ヒマラヤを望むインド・ラダック地方を旅した、写真家ugaの作品展「空と人」。

    Share:

    • Line
    ヒマラヤの山々を望む紺碧の空のもと、昔ながらのスタイルで暮らすインド・ラダック地方の農民や遊牧民の生活と風貌。そうしたテーマを30枚のモノクロ銀塩プリントで綴る写真家ugaさんの作品展『空と人』が、銀座のギャラリー巷房(こうぼう)で1月27日~2月1日まで行われます。
    ugaさんは「ニューズウィーク日本版」の編集者を経てフリーランスに。「Pen」や「アエラ」などの雑誌を中心に取材・撮影・執筆に携わる一方、キューバ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、インドやシリア、セネガルなどを旅しながら撮影してきました。誰もがもっている「顔」と、誰もがその下から逃れられない「空」をテーマに、人と生活を中心にしたモノクロ作品を発表しています。
    「笑っているのか、泣いているのか、怒っているのか、楽しんでいるのか、わからない表情が好きだ」とugaさんは言います。それは、人の感情にはいつもいろんな色彩が混ざっていると思うから。モノクロ写真をギャラリーで発表するというスタイルにこだわってきた写真家の最新個展、ぜひ訪れてみてください。(Pen編集部)

    uga写真展 『空と人』

    1月27日(月)~2月1日(土)
    巷房
    東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル3階・地下1階
    TEL:03-3567-8727
    開場時間:12時~19時(最終日は~17時)
    無休

    ヒマラヤを望むインド・ラダック地方を旅した、写真家ugaの作品展「空と人」。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords