西洋絵画で描かれてきた、 危険な香りのモチーフを解説。

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

『背徳の西洋美術史 名画に描かれた背徳と官能の秘密』池上英洋/青野尚子 著 エムディエヌコーポレーション ¥1,980(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

西洋美術には、性的な表現や現代の倫理観ではタブー視される内容をモチーフにした作品が少なからずあるが、日本ではあからさまに語られない。本書では美術史家の池上英洋とアートライターとが、ポンペイの壁画に始まり近代絵画まで、不倫、売春、サディズム、少年愛、同性愛などを題材にした作品をセレクト。描かれたモデルの人物像や当時の社会状況、さらに画家の欲望にも踏み込んで解説。アートの楽しみがますます深まる一冊だ。



現代の私たちを取り巻く、“使いやすいデザイン”の歴史。

老化さえ食い止めれば、 人間の寿命は33年延びる?

石斧で建てた小屋に住み、 縄文式を実践する驚きの暮らし。

西洋絵画で描かれてきた、 危険な香りのモチーフを解説。

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

Hot Keywords