真夏に聴きたい! ナイト・テンポが語る大滝サウンドの魅力

  • 文:松永尚久

Share:

  • Line

大滝詠一の流れを汲む日本の若い世代の音楽はシティポップと呼ばれ、いまや国境を越えて支持されている。ブームの中心にいるナイト・テンポと原田夏樹に、その影響力について訊いた。

ナイト・テンポ●1986年、韓国ソウル生まれ。80年代の日本のポップスを中心に再構築し、フューチャー・ファンクというジャンルを生んだプロデューサー兼DJ。現在のシティポップ・ブームの火付け役と言われる。2019年にフジロックフェスティバルに出演。今年2月には「松原みき - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」をリリースした。

幼い頃になにげなく耳にした音楽のひとつに日本の1980年代ポップスがあり、自然にその世界の虜になってしまったというナイト・テンポ。

「この時代の音楽は、人々の暮らしが豊かだった雰囲気が伝わってくるというか、ロマンティックな風景が見えてくるんですよね。現代では、限られた空間で限られた人のためにつくられている楽曲が多い印象がします。けれど、あの頃の音楽はみんなで楽しめる雰囲気がある。それにも心を奪われてしまいます」

大滝サウンドも、80年代の音楽を追求していく中で、魅力を知るようになったと語る。

「松田聖子さんをはじめとした提供曲をきっかけに僕は知ったのですが、炭酸水のようなシュワっとした印象のサウンドが魅力的ですよね」

【ナイト・テンポが選ぶ大滝以降のシティポップ的ディスク】『タッチ・アンド・ゴー』(1986年)は、シンガー・ソングライター、角松敏生の6枚目のアルバム。「自分が思う1980年代の集大成的なアルバム。ディスコ、シティポップなど、あの当時に流れていた音楽の『お手本』みたいな。だからいま聴いてもフレッシュというか、洗練さが失われていません」

濃密な大滝サウンドは、 時代も国境も飛び超える。

【ナイト・テンポが選ぶ大滝以降のシティポップ的ディスク】1984年に発表した「君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。」で知られるミュージシャン、中原めいこの『ミ・ン・ト』(1983年)。「シティポップだけでなく、アイドル歌謡的な要素もあり、こちらも当時の音楽の雰囲気を集約しているような作品。歌詞も素晴らしく、特に『月夜に気をつけて!』は明るい気分になります」

また、大滝が生み出す濃密なサウンドは、海外でも評価が高いと話す。

「あの当時の音楽は、隙間があればコーラスや楽器などを入れる傾向にある。その感覚って、現代の人の『面白いものがあればジャンルにこだわらず取り入れる』ハイブリッドなスタイルに共通している部分だと思う。だから、時代を超えて世界的に共感されているのかなって」

最近は、杏里やWink、松原みきなどシティポップの源流を形成した楽曲をリ・エディットした「ザ・昭和グルーヴ」というプロジェクトが話題のナイト・テンポ。当時の輝きに、洗練されたエレクトロニックなビートなどモダンな感覚を加えて、幅広い世代から熱狂を呼んでいる。

ナイト・テンポ『松原みき‒Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』 ポニーキャニオン 配信限定 

「僕は別にシティポップとか、ジャンルを気にして選曲をしているつもりはないんです。子どものような感覚で、純粋にいいと思った音楽を紹介しているだけ。それがたまたま80年代の日本のポップスに集中していたのです」

最近は、過去の楽曲のリ・エディットだけでなく、オリジナル作品も精力的にリリースしている。

「シティポップというジャンルを気にせずに、80年代の豊かな音楽を追求していけたら。なぜなら、あの時代は素晴らしい音楽にあふれているので。そこにいまっぽいエッセンスを加えて、自分にしかできない音楽を追求していけたらと思います」

※こちらはPen 2021年4月1日号「大滝詠一に恋をして。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

真夏に聴きたい! ナイト・テンポが語る大滝サウンドの魅力

  • 文:松永尚久

Share:

  • Line

Hot Keywords