バッグくらい大胆に! デザイナーズ ✕ 定番カジュアルのコラボを服装に一点投入。

    Share:

    • Line
    構成、文:高橋一史
    写真:宇田川 淳

    Vol.64 バッグくらい大胆に! デザイナーズ ✕ 定番カジュアルのコラボを服装に一点投入。

    服の着こなしには、幾つかのセオリーがあります。例えば、全身の色を3色以内に抑える、全身の服のテイストを統一させる、靴とベルトの色を揃える、といった方法です。それらは大半が2000年代以前に提唱されたもの。その視点は、「服装をシックにまとめあげる」という考え方に基づいています。現代人が好むパワフルなお洒落感覚には、新たなセオリーが必要かもしれません。

    それではゼロ年代以降に生まれたセオリーはあるでしょうか。「コントラスト」こそがその一つの答えでしょう。光沢のあるジャケットにマットなパンツを組ませたり、最新モードウエアと古着ワークウエアを合わせたり。意図的にズラして動きを出す着方こそが現代的な装いです。アイテム自体も、ジャンルに囚われないミックスデザインがファッションをリードしています。

    ここに紹介するのは、そんなコントラストのある装いを生み出すバックパック。日本のモードブランドの「トーガ」と、アメリカのカジュアルバッグの「アウトドアプロダクツ」とのコラボレーションです。グラフィカルな柄模様が質実剛健な日常の道具と結びつき、実用性の高いアクセサリーへと結実しました。

    日頃は地味なバッグを選びがちな男性にこそ、使っていただきたい個性派です。デニム+Tシャツのようにラフな服装でも、これを背負えば都会的なバランスに大変身。服装を黒で揃えたときに差し色に用いれば、重い印象を和らげる結果に。持ち歩くときだけ服装の一部になるバッグは、実は思いっきり遊んでいいアイテムです。大人こそ愛用して、コントラストを狙いましょう。

    アウトドアプロダクツのアイコニックなコーデュラナイロンを使ったバックパックは全3色展開(オンライン販売限定品を除く)。カウボーイブーツから着想された刺繍の柄は、現在のようにウエスタンが流行する以前からトーガが得意としているデザイン。垂れ下がるベルトもウエスタンウエアのフリンジに見えてくるのがユニークです。背面パッドが省かれ、くったりと背中に馴染みます。上部には脱いだ服を挟めるベルトも装備。

    バックパック3点  各¥31,320(税込)/トーガ ✕ アウトドアプロダクツ(TOGA 原宿店 TEL : 03-6419-8136)

    3色展開(オンライン販売限定品を除く)の小ぶりなショルダーバッグもラインアップ。これにも柄合わせが美しいウエスタン刺繍があしらわれています。より柔らかな素材が使われ、肌馴染みよく仕上げられました。ショルダーパッドもついており、荷物の重量を軽減。そのショルダーベルトの長さは大幅に調整できるため、ごく短くして脇に挟むように肩に掛けたり、逆に長くしてサコッシュ的な使い方もできます。

    ショルダーバッグ 3点  各¥19,440(税込)/トーガ ✕ アウトドアプロダクツ(TOGA 原宿店 TEL : 03-6419-8136)


    日本のトップクラスのモードブランド、トーガ。海外でも定評のあるウィメンズと比べてメンズは歴史が浅く、通好みの存在です。身近なアウトドアプロダクツとの今回のコラボをきっかけに、メンズの「トーガ ビリリース」を始め同ブランドの創造的なデザイン活動全般にもぜひご注目ください。

    凝った刺繍はトーガのお家芸。「TOGA ARCHIVES」(トーガの社名)のさりげない文字の入り方も小粋。

    記事冒頭のバックパック  ¥31,320(税込)/トーガ ✕ アウトドアプロダクツ、同柄刺繍のTシャツ ¥10,800(税込)/トーガ ビリリース(TOGA 原宿店 TEL : 03-6419-8136)

    バッグくらい大胆に! デザイナーズ ✕ 定番カジュアルのコラボを服装に一点投入。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords