お手本は軍モノのCPOシャツジャケット、2019年秋冬アウターの大本命はこれでキマり!

    Share:

    • Line
    構成、文:高橋一史
    写真:宇田川 淳

    Vol.68 お手本は軍モノのCPOシャツジャケット、2019年秋冬アウターの大本命はこれでキマり!

    Scye

    CPOジャケット(CPOシャツ)は定番のミリタリーウエアです。シンプルで活動的なこのアウターは、秋から初冬にかけての防寒に役立ちます。ただし同じ軍モノのMA-1やモッズコートと比べ、着ている人はまだ多くないようです。見た目がシャツなのに、アウター用途の厚い生地が使われボリュームがある、アイテムの定義づけがあいまいなのがその理由でしょう。ところがファッションアイテムのジャンルレス化が進むにつれ、にわかに注目を集めるようになりました。ダボッと着る着方の流行や、シャツが持つ上品さへの関心の高まりが、CPOジャケットを表舞台に引き上げたのです。一般女性からの人気も高く、数シーズン続く大きなトレンドになっています。

    CPOとはアメリカ海軍下士官(Chief Petty Officer)のこと。彼らに支給されたシャツ型アウターがこの服です。その条件はまず、ピーコートのようなネイビーのウールメルトン生地であること。アンカー(錨)マーク入りの大きなボタンも海軍ならでは。着丈は短く、身幅も袖幅も大きく。さらにCPOジャケットらしさをもっとも物語るのが、両胸のボタンつきフラップポケット。このディテールがあるだけでCPOジャケットに見える最重要パーツです。

    今年の秋冬はこのアウターをアレンジした服を着て、エッセンスを味わいましょう。最初に紹介するのは上写真の2着です。生地がヘビーコットンツイルに載せ換えられています。固くタフな生地が身幅の広いボディと噛み合って、独特のハリ感が出ています。真冬には中に厚手のセーターを着てボタン全開で羽織るのもいいでしょう。裾からはみ出た糸は、ビンテージスウェットシャツに多い縫製の始末の再現。縫製技術が稚拙だった時代への想いが表現された、長く着続けたい愛すべき服です。

    AURALEE

    上写真の色違いの2着は、とろみと光沢のあるウールギャバジン生地で仕立てられたCPOジャケットです。軍モノのルーツを忘れさせる、レディスのコートのごとき上品なドレープが秀逸です。シルエットは現在の時代感に即した、たっぷりとした大きさ。羽織るように身体に乗せる着方が似合います。生地の風合いを活かすなら、組ませるパンツは同じく上品なスラックスタイプがいいでしょう。1960〜70年代のヨーロッパをイメージし、インナーにタートルネックセーターを着て優雅なコーデを愉しんでも良さそうです。

    ウールのシャツジャケット ともに  ¥39,600(税込)/オーラリー(TEL : 03-6427-7141)

    ORIAN

    最後は番外編といえる、CPOジャケットの味わいのある服を紹介します。上写真の2着は素材違いの同モデルです。着丈が長く両裾にポケットがあり、ウエストベルトもセット。サファリジャケットとも呼ばれ、身体に沿うコンパクトな形も印象的です。イタリアのシャツブランドの服なのですが、この国の専業ブランドは日本ほどトレンドに走らず、現在も形はボディフィットが中心です。流行のオーバーサイズが好みでない人や、インナーに着やすい細身の服がほしい人は、イタリアものから探すのもひとつのやり方です。

    手前のウールジャケット ¥49,680(税込)、奥のコーデュロイジャケット ¥52,920(税込)/オリアン(TEL:050-5218-3859)

    内側の肩部分に裏地がつく点も、単なるシャツではない証です。

    記事冒頭のCPOジャケット ともに  ¥41,800(税込)/サイ(マスターピースショールーム TEL : 03-5414-3531)

    お手本は軍モノのCPOシャツジャケット、2019年秋冬アウターの大本命はこれでキマり!

      Share:

      • Line

      Hot Keywords