ポーター×マリネッラ、異色のコラボはスカーフとネクタイケースに注目せよ。

  • 文:小暮昌弘

Share:

  • Line

日本のバッグブランド、ポーター(PORTER)とイタリアの老舗ネクタイブランド、マリネッラ(E.MARINELLA)のコラボレーションが発表された。11月21日(土)~12月25日(金)に「PORTER OMOTESANDO」にてコラボイベントも開催中。

ハイブランドからドメスティック、スポーツブランドまで、最近はさまざまなブランド同士のコラボレーションが行われているが、予想を超えた組み合わせのコラボが突如発表された。日本を代表する人気バッグブランドのポーター(PORTER)と、イタリアの老舗ネクタイブランドであるマリネッラ(E.MARINELLA)のコラボレーションがそれだ。

ポーターは今年で創業85周年を迎える吉田カバンを代表するブランドで、同社初の自社ブランドでもある。1962年にブランドが誕生して以降、メイド・イン・ジャパンの高い技術力で、現代的かつ機能美あふれるデザインのバッグを作り続けてきた。日本だけでなく世界的に多くファンを持つポーターのブランド名は、常に鞄に触れて、その良し悪しをよく知る職業である「ポーター」に由来する。

一方、マリネッラがイタリアのナポリで創業されたのは1914年。「セッテピエゲ(=7つ折り)」と呼ばれるマリネッラならではの手法で仕立てられる美しいネクタイは、しなやかで結びやすく、世界中の紳士に愛用されている。イタリアではネクタイを“結ぶ”ように人と人を“結ぶ”という意味合いを込めて、首相が外交する際にはマリネッラのネクタイをプレゼントするという逸話があるほど。1994年のナポリサミットの折りには、世界各国から集まった首脳たちに、6本のマリネッラのネクタイを収めたボックスが贈られた。

同じファッションブランドではあるものの、バッグブランドとネクタイブランドという、それぞれ違うフィールドで抜群の知名度を持つ両者。コラボによっていったいどんなアイテムが生まれ、どんな化学反応を起こすのか、楽しみである。

表参道の奥まった住宅地にショップを構えるPORTER OMOTESANDO。2階のthe PORTER Gallery 2で、今回のコラボ商品からマリネッラの定番や新作までが一堂に揃う。マリネッラのブランドのこだわりや歴史がわかるパネルも用意されている。

「ポーターは職人的な技術を生かした日本国内での生産にこだわり、高い品質を徹底的に追求してきました。同じようにマリネッラは、イタリアで職人的で高い品質のネクタイをつくり続けてきたブランドです。そうしたものづくりに対するお互いのビジョンに共感したことが、コラボのきっかけです」と、今回のコラボレーションを担当した吉田カバン開発・リテール事業部の遠藤亮さんは語る。

今回、2つのコラボアイテムが新たに製作された。ひとつが、マリネッラが製作を担当したバンダナ柄のスカーフ。イタリア製のシルク100%の生地を使い、イタリア国内で仕立てたもの。柄はポーターで定番的に展開していたコットン素材のバンダナがモチーフで、64cm×64cmと大判。スカーフとしても使えるし、アスコットタイのように胸元に巻いてもいいだろう。もちろん女性でも似合うという、イタリア生まれならではの上品でエレガントな味わいを備えている。

マリネッラが製作を担当したシルク100%のスカーフ。柄はポーターのオリジナル柄で、端に今回のコラボを記念した両ブランドのロゴをプリント。カラーはブラック、オレンジ、オリーブ、ネイビーの4色展開。W64×H64cmイタリア製。PORTER OMOTESANDO、PORTER MARUNOUCHI、吉田カバンオンラインストアのみ展開。¥24,200(税込)/マリネッラ×ポーター(PORTER OMOTESANDO)

もうひとつがネクタイケースで、こちらはポーターが製作を担当。「今回は、これまでなかった新しいデザインのネクタイケースになります」と遠藤さん。メイン素材に光沢あるナイロンツイルが使われ、ボンディング加工による柔らかな感触がポーターらしい。内部は、マリネッラらしいネイビーカラーが採用されている。

「これまでマリネッラのオリジナルのネクタイケースは、ヨーロッパで多く見られるネクタイをそのままパネル状に収納するタイプでした。ただ、その形状だとかさばるのでなかなか日本の人は持ち運ばなかったのです。今回はいちから考えていただき、保形力に優れたデザインにしました。加えてワンアクションでファスナーが開けられ、上部のファスナーを開ければ容量が増えてネクタイを2本まで収納できます」。そう話すのは、今回の企画を担当した、マリネッラ ナポリのマネージャーを務める外島大輔さん。

ポーターがデザイン、製作を担当したネクタイケース。同ブランドらしいナイロン素材を採用、ボンディング加工によるケースは保形力も優れている。内装にはマリネッラのネクタイで使用されているネームタグが取り付けられている。カラーはブラック。W9×H12〜17cm。PORTER OMOTESANDO、PORTER MARUNOUCHI、吉田カバンオンラインストア、マリネッラ ナポリ 東京ミッドタウン、丸の内 フローエンス トウキョウのみの展開。¥20,900(税込)/マリネッラ×ポーター(PORTER OMOTESANDO)

今回のスペシャルなコラボレーションを記念して、PORTER OMOTESANDO the PORTER Gallery 2で、12月25日まで期間限定のイベントを開催中だ。コラボアイテム以外にも、マリネッラを象徴する定番ネクタイの数々や、カジュアルスタイルにも似合う幅7cmという新作のナロータイの展示販売も行われる予定。12月はギフトシーズン。大切な人へのプレゼントを探している人、あるいは自分へのご褒美を探している人に絶好のアイテムが揃っている。

E.MARINELLA×PORTERイベント「E.MARINELLA in the PORTER Gallery 2」

開催期間: 2020 年11月21日(土)~12月25日(金)
開催場所:PORTER OMOTESANDO the PORTER Gallery 2
150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-8
問い合わせ先/PORTER OMOTESANDO
TEL:03-5464-1766

Hot Keywords