原寸大で、日本の建築ディテール図面を見る。

    Share:

    • Line

    丹下健三『東京カテドラル聖マリア大聖堂』の「スカイライト」部分の建築図面。

    建築図面とは、これからつくられる実際の建物の形を縮小して紙の上に落とし込んだもの。その図面のディテールを、なんと、実際の建物と同じ大きさに拡大して展示するというユニークな展覧会、『 原寸大 日本の建築ディテール 1964→2014』が、渋谷のヒカリエで行われています。
    展示作品は丹下健三『東京カテドラル聖マリア大聖堂』(1964)、篠原一男『白の家』(1966)、安藤忠雄『住吉の長屋』、 槇文彦『スパイラル』(1985)、谷口吉生『葛西臨海公園広場レストハウス』(1995)、伊東豊雄『せんだいメディアテーク』(2000)など、日本を代表する建築家たちの代表的な作品ばかり。もちろんすべての図面を建物の原寸大にしては、ものすごい面積の展示スペースが必要になるわけで、ディテールを見るにふさわしい部分を選りすぐって、写真とともに紹介されています。
    この展覧会は建築の細部、納まりに焦点をあてた建築専門誌『ディテール』(彰国社刊)の創刊50周年を記念したもの。展示作品は、半世紀にわたって同誌に掲載されてきた膨大な建築図面のなかから選ばれたものです。図面が原寸大になることで立ち現れる、図面と実物の2つのイメージが交差する不思議な感覚を、ぜひ会場で体感してください。建築関係者のみならず、建築ファンも見逃せません。(Pen編集部)

    左から、丹下健三『東京カテドラル聖マリア大聖堂』、展覧会のポスター。

    「ディテール」創刊50周年記念展
    『原寸大|日本の建築ディテール 1964→2014』

    6月4日(水)~6月16日(月)

    渋谷ヒカリエ 8 / CUBE 1,2,3
    東京都渋谷区渋谷 2-21-1 8階
    開館時間:11時~20時 
    入場無料・会期中無休
    www.hikarie8.com/cube

    原寸大で、日本の建築ディテール図面を見る。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords