暮らすように泊まりたい、京都の厳選宿5軒。

  • 写真:蛭子真
  • 文:小長谷奈都子

Share:

  • Line

京都への旅は、拠点を市内のどこに置くかで、過ごし方も変わってきます。ひとりでも心地よく、フットワークも軽やかに、暮らすように過ごせる宿を紹介します。


【葵 HOTEL KYOTO】名工の力作も誕生、和と洋の美しい融合。

国内外の骨董品、ヴィンテージ家具を設えた401号室。食事はオプションで京都の名店の朝食や会席、「京都 岩さき」の鍋などが楽しめる。

中村外二工務店が手がけた301号室。聚楽の壁や竹を組み込んだなぐりの床など、茶趣が感じられる意匠が目を引く。

町家を再生し、古くて新しい京都での滞在を実現してきた「葵 KYOTO STAY」が、2015年3月、初のホテルをオープンしました。これまでのステイ空間同様、交通アクセスがよく、観光にも買い物にも便利で、祇園や先斗町などのナイトスポットも徒歩圏内。鴨川向きに4室、高瀬川向きに2室ある客室は、北欧のヴィンテージやイタリアのモダンな家具、日本の骨董などが配され、屏風絵や浮世絵を飾ってコンテンポラリーな空間を演出。古いものをただ並べるのではなく、新しい創意を加えながら、美しい伝統を継承しています。

なかでも特徴あるのは301号室。数寄屋建築の名工として知られる中村外二工務店がメインルームとなる和室を手がけ、鴨川の景色やモダンな家具と調和をとりながら、凛とした空間を完成させています。イメージとしての日本ではなく、京都の美意識を凝縮した極上の空間。和と洋の美しい融合がひとり占めできます。

シティホテルとも旅館とも一線を画す美的空間。401号室はミニキッチン付き。洗濯機は全室に付き長期滞在向き。

ツイン403号室は35㎡とコンパクトでひとり客にお薦め。春は窓いっぱいに桜が楽しめる。

鴨川、東山連峰を一望する眺望に心震える。

繁華街に近いが静かでプライベート感たっぷり。

京都市下京区木屋町通仏光寺上ル天王町146
TEL:075-354-7770
FAX:075-354-7772
部屋数:全6室
料金:301号室¥61,200~、401号室¥62,400~、403号室¥37,200~、朝食別¥2,500 ※すべて税込
www.kyoto-stay.jp

【山科別邸 源鳳院】建物も庭も雅趣漂う、ラグジュアリー空間。

桜、新緑、紅葉と、いつ訪れても四季折々の気配が楽しめる離れ。2018年夏にプライベートガーデン付きにリニューアル。庭園込み面積は105坪。

屋敷や神社仏閣が点在する、閑静な岡崎にひっそりと佇む日本旅館。900年の歴史をもつ公家山科家の別邸として大正9年に建てられた由緒ある建築です。山科家が装束の着装や調達を家職とし、宮中の雅な文化を伝えてきたことから、雅趣を重んじた宿として営まれています。

およそ500坪ある敷地には建物を取り囲むように庭を配し、客室は茶室の趣がある離れ、庭に出られる部屋など、趣の異なる部屋が4室。館内でゆっくり過ごしてほしいとの思いから、ライブラリーとして使えるサロンや数寄屋建築の広間、貸し切り風呂があり、プライベート感のあるつくりになっています。観光や美術館巡りに最適の立地ですが、ずっとここにいて過ごすのも一興です。

母屋には趣の異なる部屋が3部屋。バス・トイレが付く「衣紋」以外は、貸し切り風呂を利用。共有スペースがゆったりとられ、玄関ののれんや館内の御簾に雅趣が漂う。

優美な和空間が深く快適な眠りへ誘う。離れの宿泊は3名まで可能。

フロントのある母屋から庭を抜け、離れへ。この瞬間から上質な滞在が始まる。 

京都市左京区岡崎法勝寺町77
TEL:075-752-1110
FAX:075-751-7277
部屋数:全4室 
料金:離れ¥295,574、母屋¥57,974 1名の場合離れは同額、母屋¥46,980~ ※すべて税込
www.genhouin.co.jp/

【ホテル アンテルーム 京都】最新アートとカルチャーを、ホテルにいながら体感。

ツインルーム。コンパクトで飽きのこないデザインが旅の疲れを癒してくれる。

築23年の学生寮をコンバージョンしたホテル。アートやカルチャーが感じられるギャラリーやラウンジを設け、エントランスには彫刻家・名和晃平氏のアートを展示。「ギャラリー9.5」では京都を拠点に活動する若手作家の作品も紹介。館内のいたるところにアートを飾り、ディテールにこだわった家具を配したコンパクトな空間はシンプルで居心地よく、アートは購入もできます。日常と非日常がほどよく混在する場となっています。

2016年夏に増床リニューアル。コンセプトである「京都のアート&カルチャーの今」に加え、「和」の要素を取り入れた庭付きの客室や、蜷川実花氏、名和晃平氏らが手がけたコンセプトルームが特徴だ。

150種類以上のウイスキーが楽しめるバーラウンジ。営業は19時~24時(23時30分L.O.)

エントランスでは、彫刻家・名和晃平氏の鹿のオブジェがお出迎え。(C) Kohei Nawa / Swell-Deer / 2010-2016 / mixed media / Courtesy of SANDWICH, Kyoto

ツインルーム。コンパクトで飽きのこないデザインが旅の疲れを癒してくれる。

京都市南区東九条明田町7
TEL:075-681-5656
FAX:075-681-5655
部屋数:全128室
料金:シングル¥6,000~、ツイン¥15,000~(シーズンにより変動) 朝食別¥1,000 ※すべて税込
http://hotel-anteroom.com

【京宿 うさぎ】京町家で暮らすように、一棟貸し切りで過ごす。

古い梁や柱を残す4mを超える天井高のリビングダイニング。キッチンには調理道具や食器も完備し、わが家のように過ごせる。

1日6組限定の全室スイート。二条城を望む、町家をリノベートしたデラックススイート4部屋と二条城駅前の別邸スイート2部屋。最大136㎡の広々とした客室に入ると、風情ある和室とモダンな寝室、食器類が揃うキッチンがあり、旅人であることを忘れる寛ぎの空間に心打たれます。坪庭付きの部屋もあり、日々の疲れを癒すジャグジーを全室に完備しています。隠れ家のように静かで、京都に暮らすかのように滞在できます。

市松模様の壁が印象的な和モダンなベッドルーム。

和室に落ち着きをもたらす坪庭は、浴室からも堪能できる。

玄関をくぐると、京都らしい石畳を通ってお部屋へ。

お庭/お空/お山/お池:京都市中京区西ノ京北聖町1 
お花/お星(別邸):京都市中京区西ノ京職司町56
TEL:075-821-1112
FAX:075-203-0951
部屋数:全6室
料金:1室¥39,960~(食事なし、宿泊税別、税込)
https://usagi-yado.com

【ビジュウ】河原町にありながら、別荘のような心地よさ。

ビル3階のデラックス(301号室)。エキストラベッド利用で3名まで宿泊可能。

「京都の別荘に遊びに行く」をコンセプトにする、2フロア3部屋のスタイリッシュホテル。世界各国のアートを飾ったモダンなスイートに対して、デラックスは漆喰壁や木を随所に用いたぬくもりのある空間。長期滞在やファミリーユースを意識し、キッチンや大きめのクローゼットも完備されています。河原町の繁華街にあって静かで濃密、そして美しい京都滞在が満喫できます。

鴨川と東山を一望できる最上階5階のワンフロアを使ったスイート(501号室)は114㎡。バスタブやシャワーブースのほか、24時間使用可能な岩盤浴も。

ビジネス利用にぴったりのスタンダード(302号室)。

白で統一された使い心地のよいバスルーム(301号室)。

京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町194 村上重ビル 
TEL:075-353-0802(10時~19時)
FAX:075-371-1666
部屋数:全3室
料金:302号室 ¥37,800~、301号室¥54,000~、501号室¥97,200~(※すべて素泊まり。シーズンにより変動) エキストラベッドの追加は301号室のみ 302号室はシャワールームのみ
http://bijuu.jp/

こちらの記事は、Pen+「完全保存版 ひとり京都。」特集からの抜粋です

暮らすように泊まりたい、京都の厳選宿5軒。

  • 写真:蛭子真
  • 文:小長谷奈都子

Share:

  • Line

Hot Keywords