本に囲まれて過ごせるホテル「箱根本箱」は、誰にも邪魔されずに読書に耽りたいブックラバーの天国です。  

  • 文:小川 彩

Share:

  • Line

ブックホテル「箱根本箱」のメインロビー。1万2000冊の蔵書が旅人を迎えます。

2018年、箱根・強羅温泉にブックラバーにとって夢のようなブックホテル「箱根本箱」がオープンしました。プロデュースは新潟・大沢山温泉の「里山十帖」や、滋賀・大津の「講 大津百町」などを手がけてきた、雑誌『自遊人』の編集長でクリエイティブディレクターの岩佐十良(とおる)。もともとこの施設が出版流通に縁のある企業の保養施設だったことから、ホテルのテーマは自然と「本」になりました。「ふらっと立ち寄り、手に取った本から新しい世界や、興味分野をより掘り下げられる。かつて駅前の本屋さんが担っていた、そんな幸せな本との出合いづくりを宿が提供できれば」という岩佐の発想から、「本と人との出合いの場」というコンセプトが生まれたそうです。

ホテルに足を踏み入れると、まず吹き抜けのラウンジ両脇の壁に詰まった書籍の量に圧倒されます。1階から2階にかけて「衣・食・住・遊・休・知」をテーマに、文庫や新書のように手軽な読み物から、ハードカバーの美しいビジュアルブックまでと幅広い顔ぶれです。セレクトとディスプレイを担当するのは、ブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」のディレクター、染谷拓郎。選書と本棚のメンテナンスを月に数回のペースで行っているので、読みたかった旬の一冊から、マニアックな一冊まで、背を眺めているだけでもさまざまな発見がありそうです。


すべての書籍は、自由に手に取ってラウンジやゲストルームで読めるだけでなく、購入することも可能。

大きな吹き抜けのあるロビーの窓からは、気持ちのよいマウンテンビューが望めます。

2階ラウンジにあるコーナー「あの人の本箱」。それぞれの選者による書籍のラインアップを眺めているだけでも楽しくなってきます。

本の世界に浸り、箱根のローカルフードを堪能する。

2階「マウンテンビューツイン」。無垢のフローリングが心地よいシンプルな空間。

ロビーではハイメ・アジョンのロオチェアや、アルネ・ヤコブセンのエッグチェアにスワンチェアなど、北欧デザインの上質なラウンジチェアが、読書の頼もしい味方になってくれます。また、廊下のあちこちには、名作椅子やデザイナーによる小椅子とカウンターが備えられたスペースがあるので、移動しつつ気分を変えながら読書に耽るのもよいでしょう。

「あの人の本箱」と呼ばれる、著名人37名によるブックセレクトコーナーにも注目です。37名がセレクトしたお気に入りの本が、オリジナルの本箱に入れられて、客室やパブリックスペースのいたるところにディスプレイされています。写真家の石川直樹、彫刻家の名和晃平、料理研究家の土井善晴、チームラボ代表の猪子寿之やエッセイストの松浦弥太郎ら、本を愛する選者たちが、それぞれ選んだ理由をひと言書き添えた冊子も必読です。

ゲストルームにも必ず「あの人の本箱」と本を読むための椅子が用意されています。深夜など大浴場の入浴時間は限られていますが、全室テラスのデッキにはヒノキ製露天風呂とシャワールームが付いていますので、時間を気にすることなく本の世界に耽りましょう。

食事は、オープンスペースで開放的な雰囲気の中で食事を楽しめるよう、夕食と朝食はカウンターのダイニングで。青森・弘前のイタリアンの名店「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」などで修業した佐々木祐治シェフが、焼津港の新鮮な魚介類と富士宮の生産者の野菜や羊、豚肉など、地元の食材をシンプルで繊細なひと皿に仕上げます。セラーに揃う生産量の限られている国内のナチュラルワインのセレクトに迷いながら、ゆっくりとしたひと時を過ごせます。朝食は焼きたてのクロワッサンと、自家製の金華豚のハムに野菜たっぷりのミネストローネが、身体を健やかに目覚めさせてくれるはずです。

ゲストの年齢層は幅広く、リピーターも多いそう。チェックインからチェックアウトまで一切、外に出ず読書に耽ったり、チェックアウト時に10冊以上大人買いする強者がいるというのも頷けます。本との出合いに恵まれるだけでなく、心地よい読書体験をとことん追求できる、秀逸なブックホテルの誕生です。

2階の「マウンテンビューコーナースイート」。テラスのデッキには読書にぴったりのハンモックが備えられています。

廊下のあちこちにつくられた読書スペースのひとつ。閉じた空間は本を読んでも、作業をしても落ち着きます。

ディナーコースの焼津港の新鮮なカツオを使ったひと皿。周辺の生産者を訪ね、食材を卸してもらっています。ディナーコースの料金は宿泊料込み。

大浴場は源泉かけ流し。乳白色の硫黄泉と、肌がすべすべになる無色透明の湯のふたつの泉質を楽しめます。

箱根本箱

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
TEL:0460-83-8025
宿泊料:1泊¥18,321(税込)〜(夕・朝食込、サービス料、入湯税など別)
全18室
http://hakonehonbako.com

本に囲まれて過ごせるホテル「箱根本箱」は、誰にも邪魔されずに読書に耽りたいブックラバーの天国です。  

  • 文:小川 彩

Share:

  • Line

Hot Keywords