最高の“兄貴っぷり”を見せてくれる、マ・ドンソクの魅力が弾ける痛快クライムアクション『犯罪都市』

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

監督はマ・ドンソクからオファーされ、本作が長編映画監督デビューとなるカン・ユンソン。Ⓒ2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

マ・ドンソク。俳優の名前ですが、いま一番“声に出して読みたい韓国語”という気がします。マ・ドンソクと声に出すだけで、小さいことはどうでもよくなる。そんな旬の漢ならではの勢いを感じさせるドンソクが刑事を演じた『犯罪都市』は、韓国で大ヒットを記録したクライムアクション。『新感染 ファイナル・エクスプレス』で丸腰でゾンビと戦った男が、ナイフを持った輩たちを携帯片手に余裕でなぎ直していく冒頭からして、すでに「よっ! 待ってました!」と声をかけたくなる、最高の兄貴っぷりを見せてくれます。

ドンソク演じるソクト刑事が所属するのは、衿川警察・強力班。対立を続ける毒蛇組とイス組の間をソクトがうまく取り持つなか、中国から来た黒竜組のチャン・チェンが現れます。血も涙もない極悪非道なチェンは毒蛇組を乗っ取り、町のいたるところで傍若無人な振る舞いをするように。ソクトたちは一掃作戦に乗り出しますが……。

物語のベースになっているのは、2004年に実際に行われた朝鮮族組織の一掃作戦。登場する武器が拳銃ではなくナイフや斧(ドンソクはもちろん素手)というのが妙に生々しくて恐ろしく、思わず目を背けたくなる描写もあります。けれどもソクトがちょいちょい挟んでくる自虐的な独身ギャクなどユーモアもあり、暴力とアクションとギャグと人情が混然一体に! もちろんそのすべてをまとめあげているのは彼自身です。

捜査では決して手を抜かず、ヤクザたちともうまく付き合いながら部下を励まし、街の人々を守り抜く、気は優しくて力持ちなソクト刑事。筋肉がつきすぎて自分の二の腕にクリームを塗れないかわいいソクト刑事。この映画、ドンソクの魅力に頼りすぎでは!? とも思いましたが、それもそのはず、この映画はドンソク自身が出した企画が実現した作品なのだそう。マ・ドンソクを全力で愛でるアイドル映画としても楽しめる作品になっています。

もはやドンソクの敵を演じられるのは人類では難しいのではないかと思われましたが、黒竜組のボス、チェンを演じたユン・ゲサンの迷いのない悪役ぶりも素晴らしい! “悪”が髭を生やして斧を持って歩いている、という佇まいが物騒極まりなく、彼の存在感あればこそ、刑事たちの奮闘がより一層痛快なものになっています。応援上映をしたら盛り上がりそうな、痛快一作です。

『プンサンケ』のユン・ゲサンが初の悪役に挑戦して、存在感を発揮しています。Ⓒ2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

実話をもとに刑事たちの任務と死闘を、リアルに描き出したクライムアクション。Ⓒ2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

『犯罪都市』

監督:カン・ユンソン
出演:マ・ドンソク、ユン・ゲサン、チョ・ジェユン、チェ・グィファほか
2017年 韓国映画 2時間1分 
4月28日よりシネマート新宿ほかにて公開。

www.finefilms.co.jp/outlaws

最高の“兄貴っぷり”を見せてくれる、マ・ドンソクの魅力が弾ける痛快クライムアクション『犯罪都市』

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

Hot Keywords