気軽に買えて便利な、カジュアル家電を教えて下さい。

    Share:

    • Line
    VOL
    24
    写真:遠藤 宏 文:和田達彦
    ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、お買い得で楽しく、便利なカジュアル家電を紹介します。

    気軽に買えて便利な、カジュアル家電を教えて下さい。

    モバイル担当:百名 覚さん

    スマホ用の外付けスピーカーや充電機器といった正統派のモバイルツールはもとより、遊び心あふれるガジェット系のアイテムまで、とにかく広範囲な知識をもつ百名さん。店舗で扱うアイテムは、ほぼ使い倒していて、実体験に基づいたアドバイスを受けられる。

    「それでは、必需品というわけではないけれど、あると便利だったり、楽しい気分にさせてくれたりして、価格もリーズナブルなアイテムを3つご紹介しましょう。まずはドウシシャの『泡ひげビアー』。これはフタを開けた缶ビールにセットするだけで、ビアサーバーさながらのクリーミーな泡がつくれるアイテムです。まずは普通に注いでグラスの2/3ほどにビールを溜めたら、ボタンを押しながら注ぎます。すると『泡ひげビアー』が超音波でビールを細かな泡にしてくれるので、その泡で溜めたビールにフタをするようにグラスの口まで注ぐと、ビアホールで飲むようなビールの出来上がり! かさばらず軽量なので、ご自宅はもちろん、アウトドアでのBBQなどでも活躍してくれることでしょう」

    ドウシシャの「泡ひげビアー」¥1,980(税別、2017年6月25日現在)。フタを開けた缶ビールにセットし、ボタンを押しながら注ぐときめ細かな泡が出てくる。

    ビール瓶の上半分のような形をしたボディは、グリーンとブラウンの2色がラインアップ。単4乾電池2本を使用する。

    「お次はREMAXのモバイルバッテリー。ご覧の通り、アラフォー世代以上の方にとっては、非常に懐かしい姿形をしています。カセットテープ型のほうはちゃんと透明プラスチックの専用ケースも付いているところがニクいですね。『懐かしいもの持ってるね』『いやこれモバイルバッテリーなんです』なんて会話も広がりそうですね。ただそれだけのものと言ってしまえばそれまでなんですが、意外にこれが好評なんです。カセットテープ型は容量が4000mAhで、ほとんどのスマホで1回+α程度の充電ができます。入力5V/2A、出力5V/2.1Aの高出力で急速充電も可能と、見た目だけでなく十分なスペックを持っているのも売れている理由でしょうね。フロッピーディスク型のほうの容量は5000mAh、入力はDC 5V/1A、出力はDC5V/1.5A。またホワイトのほか、ブラック、レッド、ブルーのカラーがあります」

    REMAXのモバイルバッテリー。左のカセットテープ型が「PRODA Power Bank Tape 4000mAh PPP-15」¥1,590(税別、2017年6月25日現在)。右の3.5インチフロッピーディスク型は「Power Bank Disk Series 5000mAh RPP-17」¥1,650(税別、2017年6月25日現在)。ともに接続ケーブルが同梱。

    「そして最後にご紹介するのは、マクセルの『ミズシオン』。こちらは、水と塩を入れることで発電・点灯ができるLEDランタンです。内部にマグネシウム合金製のパワーバーが入っていて、塩水が電解液になることで、空気中の酸素と反応して電気を発生させる仕組みです。塩水は30時間で要交換ですが、1本のパワーバーで約80時間の連続点灯が可能。また食塩水を抜けば、途中で発電・点灯を止めることもできます。水に不純物が多いと効率が落ちるので、基本的には水道水を使用しますが、海水の塩分濃度に合わせて設計されているので、海水を使用することも可能です。LEDランプの照度は2000ルクスと十分な明るさがあるので、停電などの非常時に備えてひとつ用意しておくといいですね。またこのマグネシウム発電というのは、実は次世代エネルギーのひとつとして注目されているもの。それを手軽に体験できるアイテムとして、科学好きの方などにもお薦めですよ」

    マクセルの「ミズシオン MS-T210WH」¥2,980(税別、2017年6月25日現在)。
    サイズは幅95mm×高さ215mm×奥行き95mm。交換用パワーバー「MS-MPB」は¥980(税別、2017年6月25日現在)

    上部のキャップを開け、付属のメジャーカップで食塩を2杯(約7g)入れ、さらに底フタで水を1.5杯(約180cc)入れる。5回ほど軽くゆすって水と食塩を混ぜると発電が始まってLEDランプが点灯する。

    コンシェルジュからの一言

    モバイル担当:百名 覚さん

    「蒸し暑い季節になりましたが、冷房はエアコンだけでなく、扇風機との併用がお薦め。次回は、高性能かつ消費電力も少ない最新の扇風機をハウスキーピングコンシェルジュが紹介します」

    ●二子玉川 蔦屋家電 TEL:03-5491-8550 http://real.tsite.jp/futakotamagawa/

    気軽に買えて便利な、カジュアル家電を教えて下さい。

      Share:

      • Line

      Hot Keywords