テイラー・スウィフトの葛藤を描いた『ミス・アメリカーナ』は、ファンじゃない人にこそ観てほしい良作ドキュメンタリー

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line
文:細谷美香

Profile : 映画ライター。コメディや青春映画から日々の生きるエネルギーをもらっている。クセが強くて愛嬌がある俳優に惹かれる傾向あり。偏愛する俳優はニコラス・ケイジです。

テイラー・スウィフトの葛藤を描いた『ミス・アメリカーナ』は、ファンじゃない人にこそ観てほしい良作ドキュメンタリー

アルバム『Lover』の製作風景などテイラーの豊かな才能を垣間見られる場面も存分に。監督は日本人僧侶に密着した『いのちの深呼吸』なども手がけているラナ・ウィルソンです。

ネットフリックスは、映画やドラマはもちろん、良質なオリジナルのドキュメンタリーの宝庫。メジャーなアーティストのドキュメンタリーがラインナップされているなかでも、テイラー・スウィフトの『ミス・アメリカーナ』はファン以外の人たちにも感動と気づきを与えてくれる作品です。

幼い頃から日記を綴り、まさに日記のようにその時々の思いを素直に音楽にしてきたテイラー(別れた恋人との思い出もすぐに歌詞にしてきたので、お相手及びファンにとってはハラハラものなわけですが…!)。周りの目を気にして、優等生な“グッド・ガール”であり続けようとしていたという彼女の独白から、このドキュメンタリーははじまります。この作品は優等生であろうとした女の子が世間に叩かれ、自信を喪失し、やがてありのままの自分の価値を見出すまでの特別だけれど普遍的な戦いの記録といえるかもしれません。

音楽と出合った幼い頃の映像やステージでのパフォーマンス、メロディと歌詞があふれ出てくる楽曲作りの過程は、選ばれしスターの光の部分。それだけにとどまらずこの作品では、摂食障害やゴシップ、カニエ・ウエストとの確執に悩まされた過去、元ラジオDJを相手にしたセクハラ裁判の行方など、影の部分まで赤裸々なインタビューとともに語られています。なかでも彼女の切実な願いと勇気が痛いほど伝わってくるのは、周囲の反対にあいながらも政治的な発言をしようと覚悟する場面。カントリー歌手としてずっと中立であろうとしていたテイラーが、女性や同性愛者の権利を守る気のない故郷のテネシー州の現状を憂いて、涙ながらに民主党支持を訴えたいと語る場面です。

母親のガンをきっかけに、自分の人生のプライオリティに気づいたと語るテイラー。ひとりの人として、アーティストとしての成長を見つめた作品であり、人を敬うために学び続け「ピンクの服を着て政治の話をしたい」とインフルエンサーとして立ち上がった、聡明でたくましい女性の生き方を切り取ったドキュメンタリーに仕上がっています。


『ミス・アメリカーナ』

監督/ラナ・ウィルソン
出演/テイラー・スウィフトほか
2020年 アメリカ映画 1時間25分 
Netflixにて独占配信中
www.netflix.com/jp/title/81028336?source=35

テイラー・スウィフトの葛藤を描いた『ミス・アメリカーナ』は、ファンじゃない人にこそ観てほしい良作ドキュメンタリー

  • 文:細谷美香

Share:

  • Line

Hot Keywords