スティーブ・マックイーンが、『マンハッタン物語』で着こなしたトレンチコート

    Share:

    • Line

    スティーブ・マックイーンが、『マンハッタン物語』で着こなしたトレンチコート

    文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
    イラスト:Naoki Shoji

    第一次世界大戦でイギリス軍が塹壕(トレンチ)戦用に採用したトレンチコート。優れた防水性と耐久性に加えて、機能の塊のようなアイコニックなディテールを備えている。今回はトレンチコートが登場するさまざまな名画を題材に、不朽の名品の現在を考える。

    ビームスFがイタリアのヴァルスターに別注したトレンチコート。素材はコットン100%の高密度なギャバジン。肩がラグランではなくセット・イン・ショルダーで、ガンフラップではなく両肩にショルダーフラップ=雨よけが付く、珍しいディテール。オンからオフまで着用できる。イタリア製。¥173,800(税込)/ビームスF×ヴァルスター

    『マンハッタン物語』(1963年)は、名優スティーブ・マックイーンには珍しい完全なラブストーリー。『アラバマ物語』や『サンセット物語』などの名作を産んだ監督ロバート・マリガンと、製作アラン・J・パクラの名コンビの作品だ。

    浮世離れしたミュージシャンのロッキーをマックイーンが、ニューヨーク随一の百貨店メイシーズで働くアンジーをナタリー・ウッドが演じる。ニューヨークの下町に育った2人がいわゆる“出来ちゃった婚”をする恋物語だが、日本で公開されたのは昭和38年(1964年)。ストーリーが未婚女性の妊娠という当時の日本にしてはセンシティブなテーマであったせいか、大きな話題になることはなかったと聞く。

    この隠れた名作で、マックイーンが披露しているトレンチコートが素敵だ。モノクロ映画なので正確な色はわからないが、ネイビーらしいトレンチコートを、ベルトを結ばずボタンだけ襟元まで留めて着こなし、都会で生きるミュージシャンの切なさ、孤独を表現している。中に着るのがセンターフックベントのジャケットにボタンダウンシャツと、完全にアイビースタイル。サイズはジャストで、丈も膝にちょうどかかるくらい。その絶妙なフィッティングはマックイーンがファッションアイコンたる所以で、いまでもまったく古びて見えない。

    コートを着るマックイーンというと、刑事役を演じた『ブリッド』(68年)のバルマカーンコート(日本流に言えばステンカラーコート)が有名だが、この映画でもマックイーンはバルマカーンコートとトレンチコートの両方を着こなしている。加えて、アカデミー賞衣装デザイン賞を何度も獲得したイーディス・ヘッドが担当したナタリー・ウッドのコート姿も洒落ている。60年代のアメリカのファッションを知る上でも、貴重な映画ではないだろうか。

    この映画で登場したトレンチコートをイメージさせるのが、イタリアのヴァルスターの製品だ。ヴァルスターの創業は1911年。イギリス・マンチェスターのアパレルメーカーが、イタリアのミラノにアウター用のファクトリーを設立したのがヴァルスターの始まりだ。現在はブランド名を冠した「ヴァルスタリーノ」というショートブルゾンが日本でも人気だが、このトレンチコートも創業時からの伝統が香るアイテム。

    これはビームス Fが別注したトレンチコートで、高密度のコットンギャバジンを使い、ライニング(裏地)を取り外し式にして3シーズン着用できるモデル。ストレートに近い「Iライン」のシルエットが、マックイーンがこの映画で着用したコートを連想させるではないか。

    下まで付いたライニング(=裏地)で、防寒対策も完璧。このライニングはボタンで簡単に取り外すことができるので長い期間着用できる。

    袖のストラップの留め具やフロントのボタンは高級感があるものが選ばれている。ボタンは少し大きめで、コートの開け閉めも容易だ。

    イタリアのミラノで1911年に創業されたアウター専門のブランド。トラディショナルなデザインを得意とする。

    大人の名品図鑑のポッドキャストがスタートしました!

    ポッドキャストを聴く(Apple/Spotify/popinWAVE



    問い合わせ先/ビームス F TEL:03-3470-3946

    スティーブ・マックイーンが、『マンハッタン物語』で着こなしたトレンチコート

      Share:

      • Line

      Hot Keywords