【EOS M6×6senses:写真×文学】作家・川上未映子が感じとる、“写真”という表現の面白さとは?

文:三木匡 写真:TISCH ムービー:谷山武士、米倉強太/ディレクション、TISCH/撮影、INDEEA/音楽 ヘア&メイク:吉岡未江子

長編小説から詩、エッセイまで、幅広く執筆を行って多くのファンを得ている作家、川上未映子。言葉をかさね、さまざまに表現を紡いでみせる彼女は「写真」という表現について、どのような面白みを感じているのでしょうか?

26歳の時に歌手としてデビューし、やがて小説を書き始めると2008年に『乳と卵』で芥川賞を受賞、その後も活躍を続けている川上未映子さん。さらに、2010年には映画『パンドラの匣』にてキネマ旬報新人女優賞も受賞と、作家という枠に収まらない“表現者”として注目を集める存在です。

そんな川上さんは“写真”について、「写っているものと同じくらい、写っていないものが気になる」といいます。フレームのなかに入らなかったものを想像させ、引力を感じるという“写真”。「フィクション」というキーワードでその面白みを読みときながら、小説との共通性を語ってくれました。