自宅でも活躍させたい、コンパクトでデザインのいいアウトドアギア3選。

  • 文:和田達彦

Share:

  • Line

秋も深まり、キャンプやツーリングにもってこいの季節がやってきた。焚き火を囲んで味わうコーヒーやウイスキー。少し肌寒いぐらいのほうが、アウトドアは楽しめる。ギア選びも楽しみのひとつだが、週末に友人や家族と気軽に行く遊びなら、セットアップの手間がかからないものがオススメ。ふだん使いもできてデザイン性にも優れた、最新のアイテムを紹介しよう。

1.さまざまな場面に寄り添う、優しい光のランタン
2.どこにでも持っていきたい、折りたためるカセットコンロ
3.ノスタルジックな佇まいの小ぶりなガスストーブ

さまざまな場面に寄り添う、優しい光のランタン

バルミューダの「BALMUDA The Lantern(バルミューダ ザ・ランタン)」。(W11×H24.8×D10.3cm)¥15,180(税込)。重量約630g。

最初に紹介するのは、バルミューダの「BALMUDA The Lantern(バルミューダ ザ・ランタン)」。クラシカルな存在感のランタンを、現代の生活に合わせてデザインしたLEDランタンだ。充電式バッテリーを内蔵しているのでどこでも手軽に持ち運んで使うことができ、IPS4基準の防塵・防水性能を備えているためアウトドアでの使用も可能。操作はダイヤルを回すだけ。無段階で明るさを調節でき、光の明るさに応じて色合いが変化する点がポイント。少ない光量の時は暖色で、キャンドルのように光がゆらめく。お酒を飲みながら語らう時間に最適だ。そして光量を上げると温かみがある穏やかな色味に。ベッドサイドでの使用や常夜灯として重宝するだろう。さらに光量をアップすると、上品な温白色に。アウトドアで料理や食事をするシーンによく似合うし、普段使いには読書灯としても十分な明るさだ。上から下へ向けて光を照射する構造になっているため、食卓やテーブルの上に置いてもまぶしさを感じない。自宅からアウトドアまで、場所を問わずさまざまな場面にマッチしてくれる。

2,000mAhのニッケル水素充電池を採用。充電時間約6時間で、最大照度の場合3時間、最小照度なら50時間連続使用可能。全光束は約195lm。

アウトドアだけでなく、自宅の照明やインテリアの演出にも使える洗練されたデザイン。ボディカラーはブラックとホワイトの2色。

●バルミューダ www.balmuda.com/jp

どこにでも持っていきたい、折りたためるカセットコンロ

スノーピークの「HOME&CAMP(ホームアンドキャンプ) バーナー」(W30.1×H12×D34.6cm)¥10,978(税込)。重量1.4kg。

続いて紹介するのは、スノーピークの「HOME&CAMP(ホームアンドキャンプ) バーナー」。要するにカセットコンロなのだが、ガスボンベをセットするボディ部分に、五徳をスッキリ収納できるところがポイント。コンパクトで持ち運びしやすく、他の道具と一緒にバッグの中にすんなり納まる。五徳は重心が低く設計されているのに加え、ボディの脚を含めた4点で支えるため、カセットガスボンベに取り付けるタイプのアウトドア用五徳に比べて安定感があり、大きめの鍋を置いても安心して使える。一般的なカセットコンロはかさばるのでアウトドアに持っていくには不向きだし、家庭でも使用しない時は邪魔に感じるもの。しかしこれは五徳を収納すれば直立させて置けるので、キッチンでも場所を取らない。シンプルで美しいフォルムとカラーリングはインテリアにも馴染みやすく、棚の上にポンと置いておいても違和感がないだろう。ピクニックやキャンプといったアウトドアだけでなく、自宅での普段使い用としても活躍してくれる。

使用時には、本体部分に収納された五徳を引き出して、空いたスペースにカセットガスボンベをセット。本体にも脚がついていて、支点として機能する。

インテリアに馴染む、無駄のないシンプルなフォルム。収納サイズはW9×H25.5×D12cm。ボディカラーはシルバー、カーキ、ブラックの3色。

●スノーピーク www.snowpeak.co.jp

ノスタルジックな佇まいの小ぶりなガスストーブ

Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)の「ポータブル ガス ストーブ」(W32×H39×D33.5cm)¥36,300(税込)。重量約5.7㎏。カセットガスボンベを収納できるサイドポケットを備えた専用の収納袋付き。

最後に紹介するのは、Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)の「ポータブル ガス ストーブ」。センゴクアラジンは、アラジンブランドのストーブの製造元である千石が2018年秋に新たに立ち上げたグローバルブランドだ。第1弾アイテムとして「ポータブルガスシリーズ」3モデルが発売されており、この「ポータブル ガス ストーブ」はそのひとつ。アラジンのストーブといえば、レトロなデザインの石油ストーブ「ブルーフレームヒーター」が有名だが、「ポータブル ガス ストーブ」はブルーフレームのデザインを継承しつつ、持ち運びやすいコンパクトサイズに仕立て、より手軽に使えるようにカセットガスボンベを燃料として採用している。燃料は違えど、丸いガラス窓の中に見えるのは美しい青い炎。トルネードバーナーの搭載によって、効率よく空間全体を暖めてくれる。火力は無段階で調節でき、新品のカセットガスボンベで約1時間40分~4時間20分の連続使用が可能。コテージやバンガローで使えば、味わいのあるルックスと相まって、空間を暖かく和やかなものにしてくれるだろう。もちろん自宅でも室内やベランダなどで普段使いするのもいいだろう。

ボンベの着脱はカセットコンロと同様のレバー式。圧力感知安全装置、不完全燃焼防止装置、転倒時消化装置、立消え安全装置の4つの安全装置を搭載。

ボディカラーはレッド、イエローのほか、販路限定カラーのホワイトとグリーンが揃う。またビームスからは、別注カラーのオレンジ(写真)、きつね色も販売されている。¥38,500(税込)

●アラジン https://aladdin-aic.com/

自宅でも活躍させたい、コンパクトでデザインのいいアウトドアギア3選。

  • 文:和田達彦

Share:

  • Line

Hot Keywords