物議を醸した写真家、ヘルムート・ニュートンの光と影。

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

© Foto Helmut a, Helmut Newton Estate Courtesy Helmut Newton Foundation

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】

濃厚なフェティシズムが薫り立つ作品で知られる、ドイツ出身の写真家、ヘルムート・ニュートンのドキュメンタリー。ファッション誌で女性を撮り続け、エロティックな写真は議論を巻き起こした。登場するのは『VOGUE』編集長のアナ・ウィンターや被写体となったシャーロット・ランプリング、イザベラ・ロッセリーニら。唯一無二の世界観を貴重な証言で捉え直し、ニュートンの作品がはらむ光と影を浮き彫りにしている。



有名戯曲の誕生秘話に迫る『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』は、 舞台愛あふれるコメディ

詩人と妻、美しい青年―― 済州島で流れ出す愛の物語『詩人の恋』。

「ストレンジャー・シングス」のノア・シュナップ主演。少年が料理に見出した希望。

『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』
監督/ゲロ・フォン・ベーム
出演/シャーロット・ランプリング、イザベラ・ロッセリーニほか 2020年 
ドイツ映画 1時間33分 12月11日よりBunkamuraル・シネマほかにて公開。
https://helmutnewton.ayapro.ne.jp/

物議を醸した写真家、ヘルムート・ニュートンの光と影。

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

Hot Keywords