合理的な設計思想で、スピードと実用性を両立させたスポーツカー【名車のセオリー Vol.2 ポルシェ 911】

  • 文:鈴木真人
  • イラスト:コサカダイキ

Share:

  • Line

初代モデルの901型は、スリムなボディであることから「ナローポルシェ」の異名をもつ。

時を経ても色褪せず圧倒的に支持され続けるモデルを紹介する、連載シリーズ「名車のセオリー ロングヒットには理由がある」。第2回で取り上げるのは、デビューから半世紀以上にわたってスポーツカーの象徴的存在であり続けているポルシェ 911。水平対向エンジンとリアエンジン・リアドライブ(RR)の駆動方式という唯一無二の組み合わせを頑なに守ることで、孤高の名車となった。

ポルシェ 911がデビューしたのは1963年。ドイツのフランクフルトモーターショーで発表されたのは、いまから半世紀以上も前の話である。アメリカのジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された年で、日本ではTVアニメ『鉄腕アトム』の放送が始まった。鈴鹿サーキットで行われた第1回日本グランプリでは、ほぼ公道仕様のスズキ スズライトやトヨタ パブリカがデッドヒートを繰り広げて観客を沸かせている。当時からポルシェ 911は、飛び抜けた性能をもつモデルだった。そして現在も、その輝きは増すばかりだ。スポーツカーでありながら、GTカーの側面ももつ。ドライバーや乗員に苦痛を強いることなく、目覚ましいスピードと運転の喜びを提供する。スタイルも機構も、唯一無二の存在であり続けている。

ポルシェ 356とフェルディナント・ポルシェ博士(右)、そして息子のフェリー・ポルシェ(中)。

よく誤解されるのだが、ポルシェ 911はフェルディナント・ポルシェ博士の作品ではない。彼は1951年に逝去しているので、直接かかわってはいないのだ。もちろん、魂と思想は受け継がれている。源流となったのは、フォルクスワーゲン タイプ1(ビートル)である。ナチス・ドイツ総統だったアドルフ・ヒトラーの国民車構想にのっとって、ポルシェ博士が開発した小型大衆車だ。戦前に完成していた試作車は先進的な設計思想をもっていた。空力性能のいい流線型のボディで、空冷水平対向エンジンを採用し、RR方式をとっていた。ハイウェイで時速100kmの巡航が可能だったというのは、当時の大衆車としては十分すぎる性能である。戦争中は生産されることはなかったが、焼け野原の中から甦った工場で生産が始まると、世界的な人気を得るに至ったのだ。

フォルクスワーゲン ビートル、ポルシェ 356から受け継がれるRR方式。

重心を低くできる水平対向エンジンを採用。

ポルシェ博士の息子、フェリー・ポルシェことフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェが開発したスポーツカーが、ポルシェ 356である。ポルシェの名を冠した初のモデルで、フォルクスワーゲン製のエンジンをリアに搭載していた。1948年に第1号車がつくられ、911が登場してからもしばらく販売されている。フォルクスワーゲン ビートルとポルシェ 356で培われた経験と技術は、911にも受け継がれた。空冷の水平対向エンジンをリアのオーバーハングに搭載している点は、3車ともに共通だ。ポルシェ3代のエンジニアは、この組み合わせが最も合理的だと考えたのである。ビートルと356は4気筒だが、911には強力な6気筒エンジンが採用された。

伝統に革新を盛り込み続ける、スポーツカーの原点にして頂点。

スーパーカー世代には「ナナサンカレラ」として人気を誇る、1973年式のカレラ RS 2.7。

RRの利点は、フロントエンジン・リアドライブ(FR)と違ってプロペラシャフトを必要としないことにある。それによって、居住スペースを広くとることができるのだ。さらに駆動輪となる後輪にエンジンの重量がかかるため、強力なトラクションを得ることができる。ただし、デメリットもあった。RRのクルマは前輪にかかる荷重が少ないため直進安定性が悪く、コーナーではステアリングを切った以上に曲がってしまうオーバーステアの症状が発生しやすい。初期の911は、苦肉の策でフロントバンパーに重りを積んでこの現象を防ごうとしていたこともある。現在では技術の進歩でオーバーステアを抑え込むことができるようになり、運転初心者でも安心して911を操れる。それでも一部のハイパワー車には、より高い操縦安定性が得られる4WDが採用されている。

5代目モデルの996型。排ガス規制に対応するため、エンジンが水冷方式に変更された。

水平対向エンジンはボクサーエンジンとも呼ばれ、ピストンが向かい合って作動する。構造的に振動を減らすことができ、低重心になることが大きなメリットだ。反面、熱がこもりやすく、補機類のレイアウトが難しいというデメリットもあった。水平対向エンジンを採用している自動車メーカーは、ポルシェの他にはスバルだけである。空冷方式は整備性がよく、原理的に水漏れが発生しない。ただし精緻な温度管理が難しいことで排ガスのコントロールを苦手としており、厳しくなっていく規制に対応できなくなった。1997年に登場した5代目の996型モデルからは、水冷方式に替わっている。変化を悲しむオールドファンも多いが、新世代に生まれ変わるには避けることのできない選択だった。

2018年から販売されている現行モデルであり、最新モデルの992型。

911はずっと同じエクステリアデザインが使われているように見えるが、初代モデルと現行モデルを並べるとまるで違うかたちになっていることがわかる。そこに一貫性を感じさせるのが、デザインの妙だ。「ナローポルシェ」と呼ばれる初期型モデルは、スリムでケレン味のないボディがいまでも高い人気を有する。「ナナサンカレラ」こと1973年式のカレラ RS 2.7は、スーパーカー世代にとっては憧れの存在だ。どちらも一度は手に入れたいと思わせるコレクターズアイテムだが、“最良のポルシェは最新のポルシェ”という言葉もあるように、実際に乗るなら現行モデルに勝るものはない。伝統の中に新しさを盛り込んできたからこそ、911はいまもスポーツカーの頂点に立っているのだ。

ポルシェ 911

1963年に発表された初代モデルは開発コードから901という車名になるはずだったが、真ん中がゼロの3桁の数字を商標登録していたプジョーからクレームが入ったことで911に。エンジンは2ℓ水平対向6気筒SOHCで、最高速度は210km/hだった。排気量はしだいに拡大され、現行992型は3.0~3.8ℓとなっている。販売数ではSUVのカイエンやマカンが上回っているが、現在も911はポルシェを象徴する存在であり続けている。

合理的な設計思想で、スピードと実用性を両立させたスポーツカー【名車のセオリー Vol.2 ポルシェ 911】

  • 文:鈴木真人
  • イラスト:コサカダイキ

Share:

  • Line

Hot Keywords