林信行がひも解く、FeliCa対応「Apple Pay」の使い心地と可能性。

写真:江森康之 文:三木 匡(クエストルーム)

昨年10月、ついに日本でもサービスが始まった「Apple Pay」。日本発の非接触ICカード技術、FeliCaに対応したこの決済サービスについて、ITジャーナリストの林信行さんにそのポテンシャルと可能性をうかがいました。

林信行がひも解く、FeliCa対応「Apple Pay」の使い心地と可能性。

テクノロジーだけにとらわれず、暮らしや社会といった独自の視点に定評があるITジャーナリストの林信行さん。

アップルはこれまでもずっと、私たちのライフスタイルを一変させるような“発明”をもたらしてくれる存在でした。1980年代にマウスで操作できるグラフィカルなユーザーインターフェイスでコンピューターをパーソナルなものとし、90年代終盤にはiMacでインターネットを日常に、2000年代に入るとiPod、iPhone、iPad、Apple Watchと、立て続けにマジックを見せてくれました。

そして初代iPhoneの登場からおよそ10年を経た2016年9月、アップルから発表された「Apple Pay」。Suicaをはじめとする日本発の非接触ICカード技術「FeliCa」に対応したこのApple Payについて、90年代からアップルに関する記事を専門誌などに寄稿してきたITジャーナリストの林信行さんは、これもまたある意味“発明”なのだと解説します。