奇妙な住宅地を舞台にした、シュールなSFスリラー映画『ビバリウム』

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

© Fantastic Films Ltd/Frakas Productions SPRL/Pingpong Film

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】

トムとジェマは新居を探しているカップル。同じ家ばかりが立ち並ぶ住宅地で内見を終えると、不動産屋のスタッフは消え、車を走らせても景色は変わらないまま。住宅地から抜け出せなくなったふたりの元に、赤ちゃんが入った段ボール箱が送られてきて……。現代社会への風刺をスパイスにして、新鋭監督、ロルカン・フィネガンが描き出したシュールなSFスリラーだ。



絵画をめぐる人々の欲望を、生々しく照らし出すドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』

大金を追いかける老若男女、「欲」がうごめくサスペンス『藁にもすがる獣たち』。

晩年を迎えた暗黒街のドンが悪夢と現実の間をさまよう映画『カポネ』。

『ビバリウム』
監督/ロルカン・フィネガン 出演/ジェシー・アイゼンバーグ、
イモージェン・プーツほか 2019年 ベルギー・デンマーク・アイルランド
合作映画 1時間38分 3月12日よりTOHOシネマズシャンテほかにて公開。
https://vivarium.jp/

Hot Keywords