょう」と林。温泉も石も、大地から産まれたものゆえ相性がいいと話す。

エントランスを入ってすぐに水盤があり、向こうに中山晃子の映像作品『メディウム』が展示されている。鬼石坊主地獄で撮影した映像はドローイングのようでもある。

赤茶色の壁が所々に立ち、先が見えない路地を歩いているような感覚に。黒いパネルも単調ではなく5つのデザインがある。

大分県竹田市を拠点とするふたりの美術ユニット、オレクトロニカの『もう一つの風景』。別府の印象や物語を風景として再構成した。オレクトロニカ作品は客室や廊下など随所に。

フロントのカウンターは温泉の湯で金属を腐食させやすりをかけて仕上げた。ホテルのロゴはgrafがデザイン。

鈴木ヒラクの『ゆらぎから光へ』は現地制作。湯煙の「ゆらぎ」から宇宙へと想像を広げたという。シルバーのドローイングは星を思わせ動的なゆらぎのイメージを放つ。

ホテル建設現場から出た岩を用いた島袋道浩の『イワオ』はレストランに。作家に岩探しを頼まれ職人さんたちもこの岩か、あの岩か?と盛り上がった。

削り出された大地のような、壁の群れが立ち上がる。

客室の半露天風呂はすべて源泉かけ流し。黒御影石をくり抜いた湯舟は岩盤浴にも似た優しい温かさで身体を支え、やわらかな湯とあいまって、想像をはるかに超えた心地いい温泉体験をもたらす。

温泉だけでも魅力にあふれるが、なぜそこにアートだったのか?

「世界の人々が楽しめるものを考えたら、アートしかないと。アートは言葉を超えて通じるものですから」

キュレーションは2005年より別府でいくつものアート・プロジェクトを立ち上げてきた山出淳也に依頼。展覧会や制作拠点など、大分と関わりのある作家に声をかけた。驚くのは、ほとんどが別府をモチーフとした新作であること。大巻伸嗣は別府の歴史や記憶を作品に刻み、西野壮平は別府で100湯以上を撮影、島袋道浩は地元の岩と食事をともに楽しめる体験型の作品『イワオ』を制作。山出は「ホテルの中で作品と作品が対話をするような関係性も生まれたように思う」と語る。

さらに林社長には、次の構想がある。「アートツアーや、鶴見岳のアクティビティを考えています。お客様と別府の人々の間で『交流』が生まれたら再訪したくなりますから」

夜は身を湯に預けて星を眺めよう。翌日、アートに心が波打つのを感じた昼下がり。再び湯に浸かれば、視線の先は空と別府湾。走る船を見るうち心がほどけていく。ガレリア御堂原では2泊以上が正解だ。

西野壮平の『ジオラママップ ベップ 別府温泉世界地図』。昨年、計約1カ月強をかけて別府の100湯以上を撮った2万枚以上の写真を地図に即し貼り合わせた。別府の文化と人々の日常が薫り立つ。

ベッド上の壁紙に、「目[mé]」が別府市役所で発表した『奥行きの近く』のためのドローイングを転写。蒸気や霧で抽象化した別府の姿に着想を得たという。泉イネの作品を用いた客室もある。

スイートにかかるネルホルの『国有林 別府#2』。町や人が変わる中、環境として存在し続ける山や温泉を題材にした。見ているとホテルの外の森へつながっていくように感じる。

2ベッドルームスイートは、上階に黒御影石を張った広めの半露天風呂がある。

ロビーに下がる大巻伸嗣の『グラヴィティ&グレースーゆだま―』。別府の名所や人々がかたどられ、光が空間にその姿を描き出す。ベンチはクリエイティブ・ディレクションを手がけたgrafが制作。素材の生きようを空間の印象として残すため最小の機能に留めた。

※Pen2021年2/15号「物語のあるホテルへ。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載している内容から変更になる場合があります。

ガレリア御堂原

大分県別府市堀田5組
TEL:0977-76-5303 
全35室 ツイン¥38,500(税込)~、2ベッドルームスイート¥110,000(税込)~ 
アクセス:大分空港からJR別府駅まで空港バスで約50分、JR別府駅からクルマで約15分、別府ICからクルマで約3分 
https://beppu-galleria-midobaru.jp

「ガレリア御堂原」で、最高の温泉と日本の最新アートを満喫。

  • 写真:高山 剛
  • 撮影協力:DJI JAPAN
  • 文:Pen編集部 

Share:

  • Line

Hot Keywords